テニス メンタル

テニス知識

ラケットを買い替える時に、意識したいチェックポイント7つ

ラケットを買い替える時に、チェックしたいポイント。

意外と、みなさん曖昧になってはいませんか?

何を求めて、どこで決断するのか。

自分がこれから、どういうテニスをしたいのかも含めて、チェックしておきたいポイントをまとめてみました。

 

ラケットを買い替える時に、意識したいチェックポイント7つ

 


 

1.グリップも形

これ、意外とメーカーによって違います。

8角形が四角の形に近いメーカーもあれば、丸い筒状の形にちかいメーカーもある。

どうしても好みに合わない場合には、元のグリップを削るという手もありますが、それはちょっと現実的では無いですよね。

グリップサイズ、以外にも、形に違いがあることを意識して、下からよくチェックしてみて下さい。

個人的には、四角に近いようなグリップの形が私は好きです。

 

2.ラケットの重さ

これは、最も重要かも知れません。

ラケットの重さ、は大体が250~330gくらい。

重たいラケットは、それなりに身体をしっかり使って動かす必要がありますが、同時にボールに負けないパワーがある。

軽いラケットはボレーやネットプレーで反応が良くなる分、打点が遅れると弾かれやすかったりもします。

基本的には、ネットプレーで頑張りたい方は少し軽めのラケット、ストローク主体の方は、少し重たいラケット、が望ましいでしょう。

ただし、あくまで好みですので、実際は腕への負担具合を試してみてから、ですね。

 

3.フェースの大きさ

これも、ラケットにより様々ですね。

フェース面が大きいと、よりボールを捕らえる面積が広い。

ですが、当たった瞬間にブレやすくもなってしまう、ことも考えられます。

フェースが狭いラケットは、基本的には上級者向き。

しっかりとラケットの真ん中で捕らえることが出来れば、コントロールもしやすい。

フェースが狭いラケットは、重量が重たい設定になっていることも多いですね。

 

4.ストリングパターン

これは、ラケットに張られているストリングス=ガットのパターン。

ラケットによって、実は様々な違いがあるんです。

これも好みですが、16×18のように書いてある場合は、縦と横の本数が16本、18本という意味。

全体的に、この本数が少ないとボールを掴んでいる感じ、ホールド感がある。

本数が多いと、より弾く感覚、で反発力が強くなります。

ガットの種類は変えることが出来ても、一部のラケットを除いてこのストリングパターンは変えられないですからね。

自分の打感、はどっちが好みなのかも考えて選んでいきましょう。

 

5.フレームの厚さ

これも、見落とされがちですが、大事なポイントです。

フレームを横から見て、厚いラケットは反発力が強く、ボールがよく飛ぶ。

薄いラケットは、少し飛びが弱い仕様になっています。

プロ選手モデルは、あえて飛ばないような設計でアウトしない、振り切っても入るような狙いで作られているラケットも多いですから。

また、フレームが薄いと風の抵抗が少ないので、振り抜きやすい。

ベテランやシニアの方のように、ネットプレー中心でスウィングスピードは遅め、の方には厚めのラケットがお勧めです。

 

6.スロート部分

ラケットとグリップをつなぐ、この三角形の部分。

私は、ここも大事なポイントだと思います、ラケットの。

三角形が大きいようなラケットは、しなりがすごい。

ラケットがしなって、ボールを飛ばしてくれる感覚がありますね。

スロート部分が狭い、太いラケットは、あまりしならないようなラケット、が多いですね。

打感に大きく影響してくる部分ですので、チェックしておいて損は無いですよ。

 

7.デザイン

全体のデザイン、これもすごく大事な要素ですよね。

やっぱり、私もどんなに高性能で自分に合っているラケットでも、ダサいものは嫌。

そもそも、テンションが上がらないですからね。

まぁ、最近のラケットですごくダサいものは少ないと思いますが、「これ良い!」というアナタ自身の感覚も、ぜひ大事にして欲しい。

見た目でまずは、選んでみる。

その後に、他のチェック項目を確認することをお勧めします!

 

大事な相棒、テニスラケット。

どんどん進化していってますが、アナタ自身がどこをチェックして、何を求めていくのか。

これを考えるのは、アナタ自身です。

コーチでも販売スタッフでもない、相談はするけど決めるのは自分自身。

それはつまり、自分自身がどういうテニスをするのか、につながりますからね。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニスシューズ

    テニス知識

    いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

    私が学生時代、高校生の頃は、ヨネックスのシューズを履いている選手が多か…

  2. テニス ダブルス

    テニス知識

    「リラックスして正五角形」が、基本の構え

    基本となるテニスの構え、皆さんは意識出来てますか?ストロークの…

  3. テニス グッズ

    テニス知識

    最近のテニスで、私が役立っている&欲しいモノ5選

    読者の皆さんに負けじと、私も最近またテニス頑張ってます。一段と…

  4. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

    トレーニング用のラケット、と聞いてみなさんイメージは湧きますか?…

  5. テニス知識

    飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

    まだまだ寒い毎日、が続いています。テニスの試合の朝も、結構キツ…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 名著

    その他

    テニス部内の練習試合にて「必ず記録して、お互いにコメントを残す」ことで、テニスノ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    沈めるストロークは、打つ前かラケット面を被せないこと
  3. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない
  4. テニス ストローク

    サーブ

    クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!
  5. テニス フットワーク

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる
PAGE TOP