テニス フットワーク

練習メニュー

「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習メニュー

今回は、久々に練習メニューの紹介を。

意外と試合で使えると有効なロブボレー、相手がネットにいる状態からボレー戦に持ち込んで、フッとロブボレーをしかけていく。

そんなイメージで、練習してみて下さい。

 

「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習メニュー

 


 
■人数:4~8人

■レベル:初中級~中上級

■目的:ロブボレーを使ってネットプレイヤーを動かす練習

 

【練習方法】

コートを縦半分に分けて、ストレートで1対1のラリー形式で行う。

片方の選手がサービスラインより一歩ネット寄りのボレーヤー、片方がベースラインからのストロークからスタート。

ボレーヤーから球出し、ストローク側はボレーヤーに向かって打ってそのまま前にいく、ボレー対ボレーに持ち込む。

ストローク側から前に出た後、すぐにロブボレーを使って相手ボレーヤーの頭上を狙う、そのボールを触れるようなら触って返球、抜ければ後ろに下がってロブからラリーを継続。

ポイントは、ストローク側の選手が2球目に必ずロブボレーを入れる、ということ。

出来るだけ相手のバック側に打てると、バックハイボレーになって優位にラリーを進められます。

 

【発展練習】

1.ロブボレーと通常ボレーを組み合わせる

2球目をロブボレーの縛り、を無くしてフリーにする。

ロブボレーと足元のボレー、を混ぜることで相手は迷い主導権を握りやすくなる。

 

2.ダブルス形式で行う

1対1で実施していたラリー練習をダブルス形式の2対2で行う。

ペアの様子をしっかり確認して、苦しい状態からの返球であればパートナーはしっかり守備的なポジションを。

逆に攻撃的なプレーが出来そうであれば、自分も前に詰めていく、というメリハリを付けると実戦的になります。

 

【ポイント】

スライス回転のかかったロブボレーを、しっかり踏み込みながら打てるとGOOD!

打つ前からラケット面を上に向けるとバレてしまうので、ギリギリまで「普通のボレー」に見えるように演技力も必要。

ぜひ、相手をだますように、プレーを意識してみて下さい。

 

このロブボレーが打てると、ダブルスで相手の穴を探せる。

足元、足元の攻撃にアクセントを付けることが出来るので、まずは縦半面でしっかり相手を動かせるように。

女性のダブルスプレイヤーにも、オススメの練習です。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス 緊張

    練習メニュー

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?

    「一番良い練習方法、教えて下さい!」というご依頼を、たくさん頂きます。…

  2. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスコートでの練習で、「ボールを転がしながら拾うチーム」は、絶対強くなれないその理由

    テニスコート上での練習、テニスサークルやテニス部、テニススクールのクラ…

  3. テニス リターン

    練習メニュー

    「現状維持は後退である」という強い意識を持って挑もう

    テニス界って、アナタが思っている以上に変化が激しい。10年前の…

  4. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である

    テニスにおける予測力、試合に出ている人であれば痛いほどその必要性を感じ…

  5. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!

    集中力が無いやつは勝てない。だから試合中はプレーに集中出来るよ…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    「ネットプレーのレベルを一段上げる」テニスに必要な肩を入れたボレーの練習メニュー

    ストローク以上に、打つコースを隠すことが重要なのがボレー。シン…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう
  3. テニス ボレー

    ストローク

    深いボレーに対して、ベースライン上で打ち返すにはまず「ネットくらいの目線、低い態…
  4. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい
  5. テニス シングルス

    リターン

    ブレイクポイントでは、「はっきりポジションを前に取る」ことで吹っ切れたプレーが出…
PAGE TOP