その他

今日、私は「本物の魔物」を観て来たと思う

実は私は昨日から、大阪で全日本ジュニアテニス選手権大会の観戦に行っていました。

高校の後輩が出場している、というのもあったのですが、大阪行きの目的はもう一つ。

甲子園での高校野球観戦。

そこで私は、すごいものを観てきました。

そう、本当に恐ろしい、テニス界にも潜んでいる「魔物」。

甲子園球場という場所では、それはとてつもなく大きく、恐ろしいものでした。

 

今日、私は「本物の魔物」を観て来たと思う

 


 

■第三試合 東邦 対 八戸学院光星 の試合で起きたこと

9回裏、2アウト、4点差。

球場の皆が、試合結果の大勢は決したと感じていた。

でも心のどこかで、負けているチームのもうひと頑張り、を観たかったのかも知れない。

2アウトからでもランナーが出る、そして何かを期待し始める。

そこから起きた出来事は、皆さんもニュースで観て頂いたかも知れない。

そう、球場全体が「魔物」を創り出していたのだ。

 

■観客はいつでも、「手のひら返し」が大得意

甲子園での高校野球、それは「興業」。

会場の8割の観客は、どちらを熱狂的に応援するでもない。

「ただ面白い試合が観たい、楽しみたいという観客たち」だということを、忘れてはいけない。

9回裏の東邦高校の猛攻の場面、その場面では明らかに8割以上の観客が、東邦側の応援に回っていた。

自分の席で立ち上がり、タオルを回して熱狂する。

誰から見ても、異様な光景に映る。

結果的に八戸学院光星の選手には、酷な雰囲気になってしまった。

結果的に、サヨナラでの大逆転。

試合後の観客、それは都合の良い大人たち。

さっきまで東邦側を支援してサヨナラ勝ちを演出したと思ったら、自分たちが作り出した悲劇のヒロイン、光星の選手たちを拍手で慰める。

選手たちからしたら、たまらない想いもあるだろう。

でもこれは甲子園、以外の場所でも起こりうるということを、テニス選手である私たちは覚えておかないといけない。

 

■テニスの試合会場でも、「観客が作り出す魔物」は存在する

テニスの大会でも、私は何度かこの魔物の存在を観て来た。

大逆転を、観客が後押しする、期待に応えようと選手が頑張り盛り返していく・・・。

そうさせない、魔物を呼び起こさない為に、必要な力とは何か?

非常に難しい問題ですが、これこそまさに、「ギアを上げて」観客と相手を諦めさせる力、だと思うのです。

試合の終盤、リードした場面こそ、そのギアを上げる力、底力がテニスの試合でも求められるのです。

 

靭テニスセンターから、甲子園へ。

こうも同じ高校生スポーツで、規模から何から違うのかと改めて思う。

甲子園球場では、この暑さの中で会場に入れない、チケットの販売を待つ観客が何人いただろう。

ざっと数千人はいたと思う。

もっと高校生テニスも、観られる存在、誰かの期待を背負う存在になっていって欲しい。

その結果、魔物が潜むような大会規模になったとしても。

私自身、何が出来るか考えて行動していきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス ハードコート

    その他

    新学期に、「新入生から選ばれる理由」を考えてみよう

    3月も後半ですね。皆さんの中には、いかに来月に新しいテニス部員…

  2. その他

    「テニスの試合が行われる3つのコートサーフェスの戦い方」について、しっかり特徴を確認しておきましょう…

    テニスの試合が行われるテニスコート、大きく分けて3つのタイプがあります…

  3. テニス メンタル

    その他

    「プロになる方法」テニスの世界で真剣に考えている高校生へ

    今週は大阪で仕事があった。高校の授業の中で講義をするのだ。…

  4. テニス 指導
  5. テニス 雪

    その他

    もしアナタが「テニスで大きな失敗」をするとしたら、人生で一番若い今日という日がベスト

    テニスを続けていれば、楽しいことも辛いこともある。「若いうちは…

  6. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない
  2. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ダブルスの前衛にいて、「スマッシュが苦手なら後ろポーチ」を実践すれば、相手はロブ…
  3. テニス ストローク

    戦術

    「難しいこと」は、どんどん相手にやらせよう
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    アナタが考える「テニスのウィッシュリスト」を作ってみよう
  5. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い
PAGE TOP