メンタル

「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタの負けです

団体戦、いや個人戦でもあるかも知れませんね。

相手の応援が大挙して押しかけてきて、大きな声を出してくる。

気にしないように・・・と思っても、集中力がいつもよりも削ぎ取られてしまうこと、ありませんか?

必要なのは、繰り返しになりますが準備とトレーニング。

しっかり対応出来るように、また大事な試合に備えて準備してみましょう!

 

「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタの負けです

 


 

■ルール違反でなければ、応援は制御出来ない

確かに、たびたび学生テニス界でも問題になります。

相手をイライラさせる、悪質なものも多いかも知れません。

ですが、基本的には応援もそのスポーツの一部。

コーチングや妨害、といったルールに抵触しない限りは、応援を運営側で制御することは出来ない。

「運営側やレフェリーに文句言ってやる!」と思っても、ほとんどは通じないと思った方が良いでしょう。

 

■応援がうざい、と思った時点で何かが崩れていく

アナタも経験があるかも知れませんが、応援に負けるという人に特に多い。

もしかしたら、誰しもが一度は通る道なのかも知れません。

偉そうに書いてますが、私も何度かあります、経験として。

うざいと思うときって、当然自分が上手くいっていないとき。

それを応援のせいにしようとしているのかも知れません、無意識のうちに・・・。

そう考えると、応援に負けるときって、結局弱い自分に負けるとき、なんですよね。

 

■うざい応援を無効化する「かわいそうな人作戦」とは?

私は相手選手の応援を観たときに、こう考えるようにしています。

「あぁ、かわいそうな人たちだ、この相手は俺に負けてしまうのに、一緒に悔しい想いをするなんて・・・」と。

すごく嫌な奴!と思いました?

でも、こう考えるだけで、全然気にならなくなるんですよね。

あくまで勝負するのは相手であり、その相手もかわいそうな選手。

負けていく選手と、負けて悲しむ応援、そして勝つのは自分。

くらいの暗示をかけてみると、試合って結構楽しんで出来ますよ。

 

テニスって、本当に小さい意識で全部が変わる。

面白いくらいに、暗示って効果があるんです。

かわいそうなのは、自分じゃなくていつも相手、そして相手の応援。

負けない為には、応援にもしっかり対策しておかないといけない。

完全アウェーの中で勝つ快感、一緒に味わってみませんか?

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

    自分の長所と短所、しっかり言葉にできて自分の中で把握できていますか?…

  2. メンタル

    例えば「小雨が降る中での練習をダルい」と感じる選手は、同じような環境での試合に絶対弱い

    小雨が降るような天気、こんな時期は寒いし練習したくない。誰しも…

  3. テニス ドロップショット

    メンタル

    誰が見ても簡単、と思う場面で人は緊張する

    試合で緊張する場面。それは、試合の序盤にだっていきなり訪れる。…

  4. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

    テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。その理由の大き…

  5. テニス 部活

    メンタル

    悪天候の中の試合でこそ、闘志を燃やそう

    関東は、雪です。これほど降るのは久々かな、という感じですね。…

  6. メンタル

    テニス選手にとっての基本、「自分が打った全ボールを信じ切る」ことは意外と実践出来ていない

    テニスの試合を観ていて、「フッ」と残念な間がよぎることがある。…

特集記事

  1. テニス 食事

    その他

    テニスプレイヤーとして環境の変化に強い人は、「初心に戻る」を言葉で終わらせない
  2. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと
  3. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!
  4. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ま…
  5. テニス テイクバック

    ストローク

    「片手バックから両手バックへ」テニスの技術は終わり無き模索の連続です
PAGE TOP