テニス Q&A

Q&A

Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・。どうやったら試合で勝てますか?」

今日は高校生男性の方から。

県内ではシングルスベスト8の実力がありながら、その壁が超えられないとのこと。

もしかすると、先入観に捕らわれているかも・・・と感じました。

Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・。どうやったら試合で勝てますか?」

 


 

■テニス選手は、オールラウンダーであるべき?

個人スポーツ全般そうですが、基本はオールラウンドプレイヤーが強い。

欠点が無く、自分で攻撃と守備がバランス良くできないと、一人の試合では勝てません。

とはいえ、その意識ばかりが強いと今度は個性を磨く、特徴を出すのが難しい。

リスクを冒しても良いところで、消極的で無難なプレーになってしまっていませんか?

 

■「自分はこういうテニス」なんて決めつけるのは、50年早い

先入観は、成長の敵です。

自分のテニスをどこかで決めつけて、限界を作っていませんか?

私も昔はボレーが得意!と思っていましたが、意外と上のレベルではベースラインにいたほうがポイントが獲れたりもする。

周りの人に聞いてみたら、「お前はベースラインで粘るタイプでしょ?」と言われたりもしました。

普段テニスを一緒にしている人、または全く初対面でプレーした人に、客観的な感想を聞いてみると思わぬ発見があるかも知れません。

 

■「武器を作る」為には、まず自分を知ることから

自分を知れば、目指すテニスが見えてきます。

身長、体格、パワー、分析力、経験値・・・。

数値に出来る部分と、出来ない部分があると思います。

しっかり自分の中で自分のテニスを整理するには、一度書き出してみるのが一番。

嘘偽り無く、自分に正直に、一度しっかり書いてみて下さい。

その書き出した情報の組み合わせで、必ずアナタ自身の武器は創れます。

 

新しい技術や戦術で、自分自身を変えていくことに臆病にならないでください。

今実践しているテニスを大胆に変えようと試みることが、きっとオールラウンダーからの道が拓けます。

まだまだ高校生であれば、オールラウンドという言葉で丸く収まらず、ぜひ尖ったプレーも磨いてみて下さい。

きっと新しい発見があり、テニスを強くしてくれるはずです。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. Q&A

    Q&A「前衛で、なかなかポーチに出ることが出来ません…どうすればたくさん触ることができますか…

    今回は、男性大学生の方から。サークルで活動して草トーナメントの…

  2. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.3

    少し時間が空いてしまいましたが、10月にて実施させて頂きましたアンケー…

  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「ファーストサーブがフォルトしたとき、相手が意図的にリターンを強打してくるのは違反で…

    今回は、久々に読者の方から頂いたルールに関する質問について。皆…

  4. テニス スマッシュ

    Q&A

    Q&A「とにかく試合でミスが多いんですけど、どうすれば良いですか?」

    改めて、今回もこの問題に挑んでみたいと思います。たくさんご質問…

  5. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?」

    今回は社会人の女性の方からのご質問です。毎月1万円前後をかけて…

  6. テニス ストローク

    Q&A

    Q&A「試合でセカンドサーブを入れにいくと叩かれてしまいます。深く打つコツはありますか?」

    今回ご質問頂いたのは、試合でのセカンドサーブについて。テニスの…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 準備

    その他

    テニスの練習中に、「ボールを上から思いっきり踏んでしまった」ときの応急処置につい…
  2. テニス

    その他

    力の差は無さそうなのに、スコアで差が出るのは、なぜ?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    毎回毎回、「前に踏み込むボレー」なんて、試合では無理です
  4. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない
  5. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです
PAGE TOP