戦術

そもそも、ドロップショットはコートの内側から

試合の中で、ドロップショットをしっかり決める。

そのためには、技術よりもポジショニングが大事。

打つ勇気も大事ですが、客観的に、成功しそうなショットに仕上げていくことが大事です。

コートの後方、ベースラインよりも後ろから打っても・・・入る気配、無いですよね。

 
 

ポジショニングが8割

です、ドロップ系のショットは。

タッチ感覚が求められるショットではありますが、その意識がみなさん強過ぎ。

ポジションさえしっかり確保出来ていれば、ドロップショットは簡単ですよ。

ネットから近い方が、当然難易度は下がる。

ネットから遠い方が、加減が難しくなるのは当然。

ネットを越えないといけない、というプレッシャーが凄いですからね。

そうなると、ビビって甘くなったり、厳しく調整しようとしてネットを越えなかったり、になるんです。



相手が下がった状態、打とう!

私もドロップショットを使う時は、これを意識しています。

自分がコートの内側に入って、相手が「打ち込まれる!」と下がった状態、後ろに重心がある場面。

これだと、簡単に決まりやすいです、ドロップショットは。

精度よりも自分のポジション、相手のポジション。

コートの内側に、自分がしっかり入れた時。

更に言えば、フォアハンドで周り込めた時、なんか最高ですね。




ルーティーン化すれば、ミスは減る

「でも、緊張した場面であんな繊細なショット、打てない・・・」と思う方も、多いでしょう。

そうでも無いですよ、実際。

だって、前に入ってフォアハンドで回り込む、このポジション取りの中でも打つ行為は始まってますからね。

タッチのタイミングだけ、を意識し過ぎると緊張してしまう。

もっと全体のフットワークから、ドロップショットを打つ型、にしてしまって良い。

ルーティーン化して自分のものにしていけば、ミスは減る。

もうポジションを取りながら、ドロップショットの動きを身体全体で実践していく。

どうでしょう、上手い人ってそんな感じじゃないですか?



浅いボールに対して、常に選択肢として持っておく

ドロップショットは、常に使う意識で。

前に入る、ポジションがネットに近付くにしたがって、自分の懐刀として持っておきましょう。

打つと決めるタイミングは、結構早め。

深くも打てる、だけどドロップショットにする、と決めるのは前に入ると決めた瞬間、で良いでしょう。

ポジショニングが8割を決める、ドロップショットの精度。

みなさんも必ず、試合で使えるようになるはずです。

   

お勧めの練習法

1対1のラリー、球出しからのネットダッシュのラリー形式で、ドロップショットをアプローチ側が打ってみましょう。

相手は、深いボールか浅いボール化を見極めて、しっかり対応する。

私の感覚では、ドロップショットもアプローチショット、の1つ。

相手を動かして、ネットに出る。

アプローチ=深く強打、になっている人は危険。

きっと試合でも、ワンパターンになってしまうでしょう。



とにかく、まずはポジショニングを意識しましょう。

自分がコートの内側、に入ったらドロップショットのチャンス。

意識するだけで、気持ちも楽になりますよ。

深く強打していくだけだと、相手も慣れる。

ぜひ、普段のストロークの中で意識して使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. 戦術

    テニスにおける戦略も、シンプルに考えよう

    戦略を立てて、テニスの試合に挑む。これは非常に大事な考え方です…

  2. テニス 計算

    戦術

    テニス選手として、研究されてからが本当の勝負

    「研究されているな」と感じること。試合中に、ありますか?…

  3. 戦術

    テニスの試合の中で、「自分のチャンスでは、相手を走らせる」ことに意識を集中させよう

    攻撃の中から、しっかりポイントを取れる人。そういう人の頭の中を…

  4. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる

    みなさんも、上のレベルの試合になると痛感しているはずです。失点…

  5. テニス 評価

    戦術

    テニスの試合の中で、「こういう時は、こうする」と決めているプレー、いくつありますか?

    皆さんが試合の中で、「決めていること」いくつあるでしょうか?気…

  6. テニス メンタル

    戦術

    人に向かって打つ限り、テニスは上達しない

    テニスの試合、シングルスの試合出ている人の特権。それは、「人の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    「ロブが来ると分かっている」ような練習をしても、試合でスマッシュは打てない
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「客観的に観れば誰か一人が仕切っている」試合が多い
  3. テニス 練習

    ストローク

    ラリーの中で「ストローク戦からボレー戦へ」テンポが変わるテニスに対応するには?…
  4. テニス メロブ

    ロブ

    苦し紛れのロブは、大抵入らない
  5. テニス フェデラー

    メンタル

    「長いラリーのポイントを獲った後」には、声を出して鼓舞していこう
PAGE TOP