テニス 気付き

練習メニュー

練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない

テニスの練習は、コート上に入れる人数が限られている。

テニススクールのように仕切って練習すると10人でも、下手したら20人でも入れますが、部活やサークルのようば場所では難しい。

ですが、コート上でボールを打つだけがテニスの練習・・・と考えると、上達は遅い。

ボール拾い方一つにしても、実はすごくテニスの技術向上の練習になるので、意識してみて下さい。

 

練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない

 


 

■頭の良い子は、テニスが上達する子はボールの拾い方で分かる

私自身、子供たちにテニスを教えているときに感じたことがあります。

教えていなくても、ボールを効率的に集める、運べる子とそうでない子がいる。

効率的な子はラケットの上に2段程度乗せて、すぐにかごに入れる。

効率の悪い子は1つずつ手で拾ってかごに入れるか、ラケットの上に何球ボールが乗るかを必死で競っている。

ボールを速く集めることが出来れば練習時間も長くなる、というメリットがありますが、それ以上に「ラケットを身体の一部として使う」ことに慣れるのに、実はボール拾いって最高の鍛錬場所なんです。

 

■ラケットワークを身に付けるには、ボールを打つだけじゃだめ

テニスのボール拾い、例えば落ちているボールを上からラケットで軽く叩いてバウンドさせて、拾う。

これを覚えるとラケットを素早く「引く」という動作が身に付くので、ネット際でのボレーに適したタッチが身に付きます。

ラケットにボールを乗せてバランスを取る、というのも大事な要素。

たくさん乗せても回りを観ながら動ける、片手でラケットを支えることは、筋トレやバランス感覚を養う上でも重要です。

当たり前に思うかも知れませんが、こういった細かい部分での自分の行動を見直してみましょう。

きっとテニス観が変わってくるはずです。

 

■「身に付けたい」という強い意志が無ければ成長しない

球出しの技術もそうですが、ラケットでボールをイメージ通りに扱う技術は、誰でも身に付きます。

ですがこれは、望まないと絶対身に付かない。

テニスが上手い人、のボール拾いや細かい仕草をぜひ観察してみて下さい。

ショットだけを真似るのが上達、ではありません。

全て自分のものにしていく、出来るようになるんだという強い意志を持って、ボール拾い一つでも臨んでいきましょう。

 

ボールを集めるのが速いチームは、強い。

というのは何度か書いてきましたが、個々のスピードを上げることは、きっとテニスの上達と比例します。

なぜなら・・・セルフジャッジの試合中でも、たくさんボールを拾う機会ってあるじゃないですか。

これが速い、労力を使うことなくスムーズにできると、試合のリズムも自然と良くなりますよね。

盲点ですが改めて、ぜひ意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. 練習メニュー

    テニスにおける予測の練習とは、「記憶力を整理して引き出す練習」である

    テニスにおける予測力、試合に出ている人であれば痛いほどその必要性を感じ…

  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    アナタを飛躍的に強くしてくれるヒントは、意外と身近な人が隠し持っている

    きっと、アナタ自身を近くで見ている人は、こう思っているはず。「…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ

    夏休みや長期のお休みの期間は、チームでしっかり練習するチャンス!…

  4. 練習メニュー

    「ミスばっかだと、練習になんねぇよっ!」と、テニスの練習でアナタは言えますか?

    テニスはミスが多いと負けてしまう。だからミスしないように気を付…

  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    素振りの中にボールが入って来る、のが試合でも理想ですよね

    良いショット、良いスウィングが出来たとき。それってきっと、まさに「…

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です
  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    ダブルスの試合、「スマッシュのコースで迷ったらまずはセンター!」と割り切って打つ…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「速いサーブが打てる?」でもそれ、試合の緊張した場面で打てるかどうかが問題です
  4. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる
  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合中にサーブの修正力を身に付けたければ、「深さと横のズレ、どちらかを正す」とい…
PAGE TOP