テニス リターン

ストローク

自然とボールは伸ばすのに、最適な方法はシンプルです

相手に打っていく、ボールに伸びが欲しい。

試合では、自分の打っているボールが伸びているかどうか、すごく気になりますよね。

普段の練習から意識したいこと、これは非常にシンプルです。

誰にでも出来るけど、実際にやり抜ける人は少ない。

特に試合では、どうしても猫背になってしまうのが普通の人、です。

 

自然とボールは伸ばすのに、最適な方法はシンプルです

 


 

1.姿勢が良いと、何が起きるのか

まず、しっかりラケットが振れます。

それに身体を起した状態で打つと、ボールを最後に押せるんですよね。

前傾姿勢だと、これが出来ない。

当てるだけ、合わせるだけのラケットワークになりがち、じゃないですか?

リターンで待っている時、前衛にいるときは、多少前傾姿勢でも良いと思います。

ですが、ボールを打つ時には基本は上体を起こして、しっかり胸を張る。

これだけで、かなりボールの伸びは変わって来ますよ。

 

2.ボレーも抑えが効くようになります

姿勢が良いと、ボレーも良くなる。

ボールに伸びが出るのには、しっかりした理由があると私は思いますよ。

猫背だと、ボールに弾かれてしまう、負けてしまう。

姿勢が良いと、ボールをしっかり後ろから見れるし、ハイボレーなんかも力が入りやすいじゃないですか。

ラケットの先まで、自分の神経が通うようになるはず。

前傾姿勢、猫背のまま打ってしまうと、視界も狭いんですよね。

相手コートもよく見えないから、どこか自信の無いようなプレーになってしまう。

メンタルにも、影響大ですよ。

 

3.姿勢が良いと、それは自信になる

自信があるから姿勢が良くなる、じゃないんです。

姿勢を良くしているから、自然と自信が湧いて来る、プレーもアグレッシブになる。

騙されたと思って、試合での自分の姿勢を確認してみて下さい。

勝っているとき、調子が良いときは、きっと胸を張って姿勢が良いはずです。

これを毎回、しっかり意識しましょう。

ボールにも伸びが出るし、ミスも減る。

相手も、堂々としている感じが何とも嫌なはず。

テニスは、こういうちょっとしたことで結果は変わりますから。

 



 

4.良い姿勢、に毎回戻ることが大事

構え直し、で良い姿勢になる。

これを習慣付けると、試合でもすごく強いです。

良い姿勢って、みなさんどんなイメージですか?

肩幅くらいにスタンスを拡げて、軽く膝を曲げて肘もリラックスして曲げる、背筋を伸ばして、顎を引く感じですかね。

これを、毎回リセットして、作る。

打った後、なるべく早く構え直して姿勢を良くする。

テニスって、本当に忙しいです。

でも、これが出来れば試合でもショットの質は変わります。

あとは、トレーニングあるのみ、ですね。

 

5.お勧めの練習法は?

私が意識しているのは、肩甲骨。

この肩甲骨を両方、近づけていくようなストレッチを毎日、出来るだけ多くやるようにしましょう。

休み時間でも、電車の待ち時間でもOK。

私はこんな感じ↓のストレッチを暇さえあれば、やってます。

肩甲骨を近づければ、自然と胸が張れますし、気分も落ち着くはず。

トレーニングというよりも、日々のストレッチに近い感じですね。

肩甲骨周りが柔らかいと、姿勢も良くなるし怪我も減ります。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

背筋のトレーニング、本当は必要ですが・・・なかなか難しいですよね。

日々姿勢を良くする、肩甲骨を意識するだけで、かなり違うと思いますよ。

堂々としている自分、に気付ければテニスも強くなる。

相手からも強そうに見える。

本当に、ちょっとした意識で変わって来るはずです。

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付けないと、試合では勝て…

    テニスのストロークラリーをしていて、急にスライス回転のボールが混ざって…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの壁は、前足で作る!

    攻撃的なストロークを、いかに安定させるか。これが出来れば、きっ…

  3. ストローク

    「侮るなスライス」テニスの試合で、相手にプレッシャーをかけ続ける粘りを取り入れよう!

    スライスとトップスピン。試合中、君のストロークはどっちをよく使…

  4. ストローク

    テニスのストロークでは、「打点が低いと感じたら、しっかり高い軌道でクロス方向へ返球」だけ意識したい

    シングルスの試合もダブルスの試合も、一番打つ機会が多いのがクロス方向へ…

  5. テニス ストローク
  6. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡がらない

    ATPファイナルの試合を観ていても、大きく相手に振られた際にはスライス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 緊張

    戦術

    テニスの試合で「ポイントの取り方」が、上手い人と下手な人の違いについて
  2. テニス ポジショニング

    ダブルス

    試合で勝てるダブルス選手の、サーブ&ボレーの考え方5つ
  3. テニス メンタル

    サーブ

    「弾むトップスピンサーブ」を打ちたい!テニスの試合で有効なサーブは意外にも・・・…
  4. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復
PAGE TOP