テニス 構え

練習メニュー

「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト

効果的な練習方法ってないですか?

よくそういう質問を受けるんだけど、テニスの練習なんて、そんなに凝らなくても良いんだよ。

単なるクロスラリーだけでも、考え方や課題、注意点をしっかりおさえておけば、かなり良い練習になるし、実際選手は単純な練習方法が殆どだ。

 

「最高のラリー練習方法って?」テニスの試合で使える練習法はシンプルイズベスト

 


 

でも一つ、俺の選手生活の中でベストの練習方法を挙げるとすれば「クロスストレートラリー」だな。

シングルスコートでお互い1対1で向かい合い、片方はクロスばっかり打って、もう片方はストレートばっかり打つ。

互いにオープンコートに打つことになるから、常に走ってボールを追いかけて行って、打ち終わったらすぐに逆サイドへ戻ってカバーしないといけない。

 

上手に繋がればかなりハードな練習となる

この練習を初めてやったのは20代前半の頃。

いつも一緒に練習してもらっていた先輩の選手がある日いきなり「高西、クロスストレートラリーをやるぞ!」と言って始めた。

最初はあまり俺自身のコントロール力が無かったから、ちゃんとクロスとかストレートに返球できず「おいっ!」ってイライラされていたんだけど、言わせてもらうと先輩選手のショットが強過ぎたんだよ。

しかも凝り性の先輩だったから、気に入った練習はずっとやる。

ただでさえキツいこの練習を2時間くらいずっと続けるんだよ。

こうなると返球するだけでも一苦労。

 



 

だけど、キレられないように緊張と疲労の中、ちゃんとクロス、ストレートと返球して頑張り続けた

次にこの練習と出会ったのはスペイン。

24歳の時に練習場所としていたアカデミーで、いつも行っていた練習の中でクロスストレートラリーは日課だった。

日本でも散々やっていたこの練習だけど、スペインの弾む赤土でしかもコントロール力のある選手とやると、本当にこれがキツい。

大きく右に左に振り回されるのはモチロンのこと、それに加えて後ろへ下がらされるから運動量は半端ない。

こちらはそれを更にこれ以上攻められないように、しっかりとボールを持ち上げて回転量を加えて返球しないといけないからただスライスなんかで凌ぐだけではダメで、きっちりと良いポジションに入り続けないといけない状態だった。

さすがに日本でもスペインでもほぼ毎日この練習をやっていたから、クロスストレートは得意な練習になったんだけど、この練習の場面って試合の中で凄い重要な要素がたくさんあることに気が付いた。

 

まずは、単純に相手選手のいない所へ打つ練習になる

だから、この練習が得意になってからはパッシングショットが大得意になった。

それから自分や相手の状況を考えるようになった。

例えば端っこに走らされた状態から速いショットで返球すると、戻る時間が無くなってしまうから、時間掛けて相手へ返球しないといけないし、逆に相手が端っこにいる状態だったら、早く次のショットを打つために出来るだけ早くボールを触りたい。

速いショットを甘いコースに打つことよりも、ゆっくりで良いからきっちりコートの隅々を狙わないといけないってことも学んだ。

もちろんゆっくりだけど、トップスピンはしっかり掛けないといけないし、スライスならちゃんと伸びのあるスライスじゃないとダメだけどね。

とにかく単なるクロスとストレートのラリーなんだけど、実際の試合の要素が盛り沢山だし、プレーしていると試合をしているような感じになるのがこの練習のいいところ。

もちろん体力、フットワークの面も鍛えられる。

スペインでなかなか勝てずにもがき苦しんでいた時期に、日本から来ていた某デ杯選手にある時こう言われたことがある。

「高西君、君のクロスストレートラリーの練習のプレーをそのまま試合でやればいいんだよ。」

このアドバイスはバッチリ当たった。

打つリズムや緩急の付け方、何よりも繋ぎ続けながらチャンスをうかがう姿勢が実戦そのものだったんだよね。

結局、クロスストレートの練習はずっと引退するまで続けた。

多くの選手とこの練習を行ったよ。

単純だけど、やっぱりどの選手もいい練習って感じているんだろうね。

是非みんなも、クロスストレートラリーの練習はトライしてもらいたい。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない

    テニスの練習って、みなさん普段どんな感じでしょう部活やサークル…

  2. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切

    「今日も練習、みんなで頑張ったな・・・」と思える毎日、理想ですよね。…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう

    練習を自分の中で、習慣化してしまう。これはとても、怖いこと。…

  4. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです

    「あの選手のストローク、凄いな・・・」「サーブ、ブレイク出来る…

  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

    テニス部の練習、みんなやる気無いし愚痴ばっかり。そんな雰囲気に…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

    みなさん、記憶にありませんか?試合で絶対に取りたかった、あの1…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    対ネットプレイヤー向けのストローク、裏技があります
  2. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い
  3. テニス 武器

    その他

    まだまだ必要!基本から応用まで「テニスの試合での暑さ対策」まとめ
  4. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う
  5. テニス 団体戦

    戦術

    テニスの試合で成功したことは、どんどんフォーマット化しよう
PAGE TOP