テニス メンタル

サーブ

サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない

試合をしていて、こういう相手いませんか?

相手がサーブを打とうとして、横からボールが入って来たり、レットのシチュエーションになる。

でも、全く気付かないで、そのまま打ってしまって・・・「すみません、レットです・・・」という感じでやり直し。

こういうのが多い人って、きっとテニス以外でも一緒なんですよね。

 

サーブを打つ前に自分の世界に入り過ぎる、人はきっと試合で勝てていない

 

1.視野が狭いのは、テニスにおいて致命的

相手コートや、左右のコート、まで気を配る。

ある程度、この意識って試合で大事ですよ。

いつ何時、ボールが入って来たり、何かしらトラブルが起きる可能性もある。

自分がサーブを打つ時だって、そうですよね。

どんなにナイスサーブでも、レットのコールがかかればやり直し。

視野が狭い人って、なかなか自分では気づけないんですよ。

こういうこと、も普通だと思っている。

でも、客観的に見つめなおしてみて下さい、自分のこと。

普段の生活、テニス以外でもそうじゃないですか?

 

2.集中して視野が狭くなる、とテニスでは難しい

サーブだけじゃないんです。

実際のラリーの中でも、細かいことを観察していかないといけない。

ダブルスなら相手は2人いますし、ポジションを変えて来たりすることも考えられる。

こちらはボールも見つつ、相手の動きも見て配球を変えないといけないですからね。

視野が狭い人って、そういう意識が無い。

だから試合でも良いようにやられるし、その原因が分かっていないんです。

視野の広さなんて、絶対に意識一つで変わります。

 

3.集中するけど、自分の世界に入り過ぎない

入り過ぎると、出て来れないですから。

サーブを打つ前、集中するのは大事ですが、どこかであっさりした感覚、も持っておきたい。

何かで動作を中断、出来るような感覚ですね。

相手のレットのコールがかかったり、ちょっと待った方が良いかな、という場面はあるじゃないですか。

その時に、しっかり冷静に自分のサーブの動作を止められるかどうか。

これって、結構大事なポイントだと私は思いますよ。

それくらい、余裕があるということですからね。

テニスのマナーでもあり、試合に出るうえで身に付けていって欲しい部分、です。

 

4.視野の広さ、は意識で変わる

話を戻しましょう。

視野の広さって、実はそんなに人は変わらないでしょう。

目は2つ、付いている位置もほとんど一緒ですから。

大事なのは、意識。

サーブを打つ構えをしながらも、相手と相手コート、を意識して見て感じる。

私はトスアップした後も、ボールを見ながら相手コートも何となく見えています。

本当に、何となくですけどね。

そうすると、心にも余裕が持てるし、踏み込んで来そうなら速いタイミングで構えることも出来る。

ぜひ、みなさんも意識してみて下さい。

 

サーブを打つ時に、その人の実力って何となく分かりませんか?

みなさんも、「この相手、全然こっち見て無いな・・・」という相手、と試合すると思います。

どうでしょう、そういう相手なら楽に勝てそうじゃないですか?

実際、サーブでかなりパワーを使ってますしね。

みなさんはあくまで余裕を持って、視野を広く、サーブを打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

    今回は、スピンサーブの安定感について。私自身、高校時代にこの感…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「スピンサーブが落ち切らないでオーバーフォルトしてしまう」人は、しっかり上にラケットを抜くことで良い…

    スピンサーブを安定させるには、高い軌道でしっかりサービスライン手前で変…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ファーストサーブはスーパーセカンドサーブ」テニスの試合、サービスゲームで意識したいポイント

    試合中、ストロークが入らなくなったらどうする?原因は色々考えら…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「2回連続は、絶対にダメ!」ダブルフォルトを繰り返さない為に、切り替えるコツ4つ

    ダブルフォルト、皆さんは試合の中で最大何回くらい経験ありますか?…

  5. テニス ボレー

    サーブ

    伸びのあるサーブを打つには、「膝と肘を落として沈み込むタイミング」が必要です

    試合で求められるサーブ、それはバウンド後の伸び。しっかり下から…

  6. サーブ

    「1人でも出来るサーブ練習を工夫したい!」よりテニスの試合に近い感覚を養う為の4つのアイデア

    テニスコート、または壁とボールさえあれば個人練習ができる「サーブ練習」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 守備

    ストローク

    浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!
  2. テニス メンタル

    メンタル

    緊張しないように、という時点で既に緊張している
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「チャンスだ!ボレーで決めれる!」ときにこそ、パワーではなく強気にコースで勝負し…
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「たまたま調子が悪い日」を無くす5つの方法
  5. 練習メニュー

    「こんな練習で試合中の集中力UP!」テニスの試合で本当に必要なショットを磨こう!…
PAGE TOP