テニス ポジショニング

スマッシュ

「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習。

大人もジュニアも、やる機会が多いですよね。

しかしながら、その「ネットタッチ」に本当の意義を見出して、しっかり感じながら練習している人は少ないように思います。

改めて、練習の目的を確認してみましょう!

 

「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

 


 

1.ネットタッチは運動量を増やす為?

テニスは前後に動くと異常に疲れます。

切り返しが徐々にキツくなり、最後にはスマッシュを打てずにロブで抜かれて…というのは、ありがちですよね。

確かに練習時の運動量は大切です。

「あれだけしっかりやり切った!」という自信は、試合でアナタの大きな助けになるでしょう。

但し、運動量を増やすだけが目的であれば、わざわざコートの中で行う必要は無いのかも知れません。

 

2.ネットタッチはどういう場面を想定しているか

ネットタッチ、即ちネット近くまで自分が移動しているのは、どういう場面でしょうか。

試合で相手を追い込んで最後に詰めて、フィニッシュするところ。

またはドロップショットを打たれて、ギリギリ拾った場面かも知れません。

とにかく、「相手を攻撃している場面」と考えるのが自然でしょう。

それでも相手が粘って、ロブを上げてきた…というのが、ネットタッチした後の場面として、一番多いケースだと考えられます。

と考えると…こういったポイントは、ただの1ポイントにあらず。

試合の流れを大きく左右する、大事なラリーと言えます。

 

3.ネットタッチスマッシュは、拮抗したポイントを取り切る練習だった!

自分が攻め、相手も凌いでる中で自分がトドメを刺す。

テニスの試合で、上級者はこれが実践できます。

このイメージをしっかり植え付ける為に、ネットタッチスマッシュの練習は最適なのです。

 

「疲れるから、やりたくない…」

「そもそもネットタッチはテニスで反則だし…」

と後ろ向きに考える前に、全ては試合で大事なポイントを奪い取る為、と頭を整理しましょう。

この意識一つで、練習の質は全く違うものに生れ変わります。

拮抗したポイントを取り切る癖を、いつもの練習メニューから身に付けていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう

    風が強い日のテニスの試合。結構、慎重になって逆にミスが多くなる…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い

    スマッシュの基本、だけど試合では難しいこと。横向きを作ってしっ…

  3. スマッシュ

    「逆クロス方向への構え」を基本に考えると、スマッシュはもっと楽に打てる!

    スマッシュに苦手意識を持っている方は、シンプルに得意のコースを一つ作る…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    「スマッシュを磨きたければ、まず決断力から」試合で勝ち切るテニスに、必要な決断力とは?

    「スマッシュは、得意ですか?」こう聞かれて、アナタはどう答える…

  5. スマッシュ

    スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?

    試合でしっかり、スマッシュを決める。なんと、難しいことなんでし…

特集記事

  1. テニス コントロール

    戦術

    対戦相手は、「強気」か「弱気」か「堅実」か、で分けてみる
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    後ろ方向へのポーチスマッシュこそ、アナタのダブルスに必要な発想なはず
  3. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から
  4. テニス ダブルス

    リターン

    両手バックハンドリターンが安定しない人に、ちょっとした裏技を公開します
  5. テニス 環境

    メンタル

    テニスの試合では、戦うべき相手はネットを挟んだ相手だけでなく、「自分自身」だとい…
PAGE TOP