テニス ダブルス

戦術

強い人の強さが分かる、ことも大事な成長

試合に出ていると、相手の強さを感じることがある。

これって、当たり前のことだと思いますか?

私は、そうでも無いと思いますよ。

相手の強さが分かるって、すごく大事なこと。

ほとんどの人は、「どの辺が強かったの?」の問いに、上辺だけでしか答えられない。

相手の強さの奥深さに触れる、気付くというのも、大事なアナタ自身の実力です。

 

強い人の強さが分かる、ことも大事な成長

 


 

1.強い人は、何が強い?

みなさん、それぞれ意見があると思います。

強い人は、どこが強いのか。

試合に出ていると、感じる機会が多いですよね。

ざっと、今まで対戦して強かった相手を想い出してみて下さい。

きっと、そういう相手って何か一発の凄いショットがあるとか、そういう感じじゃないと思うんですよね。

本当に強い人には、簡単に言葉に出来ない共通点がある。

私が感じること、をまとめてみます。

 

2.強い人は、両端の使い方が上手い

とにかく、これが上手い。

ドロップショットとロブ、スピンとスライス。

両方を80点くらいの精度で、ずっと打ち続けることが出来る。

だからこちらとしては、どこに打って来るか分からないし、走り続けないといけない。

「底が知れない」という感じなんですよね。

80点くらいのショットに見えるけど、本当はまだ余力をかなり残しているようにも見える。

構えが早いから、打つ方向も読めないし・・・という感じで、どんどん不安になっていく。

強い人は、こういう雰囲気を持っているはずです。

 

3.勝負どころで、前に動く

ここぞ、の場面で強気に動く。

手堅くプレーしていたと思ったら、ゲームポイントで一気に前に動く。

こういう相手は、本当に強い。

強いというか、試合の勝ち方を知ってる感じですよね。

「ここを踏んでおけば、確実に勝てる」というリズムを持っているから、毎回やることは同じ。

勝負どころで動く、というのがなかなか普通の人は出来ないですから。

サッとやってのける人は、すごく強い。

でもその人からすると、当たり前のことをやっているだけなんですけどね。

 

4.身近な人を、解剖しよう

みなさんも、まずは自分の身近な人から。

解剖してみましょう、その人の試合を。

何をもって、その人は強いのか、試合を作っているのか。

勝負どころのポイントで、何を変えているのか。

その強さを、周りに具体的に説明出来るくらい、まで研究してみる。

思い出しながら、テニスノートや紙に書き出してみて良いと思います。

そして、そこで気付いたことはアナタ自身も必ず実行出来る。

私は、そう思いますよ。

 

強さに気付いて、認めること。

これが出来れば、間違いなくアナタ自身も同じようなステージにはたどり着ける。

なぜ強いのか、強さの源は何なのか。

知るということは、簡単ではありません。

でもその知識が、アナタ自身の強さになります。

ピックアップ記事

  1. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. 戦術

    相手のレベルに関係なく、攻めて勝とう

    テニスにおける戦術の基本、もう一度確認しておきましょう。ミスは…

  2. テニス メンタル

    戦術

    今までの常識では無い、常識を発達させよう

    今朝のサッカー日本代表の試合、ご覧になっていた方も多いと思います。…

  3. テニス 部活

    戦術

    相手も自分も調子が良い、なんてテニスの試合は年に数回くらいなはず

    試合をたくさんこなしていると、皆さんも気付くことがあると思います。…

  4. テニス ストローク

    戦術

    相手の攻撃を、コースで反撃する発想を

    テニスの試合で、良い守備から反撃していく。これは、難しいことで…

  5. テニス ストローク

    戦術

    「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる

    アナタが試合をしていて、一番やり辛い相手ってどんな相手ですか?…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本

    試合中に、出来るだけ意識したいこと。それは、相手に自分を悟られ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を
  2. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!…
  3. テニス 前衛

    リターン

    前衛にポーチに出られたくなければ、「眼」を積極的に合わせにいこう
  4. ボレー

    フォアハンドのボレーで、「スライス回転をかけたいから手首でこね回してしまう」人の…
  5. テニス イベント

    その他

    テニス選手として成長しないなら、出来るだけ早い時期に「本物」を観ておこう
PAGE TOP