テニス スマッシュ

ボレー

ボレーボレーの泥試合、ロブボレーを使おう

ベテラン女子ダブルスの試合、なかなか決まらないのがボレー合戦。

4人が前に出ても、お互いに守備力が高くてパンチ力が低いので、なかなか決まらないんですよね。

ポンポン打って、結局誰かのミス待ちになってしまうダブルス、卒業していきませんか?

狙いは相手の上、にあります。

 

ボレーボレーの泥試合、ロブボレーを使おう

1.なぜ、ボレーが決まらないのか?

それは、ポジショニングが大きな要素を締めています。

ベテラン、シニアの方の女子ダブルスは、基本は並行陣。

それも、ポジションは少し下がり目という方が多いでしょう。

なぜなら、ロブを打たれるのが怖いから。

すぐに下がってカット、スマッシュが打てるように、サービスライン付近かもう少し下がり目、で2人で立つようなペアも多いでしょう。

この辺りに下がって待たれると、なかなかボレーでも決まらないのがテニス。

さぁ、問題はどうするか?です。

 

2.ロブボレーなら、実は有効

「下がってるなら、ロブは効かないんじゃない?」と思いますよね。

確かに普通のロブ、はなかなか効かない。

普段から、嫌というほど相手のロブを受けているでしょうから。

でも、それが「不意をつかれたロブ」なら話は別。

ボレー合戦の中でいきなりロブ、ロブボレーが来ると、大抵の女性の方は不意を突かれる。

予測と違うこと、が起きたらもう大変。

慌ててミスしてくれるでしょうし、いつものようにカット、スマッシュ、打てないと思いますよ。

 

3.足下、と思ったら頭上!

ロブボレーの利点は、相手の不意を突けること。

足下にロブが来ると思ったら、頭上に来る!という感じですね。

それも、ボレーですから相手との距離が近いし、直線的なロブになりやすい。

これは脅威ですよ。

ボレー合戦の中で、フッと上を狙われる。

触らないと落としたらもう追えない、ようなロブボレーを磨いてみませんか?

きっと、後ろから打つよりずっと楽に打てると思いますよ。

 

4.意識したいのは、連続攻撃

ロブボレーを効果的に使いたいなら、連続攻撃。

打った相手、にまたすぐにロブボレーを打っていくイメージが大事です。

要は、一人狙いですね。

余裕を無くしている状態、で上を狙う。

ダブルスの試合、ボールを散らす必要はありません。

1人を連続で攻めた方が、慌ててくれやすいし作戦が効きやすい。

ぜひ、意識してダブルス、ボレー合戦になったらロブボレーを使ってみて下さい。

 

普段の練習から、使うこと。

これが一番です。

ボレーボレーの練習、マンネリ化してませんか?

つなげるだけ、になってはいませんか?

上を狙っていく練習、ベテラン女子ダブルスを頑張るみなさんには絶対に必要です!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよう

    今年の4月からテニスを始めて、約半年くらいの方。色々と悩みはあ…

  2. テニス 大学

    ボレー

    「ソフトテニス経験者の強みを活かす!」為に必要な、硬式テニスでのネットプレーの意識とは?

    中学でソフトテニスを経験して、高校から硬式を始める・・・という方も、多…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバックをしてみよう!

    私が高校時代、ネットプレーがスランプに陥っていたとき。この言葉…

  4. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの意識

    テニスの練習、球出しからラリー練習まで様々ありますが、最初の「壁」とな…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう

    深いボレー、浅いボレー。この打ち分けを、腕の力だけで行ってはい…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    メンタル

    強い相手を強い、と認めることが出来る選手が本当に強いテニス選手
  2. テニス 格上相手

    その他

    朝一番のテニスの試合で、「しっかり身体が動けるように」意識したい4つの準備とは?…
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    実戦的なスプリットステップは、「スタンス広めで沈み込む」のが基本です
  4. サーブ

    サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく
  5. リターン

    リターンでのストレートアタックは、「コート後方に自分だけの的」を作って狙えば効果…
PAGE TOP