テニス 準備

戦術

「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?

試合が始まって、何もしないままに負けてしまう・・・。

0-6であっという間に終了、という経験、みなさんもあると思います。

相手が強かった?もちろん、それもあるでしょう。

ですがそれ以上に、アナタ自身がこの意識で自滅してはいませんか?

まず、自分で気付くことが何より大事ですよ。

 

「攻めなきゃ、攻めなきゃ・・・」って、何を焦ってるの?

 


 

1.焦っても良いボールは打てない

試合になると、相手を攻めないといけない。

こう考えてしまいますよね。

もちろん、その意識は大事です。

ですが、自分に出来ないようなこと、ショットを打っても、上手くはいかない。

焦っても良いボールは打てないし、相手を恐れていることを露見させてしまうだけ。

良いボールを打って、相手に攻撃させない。

この意識で充分だと思いますよ。

 

2.では、「良いボール」の概念とは?

繰り返しになりますが、確認しておきましょう。

ストロークなら軌道を高く、回転量の多いボール。

ダブルスなら、出来るだけネット近くで打つボール、でしょうね。

こちらのミスが少なくなる、ようなボールは何かを考えてみれば簡単です。

それで充分、相手は攻撃出来る。

焦って攻撃しないと、と思うと低い速い、フラット系のショットになりがち。

そうなって来たら、もう試合は黄色信号ですよ。

 

3.その感覚は、相手に与えよう

「攻めなきゃ・・・」と焦ってもらう。

これが、アナタ自身が相手に仕掛ける心理戦です。

私はダブルスで並行陣、まずしっかり粘ります。

粘ってどこに打っても返す、ストローク側に無理してもらう。

「攻めないと・・・決められる!」と思うんでしょうね、相手は。

こっちは、全然決める気はないんですが。

相手が焦ってくれると、テニスの試合は勝利が見えて来る。

その仕掛けを作るのは、アナタ自身ですよ。

 

4.結果的に攻めている、の攻撃はある?

アナタ自身、どうでしょうか。

攻めているつもりは無くても、相手にとっては攻撃になる。

だからこそ、しっかり考えておく必要があります。

この前の記事でも書きましたが、余裕を持って1メートル内側に打っているのに、相手が脅威に感じてくれる。

これって、最高じゃないですか?

こういう意識、をみなさんも大事にして欲しいんです。

 

攻めないといけない、という意識は、勝ちたい試合ほど強い。

どうしても、強くなってくるんです。

だから、どうコントロールするのか。

グリップにフットワーク、ポジショニング、しっかり準備しておきましょう。

良いボールを打って、相手は無理してくれる。

これでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    内角を攻めれない選手に、未来は無い

    今日は、久しぶりに野球観戦。オープン戦ですが、東京ドームに行っ…

  2. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと

    テニスの試合、そこには色々な武器を持った人、が来る。サーブであ…

  3. テニス 格上相手

    戦術

    タイブレーク、意外と先行した選手が逆転される

    なぜだか、私はこういう傾向が強いと思います。タイブレークの試合…

  4. テニス ストローク

    戦術

    失敗を恐れない相手ほど、試合で怖いものは無い

    対戦するときに、嫌な相手。それって、どんな相手でしょう?…

  5. 戦術

    ドロップ好きの相手からは、とにかく離れるな!

    試合で対戦する、「ドロップ好きな相手」。これに苦戦する機会、無…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです

    テニスの試合、ほとんどの試合は、こうじゃないでしょうか。強い側…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 夜

    メンタル

    テニスの試合で格上相手に勝ちたければ、「アナタが格下相手にやられて嫌なこと」を徹…
  2. 戦術

    「で、君のプレースタイルは何?」テニスの試合で必要な、攻撃とミスをもらうという攻…
  3. テニス チャンス

    サーブ

    「何も準備無しで、40-0」ほど危険な状態は無い
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で勝ち抜く為には、「調子が悪くても勝ちを拾っていく」テニスが出来るか…
  5. テニス 居場所

    水分補給

    本気の水分補給には、トレーニングが必要
PAGE TOP