テニス 居場所

リターン

サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。

こういう試合の流れの時って、焦りますよね。

でも、慌てる必要はありません。

だって、サーブが入らないような相手って、アナタが思っている以上にリターンが難しい。

リズムが取り辛い、ですからね。

 

サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

 

1.相手のサーブが入らないと、自分の調子も上がらない

ダブルフォルトは、確かにこちらのポイントになる。

でも、それだけです。

次のポイントになればまた相手のサーブ、ダブルスならパートナーのリターンに移行していきますよね。

リターン出来ないと、なかなか試合のリズムも作れないし、自分の調子も上がらない。

そんな中で、たまに入るサーブがまた強力だったりするじゃないですか。

そんなこんな、を繰り返している内に、ドタバタとキープされてしまうような試合って・・・多くないですか?

 

2.たまに入るサーブが、ライン際だから面倒になる

サーブの調子が悪い相手って、入るときは際どいサーブじゃないですか。

ライン際だったり、絶対に本人も狙っていなかったような場所に入る、からタチが悪い。

リターンする方からすると、たまに入るサーブが強力、になるケースが多いはず。

これって、なかなか難しい問題ですよね。

そう、サーブ自体が荒れ球になっているとリターンって難しい。

調子が悪そうな相手サーブ、油断ならないのがテニスです。

 

3.球筋がキレイなサーブは、逆に返球しやすい

実際、そうじゃないですか?

コントロールが良いサーブって、返球しやすかったりします。

読みやすいし、しっかり踏み込んでいけますからね。

こういう相手ほど、実はブレイクしやすいのがテニス、だったりします。

良いサーブって、それだけで警戒するじゃないですか。

だからこそ、アナタに準備しておいて欲しいのは「いける!」と思った時ほど、冷静になる、ということです。

 

4.相手サーブの調子を、安易に判断しないこと

調子が悪い相手、も油断しない。

サーブの調子が悪い、ダブってばっかりのような相手も、良いサーブが急に入るのがテニス。

リターンゲームのリズムって、こういう相手こそ作り辛い、だから冷静にならないと。

ちょっと油断して、「何となく、いつでもブレイク出来そうかな・・・」と、思いたくなりますよね。

その気持ち、グッとこらえて冷静に相手を見ながら良いサーブ、にも備えましょう。

調子が悪い相手に確実に勝つことって、難しいのがテニスですから。

 

サーブって、パッと見て判断しやすい技術。

調子だってそうですね。

だからこそ、危険なんです。

調子が悪い相手、を見くびらないこと、自分の調子まで崩していかないこと。

きっと、それだけで確実に勝てる試合は増えていきますよ。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い

    テニスの試合、しっかり相手のレベルを見極めること。それは、まず…

  2. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドリターン、ラケット面は上向きで打ち終わろう

    両手バックハンドリターン、を打つ選手のみなさん。このリターン、…

  3. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れる選手は、サービスゲームも楽に進められる

    私が審判をしていた10年以上前は、男性の選手はほぼ8割、トスに勝ったら…

  4. テニス フットワーク

    リターン

    ミックスダブルスは、「女性がリターンをストレートに打てるだけ」で勝率は上がる

    ミックスダブルスの試合、今日私自身もプレーしてきました。何度か…

  5. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局はスト…

  6. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    その他

    「極端な環境に、あえて自分を縛ってみる」ことができれば、きっとアナタのテニスはま…
  2. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです
  3. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化し…
  4. テニス ストローク

    戦術

    本気で戦法をやってみれば、その弱点は見えてくる
  5. ロブ

    実際にネットプレイヤーを相手にしたときに、「トップスピンロブ」をしっかり使ってい…
PAGE TOP