テニス メンタル

戦術

ボールが飛んで来るコース、は限られていると考えよう

テニスの試合は、あるあるなコースが多い。

そんなに難しいことは試合ではやらないし、起きない。

そう考えておいて、損は無い。

この「あるある」を潰すことこそ、アナタ自身に必要なことです。

 

ボールが飛んで来るコース、は限られていると考えよう

 


 

1.相手の打てるコース、限られている

例えばサーブ、リターン。

私は、もっと山を張って良いと思います。

リターンも、ほとんどがクロスじゃないですか。

だからこそ、前衛が動けばチャンスになる。

でも、なかなかはっきりとポーチに出られる人は少ない。

これもまた、テニス界のあるあるだから、です。

 

2.なぜ、動けないんだろうか?

やはり、失敗が怖いからです。

前衛に立っていて、自分が決めることよりもミスすること、が怖くなる。

動けなくなっている自分、に気付かないんですよね。

ミスをしない、でも決めることも出来ない、のが普通だと思っている。

何となく後衛に任せて、試合は進むし目立たないで済む。

その考え方で、試合に勝とうというのが甘いんですけどね。

せっかく、テニスというスポーツはボールが飛んで来るコースが限られているのに・・・と、私は思うんです。

 

3.ここぞ、まで取っておいて・・・どうするの?

「大事なところで、出れば良いんだよ」という方もいるでしょう。

でも、その大事なポイントってどこでしょう?

そこまでまず、競る試合になるかどうかも分からないのに。

試合で大事な場面は、いつだって序盤です。

だからこそ、しっかり序盤に動く、飛んで来るコースにしっかり入ることが出来ているかどうか、が大事。

「ここぞの場面まで取っておく」という人ほど、そんな場面は来ないし、来ても動けない。

そう思いませんか?

 

4.動かないこと、こそリスクです

ダブルスの試合では、特にそう感じます。

動かない方が、危ない。

飛んで来るコース、に自分がいないという危機感、みなさんにあるでしょうか?

「触れていないから、まぁミスも無いしな」と、どこかで思っていませんか?

ハッキリ言って、それは仕事を放棄しているのと同じ。

仕事を放棄して、我関せずの立場で試合を傍観しているだけでしょう。

繰り返しますが、テニスの試合では飛んで来るボールのコースはそう多くない。

そこに踏み込んでいくかどうかは、アナタ次第です。

 

失敗しては繰り返し、その先に見えてくる。

「あ、テニスってこういうスポーツなのか」が見えてくると、前衛のようなポジションは楽しくなります。

身体が反応してくれるようになりますし、相手がプレッシャーを感じてくれる。

序盤に動いて、後半はその貯金を活かせるようなプレーがしたいですよね。

全ては、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. 戦術

    試合の中では、難しい場面でこそ「大胆な自分」でいこう

    テニスの試合の中で、劣勢の場面。もうこのままだと負けてしまう・…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「省エネテニス」に必要なテニスの試合でのボールスピード、コースのコントロール術

    テニスの試合って、もつれるとかなり長時間の戦いになる。俺も5時…

  3. テニス メンタル

    戦術

    内角を攻めれない選手に、未来は無い

    今日は、久しぶりに野球観戦。オープン戦ですが、東京ドームに行っ…

  4. テニス 部活

    戦術

    テニスで県内No.1になりたければ、「思い切った勝負」に

    今日から4月。新学期、新入生・・・色々と新しいこと、始まる時期…

  5. 戦術

    そもそも、ドロップショットはコートの内側から

    試合の中で、ドロップショットをしっかり決める。そのためには、…

  6. テニス リターン

    戦術

    フォアハンドで一押し、相手を押し込むコツとは?

    ストロークで、あと一押ししていきたいという場面。フォアハンドで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「初めてのテニスの大会で慌てない」為に、確認しておきたい5つの常識
  2. ボレー

    「延長線上」というキーワード
  3. 練習メニュー

    4月からテニス部に入部してくる、「新1年生向けに基礎的な練習メニュー」を考えたい…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でリードすると、「すぐ相手のミス待ち」になってしまう選手は絶対に勝ち…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    精神的に未熟な人は、試合前に「練習をしていない自分」をいつも言い訳にする
PAGE TOP