メンタル

「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタの負けです

団体戦、いや個人戦でもあるかも知れませんね。

相手の応援が大挙して押しかけてきて、大きな声を出してくる。

気にしないように・・・と思っても、集中力がいつもよりも削ぎ取られてしまうこと、ありませんか?

必要なのは、繰り返しになりますが準備とトレーニング。

しっかり対応出来るように、また大事な試合に備えて準備してみましょう!

 

「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタの負けです

 


 

■ルール違反でなければ、応援は制御出来ない

確かに、たびたび学生テニス界でも問題になります。

相手をイライラさせる、悪質なものも多いかも知れません。

ですが、基本的には応援もそのスポーツの一部。

コーチングや妨害、といったルールに抵触しない限りは、応援を運営側で制御することは出来ない。

「運営側やレフェリーに文句言ってやる!」と思っても、ほとんどは通じないと思った方が良いでしょう。

 

■応援がうざい、と思った時点で何かが崩れていく

アナタも経験があるかも知れませんが、応援に負けるという人に特に多い。

もしかしたら、誰しもが一度は通る道なのかも知れません。

偉そうに書いてますが、私も何度かあります、経験として。

うざいと思うときって、当然自分が上手くいっていないとき。

それを応援のせいにしようとしているのかも知れません、無意識のうちに・・・。

そう考えると、応援に負けるときって、結局弱い自分に負けるとき、なんですよね。

 

■うざい応援を無効化する「かわいそうな人作戦」とは?

私は相手選手の応援を観たときに、こう考えるようにしています。

「あぁ、かわいそうな人たちだ、この相手は俺に負けてしまうのに、一緒に悔しい想いをするなんて・・・」と。

すごく嫌な奴!と思いました?

でも、こう考えるだけで、全然気にならなくなるんですよね。

あくまで勝負するのは相手であり、その相手もかわいそうな選手。

負けていく選手と、負けて悲しむ応援、そして勝つのは自分。

くらいの暗示をかけてみると、試合って結構楽しんで出来ますよ。

 

テニスって、本当に小さい意識で全部が変わる。

面白いくらいに、暗示って効果があるんです。

かわいそうなのは、自分じゃなくていつも相手、そして相手の応援。

負けない為には、応援にもしっかり対策しておかないといけない。

完全アウェーの中で勝つ快感、一緒に味わってみませんか?

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる

    試合の中で、自分に自信を持ち続けること。難しいですよ。…

  2. テニス ドロップショット

    メンタル

    誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

    試合で緊張する場面。それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう

    テニスを続けていると、色々な人と出会う。高校、大学までは部活や…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる

    テニスの試合に、引き分けはありません。大会に出れば、言い方は悪…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に勝ち続ける人が実践している、「当たり前だけど難しい習慣」4つ

    テニスの試合は、非日常の世界。誰かと真剣勝負、なんて場面は日常…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    普通に「勝ちたい」って思っているくらいじゃ、テニスの試合は勝てない

    大事な試合、絶対勝ちたいと思う。でも、それは誰でも考えるし、普…

特集記事

  1. テニス メンタル

    フットワーク

    フットワークの視点から考えたら、「サーブ&ボレーって、めちゃくちゃ難しい技なんじ…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    過去の栄光にしがみついて生きる選手、が多い
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る
  4. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番
  5. テニス 構え

    サーブ

    ダブルスの試合、サービスがしっかり相手のボディを突けたときには「しっかり前衛はポ…
PAGE TOP