テニス 戦術

ダブルス

並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。

こういう方って、発想を変えましょう。

テニススクールで習うこと、はあくまで基本。

基本だけでは試合に勝てない、という事実に目を向けていくべきでしょう。

深いボレーはもちろん大事ですが、それだけで並行陣は勝てないのです。

 

並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

 


 

1.アナタにとっての基本は、相手にとっても基本

まぁ、そうですよね。

サーブ&ボレーで並行陣、深いファーストボレー。

教科書通りのショットですが、これって相手も慣れた形だと思いませんか?

スクールでもサークルでも、しっかり練習している形、だと思います。

一見深いボレーで並行陣が優位なようで、相手は全く動じていない。

むしろ、ボレーを打たせてそこからストロークやロブで攻撃、が得意な相手が非常に多い。

この現実に、そろそろ目を向けていかないとダメです。

 

2.並行陣、浅いボレーだって使える

私なんかは、どんどん浅いボレーを打ちます。

ドロップ、という感じでもないんですが、相手が深い位置にいるのに、ただ深く打つだけなんてもったいない。

だったら相手の後衛の前のスペースを突いたり、相手の前衛にボレーさせてどんどん展開を速くしていく。

深いボレー、ももちろん使いますよ。

でもそれは、浅いボレーを活かすため。

深く打っているだけ、ならこのストローク全盛期の時代、ボレー側がやられて当然。

上手くバリエーションを見せていかないと、並行陣は厳しいんです。

 

3.いつでも浅く打てる、心構えが大事

並行陣で頑張るみなさん、まずこのイメージを大事にしましょう。

いつでも、浅く打って相手を揺さぶれる。

厳しいコースじゃなくても、相手の前を狙うことが出来るのは、大きな武器になります。

深いボレー、だけに集中してしまうと、力んでアウトする可能性も高いですからね。

並行陣は粘りの陣形、ですが、その粘りもただ深いボレーだけ、だと心もとない。

そういう相手を、みなさんは倒していかないといけない訳ですからね。

 

4.基本でキレイな形、に固執しないこと

今回、私が言いたかったのはこれです。

並行陣、コーチがプレーするような感じ、だけでは試合に勝てない。

どこでポイントをフィニッシュさせるのか?と言えば、それはドロップ系のショットやスマッシュでしょう。

深いボレー、で相手のミスは誘えます。

でも、ミスが少ない相手ならどうですか?

粘られて、最後はこっちがボレーをアウトミス、がすごく多いのが現実の試合でしょう。

並行陣の考え方、もっと柔軟にしておくことをお勧めします。

 

実際に、試合で使える並行陣はこんな感じ。

相手の後衛の前、を使わないと辛いですよ。

深いボレー、ばかりじゃ勝てないし相手の前衛にもポーチされる。

アナタ自身必要なこと、を考えればプレーに幅が出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識するべきこととは?

    部活やサークルで、「この人、自分より全然上手いなー」と感じている人と、…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合でのリターンからの攻撃パターンとして、「ストレートアタックから味方の前衛が詰める」作戦…

    「ダブルスで、どう戦って良いか全く分からない!」というザックリした質問…

  3. テニス ボレー
  4. ダブルス

    ストレートを抜かれても、カバーできる後衛はどんな感じ?

    ダブルスの試合で、雁行陣でのラリー。そこから味方の前衛が動いた…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!

    ダブルスの試合でしばしば議論にあがる、この問題。相手ペアに実力…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで
  2. テニス メンタル

    戦術

    どんなレベルだろうが、試合に出ている人は強くなる
  3. テニス メンタル

    リターン

    曲がるスライスサーブに対しては、「打点に近付き過ぎるくらい」で、ちょうど良いリタ…
  4. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で、「ネットプレイヤーの足元を狙い過ぎる」とネットミスが増えるので危…
  5. その他

    今日、私は「本物の魔物」を観て来たと思う
PAGE TOP