テニス 戦術

テニス知識

【保存版】知らない選手が意外と多い、「テニスラケットのメンテナンス方法」について

テニスラケットのメンテナンス、と聞くと、アナタは何をイメージしますか?

まずはやはり、ガットのメンテナンスでしょうか。

パフォーマンスにも大きく影響しますし、3ヶ月に1回はしっかり張り替えておくことで、同じような打感を保つことが出来る。

でもそれ以外は・・・?

ついほったらかしになりがちですが、週に1度くらいはラケット全体をしっかりキレイにメンテナンスしたい。

清潔に保っておくことで、テニスのモチベーションや意識も上がるはずです!

【保存版】知らない選手が意外と多い、「テニスラケットのメンテナンス方法」について

 


 

1.ラケットのフレーム

家にある中性洗剤、食器洗剤等を軽く薄めて、使い古したタオルに馴染ませて全体を拭いていきましょう。

ガットが張ってある状態で、なるべくガット部分は触らないように、全体を優しく拭いてあげる。

そして細かいグロメット部分、ラケットの先の部分は、こちらも使い古した歯ブラシを使って砂などを取り除く。

完了したら数時間ほど乾かして、ラケットケースに戻しましょう。

 

2.ガット部分

ガットには細かいボールのフェルトが付いているケースが多いので、ここでも歯ブラシが大活躍。

また食い込んで切れそうになっている部分は無いか、極端に曲がっているところは無いかを確認しておきましょう。

自分がラケットのどの箇所で普段ボールを打っているのか、もこの時間で確認できます。

ガットを見つめるときは、自分自身のテニスを見つめ直す格好の時間になるのです。

 

3.グリップ

オーバーグリップは適度に巻き替えましょう。

巻き替える際には、元となっている下のグリップの状態はどうかをチェック。

1.で書いたように、軽く洗剤を馴染ませたタオルで拭いておくと、カビ等も防止できてラケットを長く使うことが出来ます。

そして乾かした後に、オーバーグリップを丁寧に巻くようにしてみて下さい。

 



 

4.メンテナンス後の保管方法

ラケット全体をキレイにメンテナンスできたら、後はケースに収めるだけ・・・。

ですがここで、出来れば湿気対策も行いたい。

最近のガットはすごく良く出来ているのであまり必要無いのですが、ラケット全体をビニールで囲って空気に触れ辛くしておくことをオススメします。

ソフトケース、ラケットバッグに入れる前に、長細いビニール袋があればラケットをそれに入れて保管しましょう。

家庭用の大きめの透明のゴミ袋を、上手く切って活用しても良いですね。

とは言え、ここまでするのはナチュラルガットを張っていたり、よほど打感を気にする人だけ・・・でも良いかも知れません。

 

ラケットを大事に使うことは、自分のテニスを大事にすることにも繋がる。

また特に3.のグリップについては、学生の皆さんも意識して欲しい。

茶色く汚れているグリップでテニスをしていて、上手くなると思いますか?

一緒に練習したい、試合後に握手したいと思いますか?

相手がいてこその、テニス。

自分のラケットのケアは、相手に対する思いやりでもあるのです。

■試合にはやっぱり白のグリップテープ、が私は好きです

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス 多動力

    テニス知識

    多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

    私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。その頃の話題の中心、…

  2. テニス 消臭

    テニス知識

    テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

    テニスの試合に遠征、合宿などで行くときに、悩ましい問題・・・みなさんは…

  3. テニス知識

    大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

    日々、テニスの試合をイメージしながらトレーニングすること。なか…

  4. テニス知識

    TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

    トレーニング用のラケット、と聞いてみなさんイメージは湧きますか?…

  5. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器になる

    私が大学に入ったころ、2001年くらいの頃は不思議な光景がテニスコート…

  6. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブの軌道のイメージを変えてみる」ことで、試合の中で厳しいコースを突けるよう…
  2. テニス スライス

    ストローク

    クロス方向にしっかりストロークをスライスで打ちたい人は、「ボールの外側にラケット…
  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要…
  4. テニス スライス

    ストローク

    「スライス練習での注意点」試合で実際に使えるようにする為には?
  5. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では、「風上からのテニス」の方が難しい場合が多い
PAGE TOP