テニス ボレー

戦術

試合で願望に満ちたウォッチは、大抵入る

「頼む!出てくれ・・・」と思いながら、相手のボールをスルーして・・・。

ポトッと自分のコートの内側に入る、これはあるあるですよね。

願望に満ちたようなウォッチ、は入ってしまうのがテニスの試合。

では、どういうスタンスでネット二出れば良いのか。

今回は、このポイントについて考えてみましょう。

 

試合で願望に満ちたウォッチは、大抵入る

 


 

1.打てるなら打つ、が基本

私はいつも、ネットに出てプレーするときには、これを意識しています。

自分が良い態勢で打てるなら、打った方が良い。

その方が、結果的に得点出来る確率は上がると思うんです。

多少アウトなボールでも、もしかしたら突風が吹いてインになるかも知れない。

ギリギリだと、遠い場所のセルフジャッジはアウトにし辛いですしね。

自分が良い態勢で触れる、なら触る、ボレーする。

このスタンスだと、楽ですよ。

 

2.良い態勢で触れる=入っている

テニスコートの広さは、上手く出来ている。

良い態勢で打てるボールは、ほぼ間違いなく入るように設計されています。

だから、ウォッチはしない。

自分のボレーの調子が悪い、自信が無い時に、弱気なウォッチをしてしまう。

それが入ってしまって、試合の流れが悪くなる。

この悪循環を断つには、「自分が良い態勢で打てるかどうか」を基準にしたい。

打てるなら打っていく、で良いと思います。

 

3.相手のアウトは期待しない

プレッシャーをかけて、相手のミスを誘う。

これはテニスにおけるネットプレーの基本ですが、期待してはいけません、相手のミスを。

期待していると、つい弱気なウォッチをしてしまいますから。

誘うけど、相手はしっかり打って来る。

そう意識して待つ、しっかりボレーする。

ウォッチするときは、本当にアウトと確信出来る時だけ。

難しいですが、期待しがちな自分を変えていかないと、なかなか試合では勝てないでしょう。

 

4.そもそも、コントロールが良い相手?悪い相手?

これは結構、大事なポイントです。

試合をしていて、「この人は荒いな・・・」とか、「この人が打って来たら、全部入りそうだな」とか、感じますよね。

相手を見極める、というのも大事な仕事です。

荒い相手は、やはり無理してくれている訳ですから、そう入っては来ないでしょう。

コントロールが良い、入りそうな相手のボールはやはり触らないと。

このあたり、試合勘みたいなものも大事になって来ます。

コントロールが良い相手のボールは、なかなかウォッチし辛い。

アナタ自身、相手からはこう見られていきたいですし、そうなれば試合に強いです。

 

つい、願ってしまいますよね・・・相手のアウト。

でも、大事な場面では入ります、基本。

ですから、よほど荒っぽい相手でない限りは、触って返しましょう。

迷い無く打って、次、次、という姿勢が大事です。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように

    勝つために練習をしている。勝つ・・・というのはモチロン自分より…

  2. 戦術

    自分より強い相手と戦うなら、真っ向勝負は避けて当然

    対戦相手と、真っ向勝負。これは、非常に危険だと私は思っています…

  3. テニス ダブルス

    戦術

    動き続けた前衛なら、逆に止まっていることも最高のフェイントになる

    動き続ける前衛、ダブルスの試合では大事な要素になります。毎回細…

  4. テニス 観察眼

    戦術

    「身体が覚えるまでやる」、とは理解するのと同義語

    よく練習で、「身体が覚えるまでやる」という表現を使う人がいますよね。…

  5. テニス サーブ

    戦術

    浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない

    これもアンケートからのご質問、への回答となります。「浅くなった…

  6. 戦術

    男子ダブルスのボレーは、振るより押し込みで

    男子ダブルスの、ボレー戦。この打ち合いを制することが出来れば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雑誌

    その他

    テニス専門誌を5年間全て購読し続けて、想うことをまとめてみました
  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで試合に勝ちたいのなら、「下からボールを持ち上げる」ストロークから脱却しな…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのダブルスの試合で必要な「スライスとフラットの2種類のボレー」は、ラケット…
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう
PAGE TOP