テニス 練習

ボレー

ダブルスで前衛に捕まると、相手は血相を変える

テニスの試合、相手が感情的になる試合。

こういう試合、場面を、増やしていきたいんですよね。

感情的になれば、相手の判断力は鈍るし、観察力も落ちる。

少し怒ってくれているくらいの方が、戦いやすいと思いませんか?

前衛を上手く利用して、挑発的にいきましょう。

 

ダブルスで前衛に捕まると、相手は血相を変える

 


 

1.前衛は、厄介な存在に

なれてますか?試合で。

前衛がボールを触ると、試合って一気に流れが変わりますよね。

急にテンポも変わるし、相手からすると「まずい!」という感じになる。

ポーチに出られて、決められた後って、「くそ・・・やり返してやるぞ・・・」と思うじゃないですか。

前衛に決められると、冷静さを失ってしまうんですよね。

厄介な存在になっていくこと、が前衛の仕事です。

 

2.前衛として、ボールを触った後が勝負!

そもそも、前衛のプレーに慣れている人が少ない。

私は、試合に出ていてすごくそれを感じます。

後衛同士の打ち合いはすごく上手いのに、少し前衛が絡むだけでリズムが崩れる人が多い。

だからこそ、フェイントやポーチで触るだけでも価値があるんですが、もう少し踏み込んでいきましょう。

前衛としてボールを触って、まず相手を驚かせる。

そして、「くそー!」と思って反撃に来るところで、バシッと決める。

ここまで出来ると、相手はすごく追い込まれていきますから。

 

3.前に詰める、だけでも効果大!

ポーチで触って、更に前に詰める。

これだけでも、かなり効果的ですよ。

ネット近くでボレーしたつもりでも、実はまだ、とどめを刺せる場所に移動出来るのがテニスです。

ほんと、数cmでも良いんです。

しっかり前に詰めて、相手を威圧していく。

ムキになって打ってくれて、ネットミス。

これが最高なんですよね・・・前衛の仕事としては。

感情的にさせて、無理してもらう。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

 

4.相手のミスで終わると、ダメージが残る

自分がバシッと決めるよりも、相手のミスっぽい感じで終わる。

この方が、実は試合では効果的。

感情的になっているような相手は、ミスを受け入れたくないんです。

「ちょっと強引だったけど、次は入るはず・・・」と、思ってくれてますから。

アナタ自身のナイスショットは、ある意味諦めて切り替えられてしまいますよね。

相手のミスを引き出して、触らずしてポイントを取る。

どうでしょう、最高じゃないですか?

 

相手の心理を揺さぶる、火を付ける前衛。

これが、存在感のある前衛です。

1発で決めないで、ジワジワ、迫っていく。

感情的になった相手から、ミスをもらう。

常にこれをイメージしながら、相手と向き合ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス 客観視

    ボレー

    テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ

    「腰を落として!」「膝を曲げて!」日本のテニススクール…

  2. テニス ガット

    ボレー

    ストロークからボレー、のグリップチェンジ機会は練習から!

    テニスはどんどん、自分の役割が変わるスポーツ。硬式テニスでは前…

  3. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの意識

    テニスの練習、球出しからラリー練習まで様々ありますが、最初の「壁」とな…

  4. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打ち終わろう

    ネットプレーの実力、それはハイボレーで図るのが一般的です。なぜ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「やっと届いたボレーなら、まず時間を稼ごう!」無理して大振りしても、ポイントを失うだけです

    ネットプレーでは、後ろでのプレーよりも守備範囲は限られてしまいます。…

  6. ボレー

    ダブルスの試合で、力が入るとつい「コースが空いているのに相手にぶつける」ボレーになってはいませんか?…

    テニスにおいて、「視野が広い人、狭い人」の差が出る場面が試合では多くあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合、「トスに勝ってリターンゲームから始める」ことで得られるメリット3つ…
  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ストロークで相手の逆を突けたら、迷わずネットへ出る」ことで…
  3. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK
  4. テニス メンタル

    ボレー

    女性でもシニアの方でも試合で楽に打てる、ドロップボレーは先にラケットセット型で!…
  5. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負…
PAGE TOP