テニス 準備

戦術

「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?

試合が始まって、何もしないままに負けてしまう・・・。

0-6であっという間に終了、という経験、みなさんもあると思います。

相手が強かった?もちろん、それもあるでしょう。

ですがそれ以上に、アナタ自身がこの意識で自滅してはいませんか?

まず、自分で気付くことが何より大事ですよ。

 

「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?

 


 

1.焦っても良いボールは打てない

試合になると、相手を攻めないといけない。

こう考えてしまいますよね。

もちろん、その意識は大事です。

ですが、自分に出来ないようなこと、ショットを打っても、上手くはいかない。

焦っても良いボールは打てないし、相手を恐れていることを露見させてしまうだけ。

良いボールを打って、相手に攻撃させない。

この意識で充分だと思いますよ。

 

2.では、「良いボール」の概念とは?

繰り返しになりますが、確認しておきましょう。

ストロークなら軌道を高く、回転量の多いボール。

ダブルスなら、出来るだけネット近くで打つボール、でしょうね。

こちらのミスが少なくなる、ようなボールは何かを考えてみれば簡単です。

それで充分、相手は攻撃出来る。

焦って攻撃しないと、と思うと低い速い、フラット系のショットになりがち。

そうなって来たら、もう試合は黄色信号ですよ。

 

3.その感覚は、相手に与えよう

「攻めなきゃ・・・」と焦ってもらう。

これが、アナタ自身が相手に仕掛ける心理戦です。

私はダブルスで並行陣、まずしっかり粘ります。

粘ってどこに打っても返す、ストローク側に無理してもらう。

「攻めないと・・・決められる!」と思うんでしょうね、相手は。

こっちは、全然決める気はないんですが。

相手が焦ってくれると、テニスの試合は勝利が見えて来る。

その仕掛けを作るのは、アナタ自身ですよ。

 

4.結果的に攻めている、の攻撃はある?

アナタ自身、どうでしょうか。

攻めているつもりは無くても、相手にとっては攻撃になる。

だからこそ、しっかり考えておく必要があります。

この前の記事でも書きましたが、余裕を持って1メートル内側に打っているのに、相手が脅威に感じてくれる。

これって、最高じゃないですか?

こういう意識、をみなさんも大事にして欲しいんです。

 

攻めないといけない、という意識は、勝ちたい試合ほど強い。

どうしても、強くなってくるんです。

だから、どうコントロールするのか。

グリップにフットワーク、ポジショニング、しっかり準備しておきましょう。

良いボールを打って、相手は無理してくれる。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉

    ダブルスの陣形で、変わった形になることよくありますよね。例えば…

  2. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上

    試合の中で、「振ってしまった・・・」と思うボレーミス。結構凹ん…

  3. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  4. 戦術

    テニスの試合で勝つために必要な「展開力」を身に付ける為の4つの意識

    テニスの試合、レベルが上がってくると「展開力」が問われる。ゲー…

  5. テニス ルール

    戦術

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

    1セットマッチ、6ゲームオールになってタイブレークに突入。した…

  6. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと

    ダブルスの試合、強い相手は前衛の存在感が凄い。ポーチはもちろん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」がある
  2. テニス メンタル

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  3. テニス 食事

    テニス知識

    「つい、テニスの試合前に食べてない?」テニスの試合前に食べるのをお勧め出来ない5…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない
  5. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる
PAGE TOP