テニス 錦織圭

Q&A

Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」

今回は男子高校生から、バックハンドストロークに関する質問です。

試行錯誤していきながら、両手か片手かを探っていく・・・という経験。

実は、テニスの技術向上においてすごく良い効果があります。

Q&A「バックハンドストロークが、片手か両手か定まりません・・・」

 


 

■両方のメリット、デメリットを洗い出してみましょう

両方の特徴を把握して、まずはメリットとデメリットを簡単に洗い出してみましょう。

両手の魅力はまずパワフルにフラット~ドライブ系を打ちやすい、テイクバックから打ち終わりまでがコンパクトに収めやすい。

片手は慣れると疲れにくく、スピン系はより厚い当たりで打てる、スライスへの応用もしやすい。

アナタ自身の体格や体力も影響ありますね。

片手を使いこなすのには、やはりリーチが欲しいので慎重があると有利。

両手はリーチが短い分、俊敏なフットワークが求められるので小柄な選手に向いていると言われます。

 

■両方経験するのは、とっても良いこと!

もちろんいずれは決めていかないといけませんが、両方を経験することはとても良いことです。

なぜなら、自分が打って経験することで、その特徴を把握して弱点を試合で攻撃していけるから。

両手バックハンドを経験すれば、例えば「浅いボールは取り辛い・・・」というのを体感して、試合で相手を攻撃していくのに活かせるでしょう。

自分が経験したことの無いショットを相手にしたときに、テニスでは弱さが出てしまう選手も多いのです。

 

■長くテニスを続けていくうえで。必要なのはオールラウンドであるということ

選手時代は両手か、片手かどちらかに決めてトレーニングしていく必要がありますが、長いテニス人生、色々と求められるものが変わります。

例えばテニスコーチになれば片手でボールを持ちながらのレッスンになりますので、両手バックハンドは打てなくなることも。

生徒にデモンストレーションするには、両方できたほうが良いですよね。

また思わぬ怪我をしてしまって、フォームを変える必要性を求められるかも知れません。

柔軟な意識で、テニスというスポーツを受け入れて模索していくことが、大切です。

 

質問者の方には、「焦らずいきましょう」とお伝えしたいです。

両方できて、何も損することもありませんし、試合の途中で打ち方を変えちゃっても良いんです。

それくらい柔軟に、ただし強い探究心は持ち続けて研究してみて下さい。

アナタ自身のバックハンドは、アナタにしか創れません。

長い旅路ですが、気長にいきましょう。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス サーブ

    Q&A

    Q&A「サーブに必要なトスアップの練習、何をやれば良いの・・・?」

    「とにかくトスが安定しなくて・・・」と、お悩みの皆さん。トスが…

  2. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「試合に出る頻度は、どれくらいが良いの?」

    アンケートにて頂いたご質問の中で、数名に頂きましたので考えてみたいと思…

  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」

    今回頂いた質問は、 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良い…

  4. テニス ミス

    Q&A

    Q&A「強くなるために、プライドは持った方が良い?持たない方が良い?」

    アンケートにお答え頂いたみなさん、ありがとう御座いました!お忙…

  5. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.3

    少し時間が空いてしまいましたが、10月にて実施させて頂きましたアンケー…

  6. テニス ダブルス

    Q&A

    Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」

    今回は、年末に頂いたご質問について、お答えしたいと思います。学…

特集記事

  1. テニス 名著

    ダブルス

    ダブルスペアで、「最近、マンネリ化してるな・・・」と感じたなら、絶対試して欲しい…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    あまり打ちたくないけど必要なときはある!「ランニングパッシングショット」を打って…
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    自分のボレーがいつも浅くなる人は、「ボールの下側を触って」前に押し出していく基本…
  4. テニス ストローク

    戦術

    大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ
PAGE TOP