テニス ストローク

シングルス

同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

シングルスの試合で、攻撃パターンの1つとして。

難しく考えないでも、テニスの試合では実はコレで充分、良い攻撃になる。

打つコースを隠して、結果的に同じコースをずっと突く。

しっかり構えることが出来れば、大丈夫です!

 

同じコースに打ち続けることが、実は良いフェイントになる

 


 

1.左右に打ち分ける必要、無し!

必ずしも、左右に打ち分けなくても良い。

相手の読みを外す、ことがテニスでは大事ですからね。

シングルスの試合、ずっと同じコースばかり攻撃することも、実は良いフェイントになる。

アナタ自身、これをやられたら嫌じゃないですか?

「いつ、反対側に来るんだ・・・?」と思いながら、ずっと来ない。

気が付けば、打っては戻ってを繰り返しながら、1か所にボールを集められて終わり。

シングルスでは、これで充分に良い攻撃になりますよ。

 

2.自分の中で、早めにコースを決めておこう

打つコース、打ち続けるコースを決めておきましょう。

実際、打つ前に迷っていたら、なかなか上手く打てません。

ラリーが始まって、「このコースだな!」と思ったら、掴んで離さない。

相手にはばれないように、肩を入れてコースを隠しますけどね。

自分の中では、ずっと打ち続けると決めておく。

そうすれば、自然と迷いも消えて良いショットになっていくでしょう。

 

3.同じショットを繰り返せば、精度が上がる

この作戦の良いところは、ずっと同じショットで良い、ということ。

結構、楽ですよね。

だから、ラリーが重なるごとに精度が上がるし、ミスも減る。

左右に色々なコースに打たないといけないと思うと、しんどいですから。

同じコースに、同じショットを、何回も打っていく。

特にセンターにしっかり戻る、粘るようなプレイヤーには効く作戦です。

 

4.ただ、バレやすい作戦でもある

私の経験上、この作戦が好きな人は多い。

ですから、バレやすいとも思っておいた方が良いです。

「同じコースに、ずっと打つ作戦だな」と。

そうなったら、散らしていきましょう。

センターに戻っていた相手が戻らなくなったら、逆のコースも狙う。

相手に勘付かれても、慌てる必要は全くないですからね。

使ってみて、相手の反応を見ながら考えていきましょう。

 

単純な作戦ですが、プロでも使う作戦。

戻りが早い相手に、逆を突くようなイメージですね。

クロス、逆クロスに、同じ方向に打ち続けるだけ、ですから。

ぜひ、シングルスの試合で使ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. 「第1回 読者ミーティング」を開催します
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝

    シングルスの試合で、なかなか攻撃しきれない人。それは、自分のシ…

  3. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

    シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。浅いボールをアプ…

  4. テニス ドロップショット

    シングルス

    シングルスの試合は、まず3往復スタートで充分

    いざ、大事な試合のシングルス。序盤が大事なことはしっかり理解し…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    「女性の初中級プレイヤー」が戦うシングルスの試合で、使いたいテニス戦術5つ

    社会人になると、特に女性はダブルスでの試合が多くなります。シン…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合のサーブ、には何を求めるべきだろう?

    シングルスの試合に出て頑張っているみなさん、サーブの調子はどうですか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!
  2. テニス ボレー

    ボレー

    全国のシコラーの皆さん、シコラーだからこそネット出ましょう!
  3. ボレー

    テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速い…
  4. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳、テニス選手の成長を阻害していく
  5. ボレー

    低い態勢でポーチに出る、だけで生み出せる5つのメリット
PAGE TOP