サーブ

センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ

サーブはとにかく、センターに打ちたい。

ダブルスをプレーしている方なら、この重要性はご理解頂けるはず。

ワイドへのサーブは、守りにくいし前衛も動き辛いですから。

でもこのコツ、をしっかり考えられる人って少ないはず。

今回は、女性の方でもベテラン、シニアの方でも、すぐに実践出来る方法をご紹介します。

 

センターへのサーブのコントロール、を磨く方法5つ

 


 

1.センター寄りからサーブを打つ

これが基本であり、一番大事です。

コツ、というかセンターに打つには、これしかないんです。

ワイドの位置、コートの端からセンターに打って入っても、リターンの選手に届くころにはもう曲がってしまって意味が無い。

しっかり、立ち位置をセンター寄りから打つ、ことがサーブをセンターに入れる基本になります。

 

2.スライスとスピンを使い分ける

私は右利きですが、デュースサイドはスピンでセンター、アドバンテージサイドはスライスでセンター、という感じで使っています。

速度は要らない、欲しいのはバウンド後の変化でしっかりセンターをキープすること。

デュースサイドから右利きがスライスサーブ、を打つとどうしても相手側に曲がってしまいますから。

両サイドから、回転系のショットを使い分けることで、相手リターンの選手を確実にセンターに寄せられるはず。

使い分け、を意識してみて下さいね。

 

3.サーブ&ボレーを使ってみる

なぜ、これが有効なのか。

それは、自分が前に入りながら打てるから、です。

センターに打って、センター方向に走る癖、が身に付く中で、きっとセンターへのコントロールも磨かれていくはず。

打ってそのままベースライン、にいる感じだと、そこまでサーブのコースって気にならないんですよね。

それが前に出ることで、打つコースを間違うとまずい、となりますから。

自分で当事者意識、を持てるようになると強いです。

センターへのサーブは、サーブ&ボレーヤーが上手い、のもこの辺りに理由があると私は思いますよ。

 

4.サーブの速度を落とす

コントロール重視なら、速度を捨てる。

ただし、そーっと、置きにいく感じではダメです。

しっかりラケットを振って、回転をかけることを意識しましょう。

速度を維持しながらコントロールも向上、というのはなかなか難しいですから。

まずは速度を落としてでも、センターに入れば相手リターンのコースは限られる。

ダブルスでも、かなり前衛が動きやすくなると思いますよ。

 

5.ボールのどこを触るのか、を明確にする

センターへのコントロール、私はこれが重要だと思っています。

サーブを打つ時に、ラケットでボールのどの部分を触るのか。

これがハッキリしていない人は、いつまで経ってもコントロールが良くならない。

当然、右利きのサーバーがボールの右側を打てば、ボールは左側に飛ぶ、スライスサーブになる。

ボールの下から真後ろ、を打てばスピン系の回転になりますよね。

サーブのコントロールって、結局はこの打点でボールのどこを触るのか、がすごく大事です。

ぜひ、意識してみて下さいね。

 

当たり前、と思うことが多いでしょう。

でもなかなか、丁寧に一つずつ、積み重ねていくのは楽ではない。

センターへのサーブが打てないと、試合でリターンからどんどん攻撃されてしまいます。

この危機感、を持って練習していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    「なぜアノ人は上達が早いのか?」テニス初心者でもサーブの上達が早い人の特徴5つ

    テニスの試合はサーブから始まる。分かっちゃいるけどあの緊張感、…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合は、「4回に1回は自分のサーブ」だから・・・?

    ダブルスの試合、自分のサービスゲーム。これは、4回に1回、必ず…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

    サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときの「ファーストサーブの威力頼み」、状況は変わらない

    高校生の男子の試合、レベルに関わらず共通点は変わらない。全国大…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

  6. サーブ

    ポジションに着く前に、トスアップ練習を

    サーブのトスアップの重要性。これを感じている人は、本当に試合に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    高い打点のストロークから、ネットプレイヤーを攻撃していく極意とは?
  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割
  3. テニス 居場所

    メンタル

    「練習だけじゃ完成されない」テニスの技術は試合で使って初めて身に付いていく
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジションは、あと1メートル前で試合向きに!
  5. テニス リターン

    ストローク

    風が強い日の必殺技、はコレに限る
PAGE TOP