その他

希少種になること、は強くなるということ

テニスだけじゃないですけど、「左利き」は優位とされていますよね。

「いや、左利きの相手得意!」という方もいるでしょうが、やはり苦手にしている方は多い。

だって、「たまにしか対戦しないような相手」ですからね。

希少な種、珍しいタイプの相手はやり辛い。

この基本、はテニスにおいてもあてはまると思いますよ。

 

希少種になること、は強くなるということ

 


 

1.強くなる、とは・・・?

フォアハンドのパワーが上がる、サーブのコントロールが良くなる。

試合運びが上手くなって、ミスが減る・・・というのも、大事な要素。

ですが、もっと客観的に俯瞰して見ていくと、他にも要素はあります。

それは、アナタ自身が「珍しい存在」になるということ。

左利きの方は、何もしないでもそれだけで少し珍しい存在。

普段、練習相手で左利きの選手がいない、という方も多いでしょうから。

左利きでなくとも、希少種にはなれます。

それはアナタの発想と行動次第、です。

 

2.例えばネットプレー、もその一つ

もう、今の時代少ないじゃないですか。

特にシングルスの試合。

前に出るような選手は、ほとんどいない。

だからこそ、相手も珍しくてやり辛くなる。

ただ、プレースタイルが珍しいだけでも、テニスって試合し辛いじゃないですか。

初対面の相手がほとんどですし、そこにプレースタイルまで変わってるって、勘弁して欲しい。

アナタ自身の実力を伸ばすこと、それは希少種になっていくことも含まれるんです。

 

3.相手の実力、を下げる要素を持とう

自分の中で、何があるでしょうか。

自分自身のショットはそのままで、相手が弱ってくれるような要素。

希少になって珍しい存在になる、のもその一つ。

私なんかは、風が強い中での試合は結構慣れていて好きなので、これも優位な要素になりますね。

相手は崩れていくけど、自分はそのまま、これで充分。

試合に勝てる可能性が高くなるのは、こういう小さな積み重ねです。

 

4.誰もが良いモノ、を持っている

武器に出来るかどうか、はアナタ次第です。

誰もが良いモノ、を持っていると私は思いますよ。

それを活かせるのかどうか、が大事。

希少種になると言っても、やることはテニスですから。

もう既に、アナタ自身で持っているもの、が必ず武器になる。

慌てないで、冷静に自分のプレーを見つめてみて下さい。

「どこか、周りの人との違いは無いかな?」と。

それを直す、というより伸ばしていく。

希少なテニス、無理せずともみんな自然に、出来るはずです。

 

人と異なると、日本では「直そう、正そう」としますよね。

もちろん、弱点を強化することは大事ですが、長所と短所は紙一重。

みなさん自身、もっとテニスでやりたいことをやって、希少になる意識も大事です。

結果的に、勝てるようになると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. メルマガ配信、登録を開始します!
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス 雨

    その他

    所属で人を判断してしまうのは、ただそれが楽だから

    テニスの大会、個人戦を見るとほとんどの試合が「個人名(所属)」の形で、…

  2. 戦術

    その他

    関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと

    関東のテニスの聖地・・・と言えば、もちろん有明テニスの森ですが、では一…

  3. テニス ストローク

    その他

    セルフジャッジの試合で、「微妙な判定を自分に有利にジャッジする」度に、アナタは何かを失い続ける

    セルフジャッジについて、改めて私が感じること。それは、レベルや…

  4. テニス 戦術

    その他

    「テニス部で問題が起きてばかり…」なときは?

    「教えてくれる先生や、コーチがいない」「練習メニューが決まらな…

  5. テニス 指導
  6. テニス 練習

    その他

    セルフジャッジが汚い相手には、「2回目」で戦う姿勢を見せよう

    何かとご意見頂く機会の多い、セルフジャッジについて。汚いジャッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    「ドロップショット病にかかったら・・・」テニスの試合で使えるにはいつものショット…
  2. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ
  3. テニス ミス

    その他

    サッカー日本代表戦を観て感じた、「コンディションの良さ」こそテニスの試合でも大事…
  4. ストローク

    相手にジワジワとストロークで攻撃されているときには、「まず打点を下げさせてペース…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「さぁ、チャンスボールだ!・・・どうする?」テニスの試合では打つコースをどう隠す…
PAGE TOP