テニス ダブルス

スマッシュ

スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

スマッシュに苦手意識がある人は、まずシンプルにこれを。

ダブルスの試合でも、ロブが上がって慌てる必要は全くありませんから。

テニスコートって、クロスに考えると結構広い。

スマッシュの基本コース、確認しておきましょう。

 

スマッシュを打つ時には、「クロスに深く」が基本で良い

 

1.前衛にいるときには、先に決めておこう!

もう、決めておきましょう。

自分に次、ロブが上がったらどこにスマッシュを打つのか。

当然相手の動きも気になりますが、まずは良いスマッシュを打つこと、に集中して良い。

クロス方向に深く打てば、自然とスマッシュは入るようになる。

ロブが上がってから迷って迷って・・・としているから、結局ラケットの振り出しが遅れて当たり損ない、になるケースが多いじゃないですか。

これを減らすだけで、かなりスマッシュに安定感が出て来ると思いますよ。

 

2.なぜ、クロス方向なのか?

もちろん、深く打てば入る可能性が高い。

でもそれ以上に、ネットの中心、センターストラップあたりを通すことが狙いなんですよね。

ネットが一番引く位置、数cmですが、その差でスマッシュがネットしてしまうこともあるのがテニスです。

少しでもネットが低い、というだけで安心感もあるじゃないですか。

ネットも低いし、その方向はコートの角、深い位置でもインになる。

そう思うだけで、スマッシュを打つ勇気が湧いて来ませんか?

 

3.深いスマッシュは、アナタ自身を強くする

実際に、試合の中で強くなっていくのがスマッシュ。

打っている回数、がすごく大事なんですよね。

深いスマッシュって、何度か打っていると分かりますが、相手はすごく取り辛い。

いる場所に打つので返球されそうですが、また次も甘いボールが来る可能性が高いですから。

深いスマッシュをクロスに打つ、ことを基本に置いておけば大丈夫。

すごく試合でも、戦いやすくなると思いますよ。

 

4.クロスに打つ向き、からストレートにも打てるようになろう!

次のステップとしては、この打ち分けですね。

クロス方向が基本、でもその方向で相手が下がって待っているようなら、ストレートへ。

この打ち方、練習の順序が大事です。

ストレートへ打つ構えからクロス、ってなかなか難しいような気がします、スマッシュは。

まず、しっかりクロスに打てる態勢で入る、そこからストレートへも打てるようになっていく。

アナタ自身で、ぜひその間を磨いてみて下さいね。

 

スマッシュのハードルを勝手に上げているのは、アナタ自身です。

相手のいないところ、に強く打ってエースなんて・・・望みが高過ぎ。

もっと、現実的にクロスに深く、で充分試合は戦えますよ。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「スマッシュは・・・地味に行こう!」実際にテニスの試合で使える技術を身に付ける

    ロブを上げられた瞬間どう思う?もちろんチャンスなロブだったら、…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

  4. テニス ダブルス
  5. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

    スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。何度も、「ロブは落…

  6. テニス スマッシュ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!…
  2. テニス ダブルス

    シングルス

    対戦相手がテニスのギアを上げてきたときに、実践出来る効果的な対策4つ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチに出たけど、「リターンがスライスで遅い」は、試合でのあるある
  4. テニス ストローク

    ストローク

    手打ちにならないストローク、に変えていく5つのヒント
  5. テニス メンタル

    メンタル

    ポイント後の感情を、一度リセットすることが試合では大事
PAGE TOP