テニス 雨

メンタル

「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる根源がある

昔ジャパンオープンのお手伝いをしていた頃、ある選手が口にしていた言葉を思い出すことがあります。

ダブルスの名手として活躍し、日本での試合ではシングルスでも出場していたオーストラリア選手。

彼が話している言葉からは、私たちがつい忘れてしまいがちな問題に対して、明確に答えを示してくれているように思います。

テニスを上達させていく、周りと差を付けていく根源はどこにあるのか。

それは、他のライバルが休んでいる瞬間、なのです。

 

「雨の日」、「怪我したとき」、「試合で初戦敗退した日」にこそ、テニスが強くなれる根源がある

 


 

■ライバルを意識して、日々生活は出来ているか?

テニスの試合で勝ちたい、と考えているのに、行動が伴っていない人。

それは、対戦相手をイメージする想像力が欠けているんだと思います。

「あの選手は今、何をしているだろう?」

「ライバル校はどんな対策を、自分たちに準備しているんだろう?」

と考えると、普段の練習で1分1秒を大切にしようという機運になる。

テニスは常に対戦相手がいるスポーツ、ということを忘れてはいけません。

 

■「雨の日」や「怪我しているとき」は、どう過ごしているか?

テニスが出来ないとき、実際にはたくさんあるでしょう。

雨の日や怪我を直しているとき、またテスト期間中なんかもそうですよね。

そんなとき、アナタはどうテニスと向き合えていますか?

「何も、そこまで考えなくても・・・」と思った方、気持ちは分かります・・・が、それだと考えている選手との差は広がるばかり。

コートに立てない日は、10分でもトレーニングをする、テニスノートを読む、書く、動画を観たり、人に会ったりする。

アナタ自身で工夫して、出来ることはたくさんあるはずです。

誰でも休みたいと思うときはある、時には休んでも良いと思います。

ですが差を付けるなら、こういう時間こそ大事にして欲しいのです。

 

■試合で初戦敗退した日、にどう過ごすか?

9時に試合開始で、もう午前中に試合が終わってしまう。

テニスの草トーでもよくある風景ですよね。

どんなに頑張っても、準備しても、負けるときはあります。

大事なのはその後の時間の過ごし方。

何より、課題は一番頭に入っているはず。

時間が経てば経つほど、その鮮度は失われていくのです。

強くなる選手は、負けてからのアクションが早い。

アナタは・・・どうですか?

 

テニスはコート上での練習、だけでは決して上達しない。

多少技術は身に付いても、その裏付けだったり試合で自信を持ってプレー出来るメンタルは、オフコートでこそ養われるのです。

「メンタルが弱くて、試合に勝てません」と言っている人、オンコート以外での過ごし方を変えてみませんか?

1日10分から30分で良いと思います。

テニスに向き合い、勝負について相手について、自分の目標について考える時間を作りましょう。

きっと成果が出るはずです。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス 上達

    メンタル

    自分を成長させたいなら、劣等感を感じる人を避けないこと

    毎日何気なく生活していると、テニス選手としての資質にも問題が出て来る。…

  2. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

    自分の長所と短所、しっかり言葉にできて自分の中で把握できていますか?…

  3. メンタル

    相手との直接接触が無いテニスというスポーツに、僕らは甘えていないか?

    ふと、考えることがあります。テニスって、ネットを挟んで相手と対…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「試合前の緊張」と上手く向き合う5つの方法

    試合前は、いつだって緊張する。それはどんなに試合慣れした人でも…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です

    試合の中で、相手を威嚇する。これって、私は必要なことだと思うん…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    過去の栄光にしがみついて生きる選手、が多い

    一度実績を残すと、それで満足してしまう人。これが多いのが、悲し…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「打てるもんなら、打ってみろ!」で、良いんです
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合での3球目、絶対に回り込みフォアバンドで攻撃していこう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡…
  4. ダブルス

    ダブルスの試合で「ポーチをふかしてしまう・・・」人にお勧めのテイクバックと準備の…
  5. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?
PAGE TOP