テニス ボレー

ボレー

試合で使えるのは、山なりなボレーという事実

試合に出ていると、その必要性を再認識すること。

ボレーって、なかなかパチン!と決める場面は少ない。

むしろ、山なりで相手を追い込んで、ミスを誘うようなプレーが多いですよね。

強い打球を打つ場面は、それほど多くない。

圧倒的に多いのは、こっちです。

 

試合で使えるのは、山なりなボレーという事実

 


 

1.ボレーに必要なのは、粘り

普通に考えてみて下さい。

ボレー対ストローク、でのラリーになったら・・・苦しいのはストローク側。

ボレーの側は、ポジションで優位に立っていると思って良い。

だから、無理に速いボールを打つ必要は無いんです。

ボレー、というだけで自分は優位に立っている。

そう考えることが出来ると、結構楽になりませんか?

必要なのは、決定力よりも粘り。

このスタンスを基本の置いておくと、試合ではすごく楽になります。

 

2.ネットより低いボールは、絶対に山なりに

フワッと返す、これで良い。

ネットより低いボールは、まず相手に返さないと始まらないですからね。

山なりでネットを越える、その意識が大事。

だからこそ、しっかり軌道の意識を上に、つなぐ意識を持っておく。

これが怖いのは、「打ち込まれるかも・・・」と思うから。

恐れる必要は無いんです。

相手が打って来ても、こちらはボレー。

ブロックして返すことに集中出来れば、試合ではそう簡単に失点はしないですよ。

 

3.練習から、相手にミスを誘う癖を付けよう

練習での、ボレー対ストロークのラリー。

この時に、出来るだけ試合に近い経験をしっかり積んでおきたいんですよね。

ボレー側で粘って、ストローク側のミスを誘う。

つまらないように感じるかもしれないですが、これに快感を覚えること、達成感を感じること。

意識して養っていけば、絶対に試合で強いです。

バーン!と打って満足している男性の方は、まず試合で勝てない。

練習の姿勢から変えていかないと、試合でのボールの軌道は変わらないですよ。

 

4.粘りと安定感、最大の攻撃になる

テニスの試合は、ボールを打ち合う競技。

だからこそ、しっかり粘ること、守備=攻撃になる。

相手の攻撃を受け止めて、しっかり山なりで返す。

シコラーって、ストロークだけの言葉じゃないですよ。

言うなれば、私は典型的なネットプレーではシコラータイプです。

攻撃になるんだ、脅威になるんだ、という感覚がアナタ自身に持てるかどうか。

そうすれば、アナタ自身もきっと試合に勝てるようになるでしょう。

 

つい、打ちたくなりますよね。

低いボールだって、速く打ちたい、打たないと相手にやられてしまいそうで。

でも、そんなことはありません。

相手を山なりなボレーで追い込む、じらす。

それに快感を覚えること、を意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    「切れ味抜群ボレー」をテニスの試合で活かす為には、抑える意識が必要

    ボレーはコースが良ければ決まる。ゆっくりのボレーでも、その前に…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう

    テニスにおける難しい技術、ローボレー。低い位置のボレーはネット…

  3. テニス スライス

    ボレー

    速い展開では、意外と相手のフォアハンドボレーは狙い目

    ボレー戦になったときの、相手の狙い目。意外と、フォアハンドボレ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバランス感が大事

    テニスでは、他のスポーツほど「フェイント」に対する意識が低い。…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!

    テニスの試合、練習のように自分の身体近くにばかりボールは飛んで来ない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストで遅いサーブを打つ、勇気を持とう
  2. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない
  3. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミ…
  4. テニス セオリー

    その他

    万全でなくとも、試合に出ましょう
  5. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの…
PAGE TOP