テニス メンタル

その他

テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う

日本には「基本を大事にする」という文化が、スポーツ界には根強い。

これに対して個性を殺す、間違った指導だという意見もあり、長年議論されてきました。

今回書かせて頂くのは、あくまで私の一私見に過ぎません。

皆さんに押し付けるつもりは無く、ただ何かを考えるきっかけにはなって欲しいと思っています。

個性と指導、について、皆さんはどう考えますか?

 

テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う

 


 

■どんな個性的なプレイヤーも、一度は基本にしっかり触れている

テニスにも個性的な選手、プロテニスプレイヤーは多い。

ですが、私が思うのはある一定のレベルに到達するのは、基本となる「ベース」が無いと難しい。

個性的な打ち方、身体能力で出せる結果には限界がある、と思っています。

一度しっかり基本を身に付ける、道を通ってからその選手の個性が活きる道が開けてくる。

特にテニスは、様々なグリップでストロークからボレーまで、幅広い技術が求められるスポーツ。

オフェンスもディフェンスも、自分一人で全部やらないといけない。

その基本を避けて、「自分が打ちやすい打ち方」だけで邁進するのは、危険であり指導者の責任放棄だと私は考えます。

 

■基本を身に付けたうえで変えていくから、その人に合った個性になる

基本を通る、ことがなぜ大事かと言えばそれが理にかなった、身体に負担の少ないフォームだから。

戦術もそう。

しっかりベースとなるセオリーを理解しているから、その逆が分かる。

テニスを始めたときには、皆さん何も知らない状態から「こんな感じかな・・・?」でスタートしている。

そこに根拠は無いのです。

だからスタートの形を継承して、ずっと続けていくのは危険。

修正して導いていくのは、テニスコーチの醍醐味であり一番の仕事。

指導者がそこをしっかり「基本」から教えて土台を作る、ことはテニスにおいて大事だと思います。

でないと怪我をする可能性も高いし、何より試合で勝てないからつまらなくなっていく。

部活で続かない、スクールでも退会者が多いのって本人だけの責任じゃない。

ハッキリ言えるのは、誰でもなれる日本のテニスコーチって、全体的に技量不足なんです。

 

■テニスこそ「基本に始まり、基本に終わりたい」

古臭いし、今時じゃない、と思う方も多いでしょうが、私はこうありたい。

「基本に始まり、基本に終わる」というのは、簡単なようで難しい。

壁に当たったときこそ、しっかり基本に立ち返ってみることが、テニスの上達には大事。

「基本を知っている、自分なりに考えてきた」というのは、きっとアナタ自身の今後のテニス人生においてすごくプラスになる。

誰かにテニスを教えたり、知ってもらうときに知識や経験があるのと無いのでは、大げさですが人生を左右することもある。

ぜひ、長くテニスをやっている人も改めて、テニスの「基本」を意識して欲しいと思っています。

 

「テニスの基本」なんて、どこで調べれば良いの?と思った方、多いでしょう。

色々テニスも教本や雑誌、DVDなどリリースされていますが、絶対的な基本を定義することは難しいですよね。

時代によってテニスギアも変わってきますので、それに合わせて変わる基本、変わらない基本もあります。

まずは考えること、そして・・・もしお時間があれば、このサイトの過去記事も読んでみて下さい。

私自身、難しいことを書いているつもりはなく、基本的なことを書いているつもりで更新しています。

ぜひアナタらしい「テニスの基本」を、探してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス 準備

    その他

    アナタの今のテニス、1年前と何が変わりましたか?

    テニスの試合、勝ったり負けたり。色々な人と、試合出来ますよね。…

  2. テニス ダブルス

    その他

    「テニス部の後輩が、なかなか上達しない・・・」と悩んでいる方は、教え方が悪い訳ではありません

    今月から、新しい環境でテニスを始める、また後輩が出来る・・・という方も…

  3. その他

    意図したことが効いてくる、からリズムに乗れる

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいポイント。普段の試合の中で、いか…

  4. テニス 睡眠

    その他

    「テニスの翌日に、疲労が抜けない・・・」という方に試して欲しい4つの方法

    テニス選手であれば、連日連戦・・・なんてこともある。疲労回復が…

  5. テニス メンタル

    その他

    「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける

    巨大な地震と津波が日本列島を襲った時。都内でも震度5を記録。…

  6. テニス 準備

    その他

    「中学の頃から硬式経験者=強い」とは限らないのが、テニスです

    硬式テニスって、なかなか中学の部活としては少ない。増やしていこ…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットを買い替える時に、意識したいチェックポイント7つ
  2. リターン

    ダブっても打ってくる、そんな相手は嫌なもの
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合の中でネットに出たら、「沈められたらドロップ」というオプションを必ず…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危…
  5. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ
PAGE TOP