テニス ハードコート

その他

「いよいよ来週開幕!」テニス好きなら楽天ジャパンオープンに足を運んで欲しい5つの理由

開幕が迫ってきました、楽天ジャパンオープン!

テニス好きならこの年に一度の一大イベント、ぜひ足を運んで現地で楽しんでもらいたいところです。

改めて、毎年参加してきた筆者がお勧めするポイントをまとめました。

 

「いよいよ来週開幕!」テニス好きなら楽天ジャパンオープンに足を運んで欲しい5つの理由

 


 

1.ワイルドカードの日本選手が、今年は熱い!

全米オープンで2回戦に進んだ西岡選手はじめ、伊藤、内山両選手も好調を維持。

楽天オープン前の大会、マレーシアオープンでは本戦でシード選手相手にも互角に戦い、確実に力を付けています。

錦織選手以外のプレーにも、今年は本気で注目です。

若い力が、この大会を契機に大きく羽ばたいていく可能性大、なのです。

 

2.連覇が命題の錦織選手の本気のテニス、生で日本で観れる唯一の試合

人は、どこまでプレッシャーに強くなれるのか。

アナタ自身が試合に出ているプレイヤーであれば、錦織選手の気持ちは良く理解できると思います。

絶対に負けられない・・・という言葉はスポーツでよく使われますが、本当に負けられない戦いがそこにはあります。

その場で経験するだけで、アナタは必ず何かを得て自分の試合に活かすことができるでしょう。

 

3.「テニスに関わるあらゆること」を体感して欲しい

大会に関わる人は、アナタが思っているより数多くいます。

選手だけでなく、支える周囲の人に注目してみると面白いのもこの大会。

スタッフや関係者も世界中から集まりますし、オリンピックの開催が決まってる東京は今、世界から「観られて」います。

テニス界も充分承知しておりますので、間違いなく最高の大会に仕上げて盛り上げてくれるでしょう。

選手の練習から公開ドロー抽選も、見どころの一つ。

ぜひチェックしてみて下さい。

 

4.無料でも楽しめるブースや試合の雰囲気がたくさん!

有明テニスの森公園まで来れば、無料でも楽しめるスペースがたくさんあります。

ビーチテニスやメーカーブースはもちろん、大型ビジョンでの観戦や運が良ければ選手の練習風景を見ることも!

お祭りの雰囲気を身体全身で感じて、テニスの魅力に触れることができるのも楽天オープンの魅力です。

 

5.残り少ない有明コロシアムでの試合

東京オリンピックが決まり、現在の有明コロシアムで行われる試合も残り少なくなりました。

たくさんのドラマを生んできた、この場所。

新しい日本のテニス界を築いていくうえで、「ジャパンオープンに行ったことがある」という経験は、アナタの財産になるでしょう。

 

「テニスは観るのはあまり好きじゃない」という方も、実際私の周りにたくさんいます。

自分のテニスとは全く別物だから・・・と、先入観を持つのではなく、きっとアナタの試合に活かせるものもあります。

また、高校生・学生の方はプロのプレイヤーになるだけが、テニスに関わる道ではありません。

ラインパーソンから主審、メーカーや運営の方々・・・たくさんの人の中で、テニスは育まれています。

そういった人の中で時間を一緒に過ごすこと、とても大事なことです。

ぜひ来週は有明に、足を運んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. その他

    「大谷選手の目標を実現させた方法=マンダラート」は、テニスにも超絶応用が可能です!

    自分自身を、成長させたい。このサイトを観ている方であれば、少な…

  3. その他

    あるレベルからは、「自分の色を出していけないテニス選手」は淘汰される

    テニス選手は、千差万別。基本となる部分を身に付けた先は、アナタ…

  4. テニス 準備

    その他

    「中学の頃から硬式経験者=強い」とは限らないのが、テニスです

    硬式テニスって、なかなか中学の部活としては少ない。増やしていこ…

  5. テニス 予測

    その他

    「相手の打つコースが読めない…」と悩む人は、消去法を使うとテニスの試合での決断力が高まります!

    相手が打つコースを予測して動く。どんなスポーツにも必要なこのス…

  6. テニス 戦術

    その他

    テニス選手でも、「珍しいプレースタイル」は、誰だって戦い辛い

    テニス選手って、色々なタイプがいる・・・と思いますか?でも実際…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス知識

    何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに頭上のボールはなぜ、「前衛の声出し」が必要なのか?を考える4つのヒント…
  3. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、…
  4. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手
  5. 戦術

    かわすだけ、では試合で勝てない
PAGE TOP