テニス メンタル

サーブ

サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない

試合をしていて、こういう相手いませんか?

相手がサーブを打とうとして、横からボールが入って来たり、レットのシチュエーションになる。

でも、全く気付かないで、そのまま打ってしまって・・・「すみません、レットです・・・」という感じでやり直し。

こういうのが多い人って、きっとテニス以外でも一緒なんですよね。

 

サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない

 

1.視野が狭いのは、テニスにおいて致命的

相手コートや、左右のコート、まで気を配る。

ある程度、この意識って試合で大事ですよ。

いつ何時、ボールが入って来たり、何かしらトラブルが起きる可能性もある。

自分がサーブを打つ時だって、そうですよね。

どんなにナイスサーブでも、レットのコールがかかればやり直し。

視野が狭い人って、なかなか自分では気づけないんですよ。

こういうこと、も普通だと思っている。

でも、客観的に見つめなおしてみて下さい、自分のこと。

普段の生活、テニス以外でもそうじゃないですか?

 

2.集中して視野が狭くなる、とテニスでは難しい

サーブだけじゃないんです。

実際のラリーの中でも、細かいことを観察していかないといけない。

ダブルスなら相手は2人いますし、ポジションを変えて来たりすることも考えられる。

こちらはボールも見つつ、相手の動きも見て配球を変えないといけないですからね。

視野が狭い人って、そういう意識が無い。

だから試合でも良いようにやられるし、その原因が分かっていないんです。

視野の広さなんて、絶対に意識一つで変わります。

 

3.集中するけど、自分の世界に入り過ぎない

入り過ぎると、出て来れないですから。

サーブを打つ前、集中するのは大事ですが、どこかであっさりした感覚、も持っておきたい。

何かで動作を中断、出来るような感覚ですね。

相手のレットのコールがかかったり、ちょっと待った方が良いかな、という場面はあるじゃないですか。

その時に、しっかり冷静に自分のサーブの動作を止められるかどうか。

これって、結構大事なポイントだと私は思いますよ。

それくらい、余裕があるということですからね。

テニスのマナーでもあり、試合に出るうえで身に付けていって欲しい部分、です。

 

4.視野の広さ、は意識で変わる

話を戻しましょう。

視野の広さって、実はそんなに人は変わらないでしょう。

目は2つ、付いている位置もほとんど一緒ですから。

大事なのは、意識。

サーブを打つ構えをしながらも、相手と相手コート、を意識して見て感じる。

私はトスアップした後も、ボールを見ながら相手コートも何となく見えています。

本当に、何となくですけどね。

そうすると、心にも余裕が持てるし、踏み込んで来そうなら速いタイミングで構えることも出来る。

ぜひ、みなさんも意識してみて下さい。

 

サーブを打つ時に、その人の実力って何となく分かりませんか?

みなさんも、「この相手、全然こっち見て無いな・・・」という相手、と試合すると思います。

どうでしょう、そういう相手なら楽に勝てそうじゃないですか?

実際、サーブでかなりパワーを使ってますしね。

みなさんはあくまで余裕を持って、視野を広く、サーブを打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型として身に付けておこう!

    ここ1本、絶対に獲りたい・・・ような場面。皆さんなら、どんな選…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「前側の肩が前にある状態でインパクト」出来るようになろう!

    サーブが安定しない・・・と感じている人は、身体が開いているケースが多い…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスにおいて、「サーブはスピードよりもリターナーの位置を確認」するだけで、エースが獲れる!

    サーブでノータッチエースを獲る。テニス選手なら、誰でも憧れるこ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」からが一番

    ダブルスの試合、サーブはどういうコースが有効か。センターはポー…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブでビビってしまう人は、トスを自分から打ちにいくこと!

    試合でサーブにビビッてしまうこと、ありますよね。これは、ビビッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが安定しない人は、「すくい上げるようなラケットワーク」を止めてみよう
  2. テニス ダブルス

    その他

    内容に満足出来ないけど勝った試合は、アナタの修正力で勝った立派な試合
  3. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み…
  5. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?
PAGE TOP