テニススクール

テニスが上手い人は、コーチに向いている?

「将来テニスコーチになりたいんですが、何を勉強しておけば良いですか?」

というご質問を、何名かの学生の方から頂きました。

私自身、アルバイトから専属コーチ、を数年やらせて頂いたので、今考えていることを改めて書いてみたいと思います。

もし現役コーチの方でご覧になったら・・・心外だと思われることもあるでしょう。

私の気持ちを、正直に書きます。

 

テニスが上手い人は、コーチに向いている?

 


 

1.時代が変わって来た、テニスコーチは?

結論から言えば、これから先のテニスコーチは相当厳しい。

厳しい条件、が求められると思います。

テニスやスポーツ産業だけでなく、これからはAI技術が進歩して「自分でしか出来ないこと」を仕事に出来るかどうか、が鍵になる。

テニススクールでも、全面にカメラを搭載して数値を客観的に計測、それを生徒はBluetoothイヤホンで受信し、AIコーチがアドバイスをくれる、なんてことになるかも知れません。

私は、近い将来こうなる可能性が非常に高いと思っています。

そして、そのAIコーチは世界全国とつながっているので、ちょっとした成功事例、失敗事例はリアルタイムで共有される。

指導の精度は高まるばかり、人間コーチは用無しになってしまうかも知れない。

時代が変わって来たこと、を敏感に感じることが出来ない人は厳しいでしょう。

もちろん、テニスコーチに限った話では無いんですが。

 

2.テニスが上手い人、だけでは足りない

私は、もちろん基本技術としては大事だと思います。

ですが、自分がプレーする技術と人を導く技術、はまた違いますよね。

元々ボール感覚も優れていて、運動神経が良いような人は、苦労をしていない、出来ない。

だから、出来ない人の気持ちはどうやったって分からないんです。

だから、初心者クラスの指導は難しい。

教わる側とのギャップが生じてしまうし、それに本人も気付かないんですよね。

「なんでこんな簡単なこと、出来ないんだよ」と、どこかで思ってしまう。

そういう人は、コーチに向かないと私は思います。

 

3.自分で苦労してきた人、記録してきた人は向いている

テニスはそこまで上手くないけど、自己流で頑張ってきた人。

自分で外の世界を知ろうと動いて吸収し、人に伝えたいという想いがある人。

こういう人は、テニスコーチという仕事は向いていると思います。

それから、自分が苦労してきたこと、上手くいかなかったことを記録している人ですね。

テニスノート、ブログ、何でも良いと思います。

そういう経験こそ、指導の時に役に立つ。

極論、最高のコーチって初心者から上級者に、そのテニススクールで成長出来た人。

生徒さんがコーチになる、のが私は一番良い道だと思うんですよね。

教わって苦労して、部活やサークルではない中で上達出来たこと。

社会人になって成し遂げる、これは本当に凄いことだと思います。

 

4.テニスを通じて、どんな価値を生み出せるのか

AIコーチに勝つ為に、何が必要なのか。

私は、テニスを教えること、を通じてどんな価値が生み出せるのか、だと思います。

テニスコーチって、テニスを教えるだけじゃないんですよね。

生徒さんだって、ただテニスが上手くなりたい訳じゃない。

テニスを通じて、どういう人生を歩んでいきたいのか。

これからは、人生100年が当たり前のような時代になるでしょう。

その中で、テニスはどうその人の人生に寄与出来るのか。

ここを真剣に考えて、価値を形に出来る人。

それこそ、これからの時代に必要なテニスコーチ、だと私は思います。

 

10代、20代の頃の私が今の文章を読んでも、「?」という感じでしょう。

好きなテニスなんだから、それを仕事に出来たら最高じゃん!

だけだと、そう遠くない将来にラケットを置くことになるでしょう。

甘くない、だけど・・・やっぱりテニスコーチは、良い仕事ですよ。

だからこそ、安易に選んでしまう前に、立ち止まって考えて欲しいんです。

アナタ自身、テニスを通じてどんな価値を生み出すことが出来るでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    テニスコーチに教わっている人は、コーチの本音を引き出そう

    今回、アンケートにご協力頂いた方の中で、約1/4はテニススクールでテニ…

  2. テニス ストローク
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    スクールなのに自分で考えなくて良い、それが日本のテニススクール

    それが、普通だと思ってしまう。これが、一番私は危険なことだと思…

  4. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールの上級クラスでは、「倒してあげること」が最高の指導

    以前に、アルバイトでスクールコーチをやっている学生の方から、こんな相談…

  5. テニス 練習

    テニススクール

    「テニスが好きだから、テニスコーチになりたい」人に伝えておきたい5つのこと

    たくさんの学生の方から、「将来テニスコーチになりたいです!」という言葉…

  6. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う

    テニススクールに通っている皆さん、普段はどんな雰囲気で練習をしています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう
  2. テニス ボレー

    シングルス

    強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合前日にやっておくべきこと5つ
  4. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には…
  5. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
PAGE TOP