テニス メンタル

戦術

安全に攻める、だけだと勝てない

テニスには、セオリーが有ります。

みなさんも、恐らく誰かから習ったり、本で読んだりしたことがあるでしょう。

でも、それを実践してみて、みなさんどうでしたか?

試合慣れした、強い相手に、通用しましたか?

ここで大事なのは、アナタ自身がどう感じて、セオリーをどう捉えるかということ。

安全に攻める、それは確かにセオリーの基本ではあります。

でも、それだけじゃ勝てないのがテニスの試合なんですよね。

強い人は、セオリーを潰す

安全に攻めさせては、くれない

みなさんも、試合で感じた経験があるはずです。

安全に攻めよう、例えば大事にクロスにつなごう…としても、強い相手はそれを許してはくれない。

当然ですよね。

相手が打つであろうコースを予測して、前衛は動く。

安全に攻めさせては、プレッシャーがかからない。

だから、潰すのは当然の話。

これがもう、戦いの中で染み付いているんです。

強い人は、セオリーの中でも強い

潰す、と同時に、自分が打つ時にはどうか。

強い選手って、よく考えたらセオリーの中でも強いんですよね。

基本のショット、クロスへのリターン、ファーストボレー、セオリー通りのショットが重いし、深い。

セオリー通りにやられて、そこを潰そうとしてもなかなか難しい。

当然、それでもそのセオリーを潰していかないといけないんですけどね、試合の現場では。

セオリーの中の勝負で負けると、かなり「やられた感」が出るじゃないですか。

それを感じたところから、スタートです。

相手がセオリーを、潰して来るなら

アナタ自身が、どこかで「安全に攻める」ということを捨てないといけない。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

リスクを取る、コースを変える、何かしらパターンを複数持っておくことが大事になります。

セオリーから離れた試合でも、テニスの試合は強くならないと勝ち進めない。

相手がセオリーを潰して来る、これもまた、一つのセオリーですから。

安全に攻める、だけじゃ勝てないということを焦らず受け止めてみる。

さぁ、後はそこからどうするか、です。

私が試合でやる、3つの作戦

まずはドロップ大作戦

セオリーから離れて、別な攻め方をする。

私は、シングルスでもダブルスでも、ドロップショットを多く使うようにします。

そりゃもう、相手が先読みするくらい。

「またかよ…」と思わせて、イライラさせるのが狙いです。

安全に攻めて勝てないなら、こういう変化を付けていく方が良い。

テニスコートは縦に長いですから、相手を前後に走らせるような試合になると別モノになるんですよね。

ドロップショット、ドロップボレーは、強い相手にこそ打てないと威力を発揮しません。

相手の正面を狙ってみる

これも、良い作戦です。

相手が強いと、つい「正面」って狙い辛くないですか?

何だか、触られると何でも決められそうで…と思いがちですが、それは違います。

正面に打って、次で仕留めるくらいの感覚で良い。

それに、相手に「自分は恐れていない」というメッセージを発信することにもなりますからね。

結構、これで試合の流れって変わりますよ。

サーブ、それからストロークを相手の前衛、身体を狙う。

ぜひ、取り入れてみて下さい。

迷ったら、出る!

シングルスならネットプレー、ダブルスなら前衛が。

もう、迷った段階で、動きましょう。

安全に攻めよう、と考えてしまうとどうしても動けない。

良いんです、そこで失点しても。

セオリー通りで勝てないなら、思い切った作戦にパッと切り替える。

この度胸がある人は、試合でも強いですからね。

ダブルスでチェンジプレー、流れを自分たちで変えていく勇気が必ず実を結びます。

迷ったら出る、動く。

これも立派な、作戦の準備です。

コレを相手に、思わせよう

「安全に攻めても、勝てないな…」と、相手に思わせる。

序盤にアナタ自身が、これが出来るかどうか。

安全に攻める、特別なことをしないでも戦えると思ったら、相手はリラックスして良いショットを打って来ますよね。

どう、相手が自分のことを感じているのか。

これを、創り上げていくのも試合であり、プレッシャーのかけ方です。

テニスは、人間がやる競技ですから。

セオリーはあっても、それをAIのように忠実に繰り返すことは、出来ない。

だからこそ、面白いんですよね。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる

    「この選手、見た目と全然違うな・・・」という印象を持つケース、…

  2. 戦術

    出来ていないこと、を受け入れていくことから

    今年一年、どうテニスを頑張ろうか。私自身、みなさんに負けない…

  3. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

    ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。…

  4. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない

    私自身よく、言われたものです。「守ってばかりで、つまらないテニ…

  5. 戦術

    テニスの試合、攻撃に大事な大前提について

    試合でなかなか、自分の攻撃が決まらない。それは、アナタ自身の技術不…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「オムニコートが得意な選手」と、「ハードコートが得意な選手」

    テニスの試合、多くは2つのサーフェスで行われる。オムニコートと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    メンタル

    対戦相手が一番欲しいモノを、簡単に差し出してはいけない
  2. テニス フットワーク

    シングルス

    シングルスの試合、遅いボールで相手を動かすことが大事
  3. 戦術

    周りに意識される、ポジションを作ろう
  4. テニス 感覚

    戦術

    今いるテニスのカテゴリーから、抜けることが出来ない方へ
  5. テニス ボレー

    戦術

    試合の現場では、「狙ったコースにサーブが入らなくても」慌てないことが一番
PAGE TOP