テニス フットワーク

練習メニュー

「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習メニュー

今回は、久々に練習メニューの紹介を。

意外と試合で使えると有効なロブボレー、相手がネットにいる状態からボレー戦に持ち込んで、フッとロブボレーをしかけていく。

そんなイメージで、練習してみて下さい。

 

「ネットプレイヤーに対して、ロブボレーを仕掛けていく」ために必要な感覚を養う練習メニュー

 

■人数:4~8人

■レベル:初中級~中上級

■目的:ロブボレーを使ってネットプレイヤーを動かす練習

 

テニス 練習メニュー

 

【練習方法】

コートを縦半分に分けて、ストレートで1対1のラリー形式で行う。

片方の選手がサービスラインより一歩ネット寄りのボレーヤー、片方がベースラインからのストロークからスタート。

ボレーヤーから球出し、ストローク側はボレーヤーに向かって打ってそのまま前にいく、ボレー対ボレーに持ち込む。

ストローク側から前に出た後、すぐにロブボレーを使って相手ボレーヤーの頭上を狙う、そのボールを触れるようなら触って返球、抜ければ後ろに下がってロブからラリーを継続。

ポイントは、ストローク側の選手が2球目に必ずロブボレーを入れる、ということ。

出来るだけ相手のバック側に打てると、バックハイボレーになって優位にラリーを進められます。

 

【発展練習】

1.ロブボレーと通常ボレーを組み合わせる

2球目をロブボレーの縛り、を無くしてフリーにする。

ロブボレーと足元のボレー、を混ぜることで相手は迷い主導権を握りやすくなる。

 

2.ダブルス形式で行う

1対1で実施していたラリー練習をダブルス形式の2対2で行う。

ペアの様子をしっかり確認して、苦しい状態からの返球であればパートナーはしっかり守備的なポジションを。

逆に攻撃的なプレーが出来そうであれば、自分も前に詰めていく、というメリハリを付けると実戦的になります。

 

【ポイント】

スライス回転のかかったロブボレーを、しっかり踏み込みながら打てるとGOOD!

打つ前からラケット面を上に向けるとバレてしまうので、ギリギリまで「普通のボレー」に見えるように演技力も必要。

ぜひ、相手をだますように、プレーを意識してみて下さい。

 

このロブボレーが打てると、ダブルスで相手の穴を探せる。

足元、足元の攻撃にアクセントを付けることが出来るので、まずは縦半面でしっかり相手を動かせるように。

女性のダブルスプレイヤーにも、オススメの練習です。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ

関連記事

  1. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピッタリです!

    数年前からトレーニング器具として、ダイエットグッズとして流行したバラン…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

  3. テニス 指導

    練習メニュー

    試合から逆算する、のが練習の本質です

    今日も明日も、バッコンバッコン。テニススクールやレンタルコート…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    前衛がラケットで触れば勝ち、のダブルスゲーム形式をやってみよう!

    「なかなか前衛が活躍出来ない、攻撃の形が無い」と悩んでいるチー…

  5. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

    テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。近くに…

  6. テニス コントロール

    練習メニュー

    反復練習にも、落とし穴があることを忘れずに

    テニスの練習、って基本地味、です。反復練習、の繰り返しでしっか…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ボレー

    ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い
  2. テニス シューズ

    フットワーク

    前にダッシュで走るなら、前傾姿勢でのスタートが基本
  3. テニス メンタル

    メンタル

    何かを信じ切っている人に、アイデアは生まれない
  4. サーブ

    サーブを打った後に構えるのが遅い人は、「まず利き腕で無い手でラケットのスロートを…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    「左利きはサーブに有利?」その発想は、右利きのアナタをも使える戦略です
PAGE TOP