テニス ストローク

ストローク

ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお勧めです

テニスのストロークラリーの中で、低いボールが苦手・・・という方も多いですが、同じくらい打点が「高い」方が打ち辛いという方も多い。

特に上背の無い女性の方は、力が入り辛いので難しい。

今回は、高い打点でのストロークの基本、「ラケットヘッドを立てたスィング」について確認してみましょう!

 

ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお勧めです

 


 

■まずは、ストロークの先入観を無くしましょう

一昔前まで、ストロークはラケットヘッドをしっかり落として、トップスピンをかける。

その前はフラットに押し出していく・・・というのが、テニスの基本でした。

変わって現代では、トップスピンのかけ方も変わってきて、「ラケットヘッドが立った状態」で高い打点を叩ける選手が増えてきています。

このショットのメリットは、コートの外に逃げていくボールをしっかり振り切って打てる点にあります。

 

■厚いグリップさえ覚えれば、フォアハンドは難しくない!

フォアハンドで厚いグリップ、しっかり使えていますか?

フルウエスタングリップと呼ばれる、地面に置いたラケットを上から掴むようにして握ってみて下さい。

手のひらとラケット面が同じ向きにならず、約90度、右利きの人であればラケットが時計回りにずれるグリップです。

このグリップは高い打点が本当に打ちやすい。

テイクバックを、打点より高い位置に取るように、しっかり腕を上げて準備すること。

ボールの後ろから、なでるようなワイパースィングをイメージしてみましょう。

イメージが湧かない・・・という方は、Youtube動画や画像検索などで調べてみても良いでしょう。

 

■まずは比較的簡単な、「高い打点を逆クロス方向」への打ち込みから練習を!

フォアハンドの高い打点からの逆クロス、お勧めです。

クロスよりもラケットを振り抜きやすいので、右利きのフォアハンドであればボールの少し内側(左側)をなでるように打ちましょう。

しっかり横回転がかかっていれば大成功です。

バウンド後に右へ曲がっていくようなショットに仕上げて、試合で使っていきましょう!

 

この技術は、浅いボールをライジングショットで叩くのにも適しています。

むしろライジングで叩かないと、バウンド後にさらに高い打点になって打つのが困難な状況になってもきます。

難しそうだなと感じる方もいるかも知れませんが、このショットが打てないとチャンスボールの展開力が物足りない。

厚いグリップと、ライジングショット。

このキーワードで、高い打点のストロークを磨いていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. ストローク

    ストロークを沈めようとしてネットしてしまう人は、今一度相手のポジションをよく見て判断しよう

    ストロークに自信がある人、ほどはまりやすい落とし穴がある。そう…

  2. テニス 練習
  3. ストローク

    速いボールを正確に打って来る相手、にはどう対抗する?

    最近、よく頂くご質問です。「色々戦術は分かったけど、結局速い…

  4. テニス 環境

    ストローク

    テニスの試合において、「後ろに下がると、守る範囲は広くなってしまう」ので注意が必要です

    テニスの試合で勝てる人は、まず守備が固い。どこに打っても追い付…

  5. テニス 練習

    ストローク

    ストロークをしっかり振り抜けば、相手のボレーは怖くない

    普段はストロークは強いのに、いきなり相手がネットに出ると・・・。…

  6. テニス 構え

    ストローク

    「コンパクトに振っているつもり・・・なんだよね」テニスのストロークで意識したいフォームとは?

    テニスのレッスン中に、生徒のフォームを動画で撮影することがある。…

特集記事

  1. 戦術

    自分がしっかり満足出来るショット、なんて1試合で3球くらい
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    テニスのラリーの中で重要な、「打った後にポジショニングを戻す」という基本は見落と…
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない
  4. テニス リターン

    ストローク

    試合の序盤でストロークのネットミスが多いときは、「スタンスを広く、目線を落とす」…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に
PAGE TOP