テニス ボレー

ボレー

試合で使えるのは、山なりなボレーという事実

試合に出ていると、その必要性を再認識すること。

ボレーって、なかなかパチン!と決める場面は少ない。

むしろ、山なりで相手を追い込んで、ミスを誘うようなプレーが多いですよね。

強い打球を打つ場面は、それほど多くない。

圧倒的に多いのは、こっちです。

 

試合で使えるのは、山なりなボレーという事実

 


 

1.ボレーに必要なのは、粘り

普通に考えてみて下さい。

ボレー対ストローク、でのラリーになったら・・・苦しいのはストローク側。

ボレーの側は、ポジションで優位に立っていると思って良い。

だから、無理に速いボールを打つ必要は無いんです。

ボレー、というだけで自分は優位に立っている。

そう考えることが出来ると、結構楽になりませんか?

必要なのは、決定力よりも粘り。

このスタンスを基本の置いておくと、試合ではすごく楽になります。

 

2.ネットより低いボールは、絶対に山なりに

フワッと返す、これで良い。

ネットより低いボールは、まず相手に返さないと始まらないですからね。

山なりでネットを越える、その意識が大事。

だからこそ、しっかり軌道の意識を上に、つなぐ意識を持っておく。

これが怖いのは、「打ち込まれるかも・・・」と思うから。

恐れる必要は無いんです。

相手が打って来ても、こちらはボレー。

ブロックして返すことに集中出来れば、試合ではそう簡単に失点はしないですよ。

 

3.練習から、相手にミスを誘う癖を付けよう

練習での、ボレー対ストロークのラリー。

この時に、出来るだけ試合に近い経験をしっかり積んでおきたいんですよね。

ボレー側で粘って、ストローク側のミスを誘う。

つまらないように感じるかもしれないですが、これに快感を覚えること、達成感を感じること。

意識して養っていけば、絶対に試合で強いです。

バーン!と打って満足している男性の方は、まず試合で勝てない。

練習の姿勢から変えていかないと、試合でのボールの軌道は変わらないですよ。

 

4.粘りと安定感、最大の攻撃になる

テニスの試合は、ボールを打ち合う競技。

だからこそ、しっかり粘ること、守備=攻撃になる。

相手の攻撃を受け止めて、しっかり山なりで返す。

シコラーって、ストロークだけの言葉じゃないですよ。

言うなれば、私は典型的なネットプレーではシコラータイプです。

攻撃になるんだ、脅威になるんだ、という感覚がアナタ自身に持てるかどうか。

そうすれば、アナタ自身もきっと試合に勝てるようになるでしょう。

 

つい、打ちたくなりますよね。

低いボールだって、速く打ちたい、打たないと相手にやられてしまいそうで。

でも、そんなことはありません。

相手を山なりなボレーで追い込む、じらす。

それに快感を覚えること、を意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない

    テニスが上手い人に限って、言うセリフってあると思いませんか?私…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!

    テニスの試合、練習のように自分の身体近くにばかりボールは飛んで来ない。…

  3. テニス 戦術

    ボレー

    試合で効果的な、「サービスラインより深いボレー」を安定させる5つのコツ

    ボレーを深く、安定させること。もしかしたら、今のアナタにとって…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「ローボレーが深く打てるとき」は、前に詰めていこう

    ネットに詰めるポイント、それもハッキリと前に詰めるポイントはどこか。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックハンドのボレーがコントロールできない」人におくる、最低限の手堅い基本4つ

    「バックハンドボレーだけ、どうしても打てない・・・」という方が、テニス…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い
  2. 戦術

    テニスにおける攻撃の基本は、相手の選択肢を絞っていくこと
  3. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何…
  4. テニス フットワーク

    その他

    テニスで結果を出して「大きな目標を成し遂げたい」なら、まず今いるチーム内でNo.…
  5. テニス スライス

    ボレー

    ネットに詰めたときのポーチで、「ネットすれすれの低いボールが来たとき」には、慌て…
PAGE TOP