テニス 練習

スマッシュ

テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。

実際には打ち方よりも入り方、がスマッシュでは大事です。

ではどんな場所にボールをもってくるのが良いのか・・・を考えると、意外と自分の意識と違う、ギャップがあるかも知れません。

今回は私が考える、スマッシュにおける良いボールの置き場所、について書いてみます。

 

テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

 


 

■ズバリ、上げた腕と目線の延長線上の中心、がベスト!

結論から言うと、これです。

ラケットを持たない腕は高く上げて、物差しとして使います。

その腕の先、延長線上と目線の延長線上のちょうど真ん中、にボールが来るようにしてみて下さい。

ちょっと今、腕を上げて上を見てみましょうか。

実際に腕を上げてボールの置き場所をイメージしてみると、「窮屈」に感じる人が多いと思います。

それくらい、スマッシュでは横向きを保つことが大事なのです。

 

■ほとんどの選手が、「身体が開いて」ボールの置き場所がずれてしまう

スマッシュは横向き、なのに実際に打つときにはもう身体が開いて胸が相手方向に向いてしまう。

この習慣、ボールの置き場所を変えることで変わるでしょう。

自分の上げた腕、よりも相手コート側にボールを見る訳ですから、しっかり肩が入った状態を保てます。

実際に打った後には身体が前を向いてOKですが、しっかり振り切るには「横向きのまま」くらいの意識で良いでしょう。

その為にも、ボールの置き場所は大事です!

 

■早く動き出せば、最後に微調整出来るのがスマッシュ

相手がロブを上げて、スマッシュの機会が来た!

のに・・・悠長に構えたり、ラケットをすぐにかついで動きが鈍い人が多い。

これでは、細かい微調整が出来ない。

スマッシュは動き出しを早くし、最後に少し微調整を加えるくらいの余裕が欲しいのです。

ぜひ早くロブに気付き、最初は大きな歩幅、最後に小さい歩幅で調整出来るようになりましょう!

 

スマッシュの構え、は一度覚えたら楽。

ボールをどの位置に置くか、をしっかり把握出来れば絶対にミスは減ります。

打ち方ばかり・・・ではなく、入り方からスマッシュを考えてみましょう。

フットワークに調子の波は無い。

きっと試合で、スマッシュが有効な武器になるでしょう!

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    「深いロブは、全部スマッシュ?」の発想に加えたいのが、アングルボレー

    よくご質問で頂くのが、この問題。「深いロブは、全部スマッシュを…

  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「厳しいロブをスマッシュで打ち込む」為には、ボールから目線を切ることも必要!

    テニスの試合結果を左右する大きなポイント、いくつかありますが、厳しいロ…

  3. テニス チャンス

    スマッシュ

    陽射しが強い日の外での試合は、「早めに太陽に目を慣らしておく」だけで全然違う

    屋外での試合、陽射しが強い日に難しいのはスマッシュですよね。サ…

  4. テニス ミス

    スマッシュ

    「まぶしい!!」とテニスの試合で大切なスマッシュ練習、避けていませんか?

    スマッシュの練習をレッスンの中でよくやるんだけど、もちろん眩しい太陽が…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

    ダブルスの試合で、そのペアの強さを測るときにはポイントがあります。…

  6. テニス フットワーク

    スマッシュ

    「試合になるとスマッシュが入らない・・・」技術の改善でメンタル面をカバーする方法5つ

    練習ではリラックスできて打つことができても、試合でスマッシュが打てない…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケット…
  2. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人
  4. テニス メンタル

    ストローク

    改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点
  5. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つ…
PAGE TOP