その他

読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

来週にて実施させて頂く、読者ミーティングのイベント。

第1回ということもあり、色々準備していく中で、必要になってきたもの。

それは、「プロジェクター」です。

皆さんの前で動画を流したりするときに必要だなと思って、調べて購入したんですが・・・これが当たり、でした。

もしみなさんも、サークルや部活で使える機会があればと思いましたので、共有させて頂きます!

 

読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

 

1.勝手なイメージで、5~6万円くらいかと

プロジェクターって、どれくらいの値段なのか。

私は正直、あまり知りませんでした。

ただ、会社の備品として借りた時に、いつも総務から「高いから、壊さないでね」と言われてたので、さぞ高いんだろうと。

安くても5~6万円、今回は思い切ってそれくらい出すか!と思ってAmazonで調べてみると・・・ビックリ。

1万円前後であるじゃん!しかも、ちゃんとしてそう!

ということで、詳しそうな人に色々相談に乗ってもらいながら、この機種を購入してみました。

 

VANKYO 2400lm LEISURE 3 プロジェクター

 

出典:amazon


いや、ほとんど会社で使ってるのと一緒じゃん!

しかも、1万円ちょっとで買えるなんて凄い。

実際に届いて使ってみた感想、も書いてみますね。

 

2.家でも使える、高機能リモコン付き

今回重要視したポイントは、コチラ。

・リモコン操作可能

・音がうるさくない(セミナーなので)

・画像の質は最低限、テニス動画でボールの動きが分かる

・PC端子が豊富、つなげやすい

小さいセミナーで使うのをイメージしながら、上記の条件をクリア出来るプロジェクターで探してみると、全て満たしてくれたんですよね。

あと、持ち運びのしやすさ、も大事な要素です。

これからは、テニス合宿やイベントにも持って行けますからね。

一般的なノートPCより小さいサイズ感です。

出典:amazon

 

リモコンもコードも、全て小さいバッグの中に収まります。

PCとつなぐ端子も、古いバージョンもカバー出来るようにあの「青いやつ」も付いているの嬉しいですね。

出典:amazon

 

3年間保証もありますから、安心です。

出典:amazon

 

3.でも、完璧ではありません

もちろん、プロジェクターとしては入門モデル。

ですから、当然性能としては物足りない部分もあります。

コスパは良い!のですが、あえて書くならこんなところです。

 

・白い綺麗な壁でないと、綺麗に映らない

少しでも凸凹がある壁だと、見づらいです

 

・画質は値段相応

拡大していくほど、当然荒くなります

一般的なスクリーン3m×2mくらいが限界ですし、テニス動画はここまで大きくするとボールが見えないケースも

 

・電源コードが短い

延長コードが必要、と思って準備しましょう

 

ざっと、こんな感じでしょうか。

値段を考えれば全然許容範囲ですが、大きな会場で使うような代物では無いです、ハイ。

 

PCにつないでのプロジェクターなら、一台持っておいて損は無いはず。

読者ミーティング用に買いましたが、普通に家でホームシアターとしても使わせてもらいます。

部活やサークルでも、大活躍しそうですね。

そして今ならなんと・・・amazonのタイムセールで8,000円台で買えるみたいです。

もうちょっと、待って買えば良かった。。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるようになる

    まだまだ、暑さが続く日もある。皆、ちゃんと身体を暑さに慣らして…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合では、「相手の小さな変化」に気付けるかどうか・・・が勝敗を分けます

    ほぼ実力が近いような対戦相手には、絶対に負けたくない。とはいえ…

  3. その他

    【大会告知】12/29 年末インドアコート ダブルス大会 in OTS南町田

    気が付けばもう11月。そろそろ年末のご予定を考えている方も多…

  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝てる選手は、「上手くいっているうちから作戦を変える」勇気を持って実行している

    スポーツの試合には、「作戦勝ち」という言葉があるように、事前の準備は大…

  5. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それから

    テニスが強くなりたい、結果を出して認められたい。誰もがそう考え…

  6. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの

    どんなスポーツでも選手活動を続けるには、お金がいる。遠征費、ト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    オムニコートとクレーコート、作戦を変えるべき?
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーをしていて、「相手のボールがスライス回転しているとき」に気付け…
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブを打つ前から緊張する人は、「踵(かかと)」からゆっくり入るとリラックス出来…
  4. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサー…
  5. テニス リターン

    ストローク

    深いストロークを打たれるとミスが多い人が、意識したいテイクバックの速さについて
PAGE TOP