テニス 居場所

リターン

サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

何となく相手のサーブが調子悪そうなのに、ブレイク出来ない。

こういう試合の流れの時って、焦りますよね。

でも、慌てる必要はありません。

だって、サーブが入らないような相手って、アナタが思っている以上にリターンが難しい。

リズムが取り辛い、ですからね。

 

サーブがなかなか入らない相手ほど、実はリターンは難しい

 

1.相手のサーブが入らないと、自分の調子も上がらない

ダブルフォルトは、確かにこちらのポイントになる。

でも、それだけです。

次のポイントになればまた相手のサーブ、ダブルスならパートナーのリターンに移行していきますよね。

リターン出来ないと、なかなか試合のリズムも作れないし、自分の調子も上がらない。

そんな中で、たまに入るサーブがまた強力だったりするじゃないですか。

そんなこんな、を繰り返している内に、ドタバタとキープされてしまうような試合って・・・多くないですか?

 

2.たまに入るサーブが、ライン際だから面倒になる

サーブの調子が悪い相手って、入るときは際どいサーブじゃないですか。

ライン際だったり、絶対に本人も狙っていなかったような場所に入る、からタチが悪い。

リターンする方からすると、たまに入るサーブが強力、になるケースが多いはず。

これって、なかなか難しい問題ですよね。

そう、サーブ自体が荒れ球になっているとリターンって難しい。

調子が悪そうな相手サーブ、油断ならないのがテニスです。

 

3.球筋がキレイなサーブは、逆に返球しやすい

実際、そうじゃないですか?

コントロールが良いサーブって、返球しやすかったりします。

読みやすいし、しっかり踏み込んでいけますからね。

こういう相手ほど、実はブレイクしやすいのがテニス、だったりします。

良いサーブって、それだけで警戒するじゃないですか。

だからこそ、アナタに準備しておいて欲しいのは「いける!」と思った時ほど、冷静になる、ということです。

 

4.相手サーブの調子を、安易に判断しないこと

調子が悪い相手、も油断しない。

サーブの調子が悪い、ダブってばっかりのような相手も、良いサーブが急に入るのがテニス。

リターンゲームのリズムって、こういう相手こそ作り辛い、だから冷静にならないと。

ちょっと油断して、「何となく、いつでもブレイク出来そうかな・・・」と、思いたくなりますよね。

その気持ち、グッとこらえて冷静に相手を見ながら良いサーブ、にも備えましょう。

調子が悪い相手に確実に勝つことって、難しいのがテニスですから。

 

サーブって、パッと見て判断しやすい技術。

調子だってそうですね。

だからこそ、危険なんです。

調子が悪い相手、を見くびらないこと、自分の調子まで崩していかないこと。

きっと、それだけで確実に勝てる試合は増えていきますよ。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. リターン

    相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

    相手がクイックサーブで、リターンがやり辛い。これ、結構多いと思…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく

    相手のナイスサーブ、でも簡単には屈しない。試合の中で、何とかリ…

  3. テニス ストローク
  4. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要なのか?

    試合で勝つための必要なのに、見落とされがちな技術。その中でも大…

  5. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

    相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。まず大事なことって、何…

  6. リターン

    リターンは一歩目の精度がカギ

    相手のサーブを、リターンする。テニスはここから試合開始、試合の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サークル

    練習メニュー

    大学生からサークルでテニスを初めても、どんどん上達していく人の特徴4つ
  2. ダブルス

    バレないでポーチに出られる!にはコツがある
  3. テニス 走力

    戦術

    テニスの試合で初対戦のときは、先に動くに限る
  4. テニス コート

    ストローク

    自分のコートが後ろにどれくらい下がれるか、はしっかり確認
  5. テニス スライス

    ストローク

    ラリーをせずに、すぐに決めに来る相手への対策は?
PAGE TOP