メンタル

テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから

テニスを真剣にやって試合に出ていれば、誰しもが勝ちたいと思う。

それをサポートするのがコーチの役割ですが、そこにアナタ自身の意志が無ければ上達は見込めません。

無意識のうちに、「アドバイスを丸投げ」状態になっていませんか?

口を空けて餌を待つ雛鳥のままでは、いつまで経っても大空へ飛び立てません。

 

テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから

 


 

■意志を持つことに、テニスの実力は関係無い

「自分はまだテニスをはじめたばかりだから・・・」と考えて、なかなか意見を持てない。

確かに気持ちは分かりますが、自分のテニスについて考えることは誰にでもできます。

真剣に考えれば、自分なりに「こうした方が良いんじゃないか」という考えが芽生えるはず。

例え、間違っていても良いんです。

初心者のうちから自分で考える癖を付けなければ、上達してからも人任せのテニスになってしまいます。

 

■コーチのアドバイスは「提案」であり、まずはしっかり大げさにやってみる

コーチは神様ではありません。

人間であり、経験に基づいてアナタに提案を行ってくれる。

だからこそ、それを試してみた感想をシェアして、さらに良いものにしていく共同作業が練習です。

一方通行にならない為には、アナタの意志や感覚が大切。

アドバイスしたコーチ自身も、「実際、やってみてどう思っているんだろう」というのは気にしている。

このコミュニケーションが頻繁であればあるほど、上達の早い強い関係を築いていけます。

 

■コーチへの相談は、アナタ自身の提案であるという意識を

もちろん、たまには何気ない相談でも良い。

きっちり固めていかなくても良いときもありますが、ショットについて、戦術についてはアナタの感覚が大切。

その為には、練習から試合から、全て主体的に取り組んでいく意識が必要です。

全てのショット、ポジション、戦略に、アナタなりの根拠は有りますか?

無ければ、この機会にじっくり考えて見て下さい。

 

日本人のメンタリティーでしょうか、テニスコーチに何も言えないような雰囲気。

もったいない、です。

ただただ、もったいない。

アナタの意志があってこその、テニスの成長。

テニススクールや部活の外部コーチがいる方は、ぜひ活かせるように自分で考えてコミュニケーションみて下さい。

きっと新しい関係が、そこから築けるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

    成功体験、大事です。ですが、世の中にはそれを上手く活かせない人…

  2. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない

    相手に勝つ、凌駕する。これって、簡単なこと・・・でしょうか。…

  3. テニス 試合

    メンタル

    テニス選手がイップスに悩まされるのは、「真剣勝負を重ねた」結果だと私は思います

    テニスの試合で緊張でラケットが振れなくなる、グリップが握れなくなる。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    他人からの挑戦を「楽しめる人か、引いてしまう人か」で、テニス選手は差が出来る

    テニスの試合に出続けている人は、毎回が挑戦。挑戦されたり、挑戦…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で勝ち抜く為には、「調子が悪くても勝ちを拾っていく」テニスが出来るかどうかが重要

    テニスの大会、どんなに実績のあるシード選手でも本調子でプレーできない試…

  6. メンタル

    伸び悩みの時期、は必ず終わります

    何を根拠に?と言われれば、それはアナタ自身。きっと、このT-P…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!
  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンを手首でこねている人は、「40-30のような大事なポイント」で入らなくな…
  3. テニス 予測

    その他

    「相手の打つコースが読めない…」と悩む人は、消去法を使うとテニスの試合での決断力…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスでの前衛のポーチは、「2本で1セット」を基本に考えれば攻撃に厚みが出る
  5. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!
PAGE TOP