テニス ダブルス

スマッシュ

スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。

ダブルスの試合でも、ロブが上がって慌てる必要は全くありませんから。

テニスコートって、クロスに考えると結構広い。

スマッシュの基本コース、確認しておきましょう。

 

スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

 

1.前衛にいるときには、先に決めておこう!

もう、決めておきましょう。

自分に次、ロブが上がったらどこにスマッシュを打つのか。

当然相手の動きも気になりますが、まずは良いスマッシュを打つこと、に集中して良い。

クロス方向に深く打てば、自然とスマッシュは入るようになる。

ロブが上がってから迷って迷って・・・としているから、結局ラケットの振り出しが遅れて当たり損ない、になるケースが多いじゃないですか。

これを減らすだけで、かなりスマッシュに安定感が出て来ると思いますよ。

 

2.なぜ、クロス方向なのか?

もちろん、深く打てば入る可能性が高い。

でもそれ以上に、ネットの中心、センターストラップあたりを通すことが狙いなんですよね。

ネットが一番引く位置、数cmですが、その差でスマッシュがネットしてしまうこともあるのがテニスです。

少しでもネットが低い、というだけで安心感もあるじゃないですか。

ネットも低いし、その方向はコートの角、深い位置でもインになる。

そう思うだけで、スマッシュを打つ勇気が湧いて来ませんか?

 

3.深いスマッシュは、アナタ自身を強くする

実際に、試合の中で強くなっていくのがスマッシュ。

打っている回数、がすごく大事なんですよね。

深いスマッシュって、何度か打っていると分かりますが、相手はすごく取り辛い。

いる場所に打つので返球されそうですが、また次も甘いボールが来る可能性が高いですから。

深いスマッシュをクロスに打つ、ことを基本に置いておけば大丈夫。

すごく試合でも、戦いやすくなると思いますよ。

 

4.クロスに打つ向き、からストレートにも打てるようになろう!

次のステップとしては、この打ち分けですね。

クロス方向が基本、でもその方向で相手が下がって待っているようなら、ストレートへ。

この打ち方、練習の順序が大事です。

ストレートへ打つ構えからクロス、ってなかなか難しいような気がします、スマッシュは。

まず、しっかりクロスに打てる態勢で入る、そこからストレートへも打てるようになっていく。

アナタ自身で、ぜひその間を磨いてみて下さいね。

 

スマッシュのハードルを勝手に上げているのは、アナタ自身です。

相手のいないところ、に強く打ってエースなんて・・・望みが高過ぎ。

もっと、現実的にクロスに深く、で充分試合は戦えますよ。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュでコースを狙えない人は、ロブが上がった瞬間に目線を相手コートに

    ただ力任せにスマッシュを打っても、なかなか決まらない。決まらな…

  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュなどの頭上のショット、「オーバーヘッド系の処理が怪しい人」の特徴を見極めよう

    頭上のショットは、人によって得意不得意が出やすい部分。アナタ自…

  3. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

    スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。何度も、「ロブは落…

  4. スマッシュ

    厳しいロブに対応するスマッシュは、「つなぐ意識で」しっかりスマッシュ

    ネットプレーでの戦い、その醍醐味はロブ対スマッシュ、にあります。…

  5. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュのラケットセットは、スロートに沿えた手のひら主導で!

    テニスラケットって、意外と重い。この重いラケットを上にセットし…

  6. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ちやすい!

    スマッシュの入り方、に自信を持っている人は強い。実際には打ち方…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    初打ちテニス後は、練習メニューと自分自身の整理を
  3. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある
  4. ボレー

    なぜ、アナタのネットプレーはポイントを取れないのか?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    備えあれば、憂いなし!「雨の日のテニスの試合」で有効な戦い方5つ
PAGE TOP