テニス ストローク

シングルス

同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

シングルスの試合で、攻撃パターンの1つとして。

難しく考えないでも、テニスの試合では実はコレで充分、良い攻撃になる。

打つコースを隠して、結果的に同じコースをずっと突く。

しっかり構えることが出来れば、大丈夫です!

 

同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

 


 

1.左右に打ち分ける必要、無し!

必ずしも、左右に打ち分けなくても良い。

相手の読みを外す、ことがテニスでは大事ですからね。

シングルスの試合、ずっと同じコースばかり攻撃することも、実は良いフェイントになる。

アナタ自身、これをやられたら嫌じゃないですか?

「いつ、反対側に来るんだ・・・?」と思いながら、ずっと来ない。

気が付けば、打っては戻ってを繰り返しながら、1か所にボールを集められて終わり。

シングルスでは、これで充分に良い攻撃になりますよ。

 

2.自分の中で、早めにコースを決めておこう

打つコース、打ち続けるコースを決めておきましょう。

実際、打つ前に迷っていたら、なかなか上手く打てません。

ラリーが始まって、「このコースだな!」と思ったら、掴んで離さない。

相手にはばれないように、肩を入れてコースを隠しますけどね。

自分の中では、ずっと打ち続けると決めておく。

そうすれば、自然と迷いも消えて良いショットになっていくでしょう。

 

3.同じショットを繰り返せば、精度が上がる

この作戦の良いところは、ずっと同じショットで良い、ということ。

結構、楽ですよね。

だから、ラリーが重なるごとに精度が上がるし、ミスも減る。

左右に色々なコースに打たないといけないと思うと、しんどいですから。

同じコースに、同じショットを、何回も打っていく。

特にセンターにしっかり戻る、粘るようなプレイヤーには効く作戦です。

 

4.ただ、バレやすい作戦でもある

私の経験上、この作戦が好きな人は多い。

ですから、バレやすいとも思っておいた方が良いです。

「同じコースに、ずっと打つ作戦だな」と。

そうなったら、散らしていきましょう。

センターに戻っていた相手が戻らなくなったら、逆のコースも狙う。

相手に勘付かれても、慌てる必要は全くないですからね。

使ってみて、相手の反応を見ながら考えていきましょう。

 

単純な作戦ですが、プロでも使う作戦。

戻りが早い相手に、逆を突くようなイメージですね。

クロス、逆クロスに、同じ方向に打ち続けるだけ、ですから。

ぜひ、シングルスの試合で使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である

    テニスの試合で、強い相手はまず「崩して」から決めてくる。そう、…

  3. シングルス

    シングルスの試合で攻撃していく時に必要な、バウンド地点の見極めとコースについて

    シングルスの試合で、確実に攻撃していくこと。なかなか、みなさん…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は、テニスにおける健康診断

    シングルスの試合よりも、ダブルスの試合中心。そんな方も、実際多…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事

    テニスの試合で負け続けて、精神的に滅入ってしまう。そんなとき、…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で使いたい、フォアハンドの切り返しクロスショットのコツとは?

    シングルスの試合で、武器が欲しい。そんな方には、最近のプロ選手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて…
  4. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう
  5. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない
PAGE TOP