メンタル

テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから

テニスを真剣にやって試合に出ていれば、誰しもが勝ちたいと思う。

それをサポートするのがコーチの役割ですが、そこにアナタ自身の意志が無ければ上達は見込めません。

無意識のうちに、「アドバイスを丸投げ」状態になっていませんか?

口を空けて餌を待つ雛鳥のままでは、いつまで経っても大空へ飛び立てません。

 

テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから

 


 

■意志を持つことに、テニスの実力は関係無い

「自分はまだテニスをはじめたばかりだから・・・」と考えて、なかなか意見を持てない。

確かに気持ちは分かりますが、自分のテニスについて考えることは誰にでもできます。

真剣に考えれば、自分なりに「こうした方が良いんじゃないか」という考えが芽生えるはず。

例え、間違っていても良いんです。

初心者のうちから自分で考える癖を付けなければ、上達してからも人任せのテニスになってしまいます。

 

■コーチのアドバイスは「提案」であり、まずはしっかり大げさにやってみる

コーチは神様ではありません。

人間であり、経験に基づいてアナタに提案を行ってくれる。

だからこそ、それを試してみた感想をシェアして、さらに良いものにしていく共同作業が練習です。

一方通行にならない為には、アナタの意志や感覚が大切。

アドバイスしたコーチ自身も、「実際、やってみてどう思っているんだろう」というのは気にしている。

このコミュニケーションが頻繁であればあるほど、上達の早い強い関係を築いていけます。

 

■コーチへの相談は、アナタ自身の提案であるという意識を

もちろん、たまには何気ない相談でも良い。

きっちり固めていかなくても良いときもありますが、ショットについて、戦術についてはアナタの感覚が大切。

その為には、練習から試合から、全て主体的に取り組んでいく意識が必要です。

全てのショット、ポジション、戦略に、アナタなりの根拠は有りますか?

無ければ、この機会にじっくり考えて見て下さい。

 

日本人のメンタリティーでしょうか、テニスコーチに何も言えないような雰囲気。

もったいない、です。

ただただ、もったいない。

アナタの意志があってこその、テニスの成長。

テニススクールや部活の外部コーチがいる方は、ぜひ活かせるように自分で考えてコミュニケーションみて下さい。

きっと新しい関係が、そこから築けるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 「第2回 読者ミーティング」を開催します

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本当に痛い

    試合に勝てる日もあれば、当然負ける日もある。試合結果について自…

  2. テニス 気付き

    メンタル

    勝つために自分のテニスが制約される、その葛藤と生きていくしかない

    試合に出ていると、常に葛藤の連続。みなさんも、勝ちたいと思った…

  3. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

    学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。…

  4. テニス フェデラー

    メンタル

    「長いラリーのポイントを獲った後」には、声を出して鼓舞していこう

    テニスの試合は、孤独。コートの上では、基本的に一人で戦っていか…

  5. メンタル

    テニス選手として成長したいなら、「自分の敗因の深いところを、しっかり見れているのか?」について常に考…

    練習、試合、練習・・・を繰り返していると、その繰り返し自体に慣れてしま…

  6. テニス 客観視

    メンタル

    テニスを通じて私たちは、「出会う人全てを、すぐに外枠」で決め付けてはいないか?

    テニスというスポーツは、どこか階級社会の色が強い。毎年開催され…

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    鋭いフットワークの出足を支える、「走る方向と逆の足のキック」の基本を覚えよう
  2. テニス 準備

    リターン

    テニスの試合で、「相手サーブの曲がりが激しいとき」には、よりコンパクトなリターン…
  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ
  4. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう
  5. メンタル

    試合でミスを引きずらない、選手になりましょう
PAGE TOP