テニス 部活

テニス知識

部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について

夏休みも、もうすぐ終わり。

これから秋にかけて、テニスの試合や練習がしやすい時期になっていきます。

大会も増えてきますが、この秋から冬にかけては自分の体作りにはもってこいの、大事な時期。

私がオススメしたいのは、練習前の「栄養補給」について、です。

 

部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について

 


 

■テニス選手にとって、バランスの良い体格とは?

テニス選手にとって、理想的な体格とはどんなイメージでしょうか。

他競技に比べ、運動量も多く試合時間も長い。

パワーは欲しいけど、筋肉隆々な体格だと敏捷性が心配・・・ですよね。

ですが、これだけは言えます。

学生の皆さんのほどんどは、「食事量」が足りない。

部活で消費するカロリーを補給、しておくには部活前の栄養補給が大事。

出来ればおにぎに2個、くらいの炭水化物を練習前に補給しておくようにしましょう。

 

■「食べてこそ、動ける」を実感して欲しい

部活が行われることが多い夕方の時間帯、実は残っているエネルギー量はかなり減っている。

伸び盛りの中学生、高校生であれば、ただ生活しているだけでも腹が減る。

それは、それだけ身体がエネルギーを欲しているから。

お腹が空いた状態でテニスの練習をする、のは実は怪我の元になるし、危険。

頭もフル回転で使っていくテニスには、練習前の糖分補給は不可欠です。

 

■自分でチームで、用意出来る方法を考えよう

野球部のチームでは、よく線が細いピッチャーが練習中にも「どんぶり飯」を食べさせられている。

そこまでやる必要は無いと思いますが、何かチームで部活前に栄養補給できる方法は無いか、考えてみましょう。

個人任せ、でも良いですが、チームで継続出来るとそれが自信にもなる。

家庭科室を借りたり、保護者の方を巻き込んだり・・・何か工夫出来ると面白いと思います。

 

試合前にも、必ず食事はまめに摂るようにしましょう。

揚げ物は避けて、こまめに糖分を補給、消化に良いものを選んでいく。

こういった栄養補給や食事の管理、もテニスをやるうえでの大事な実力の一部。

ドリンク選びも大事。

だまされたと思って、食べてからの運動、やってみて下さい。

きっと身体がより動いて、良い練習出来ると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス パラソル

    テニス知識

    晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

    試合中、思いがけない雨に見舞われること、ありますよね。オムニコ…

  2. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います!今回は、…

  3. テニス知識

    テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

    もうすぐ、ゴールデンウィークも終わり。この連休が終われば、もう…

  4. テニス バッグ

    テニス知識

    Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ

    以前に、「試合に強いテニス選手の、ラケットバッグは美しい」という記事を…

  5. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

    テニスを継続的に頑張っている人にとって、悩ましい問題が「筋肉痛」ですよ…

  6. テニス知識

    寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

    最近、急に寒くなって来ましたよね。テニスの練習をした後も、シャ…

特集記事

  1. 日々の雑記

    知るということは、自ら動くということ
  2. テニス メンタル

    メンタル

    行動に昇華しないのであれば、それは刺激とは言えない
  3. テニス メンタル

    その他

    「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない
  4. シングルス

    シングルスでのネットプレー、キーワードは「お1人様ポーチ」
  5. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先
PAGE TOP