テニス 戦術

ダブルス

並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。

こういう方って、発想を変えましょう。

テニススクールで習うこと、はあくまで基本。

基本だけでは試合に勝てない、という事実に目を向けていくべきでしょう。

深いボレーはもちろん大事ですが、それだけで並行陣は勝てないのです。

 

並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

 


 

1.アナタにとっての基本は、相手にとっても基本

まぁ、そうですよね。

サーブ&ボレーで並行陣、深いファーストボレー。

教科書通りのショットですが、これって相手も慣れた形だと思いませんか?

スクールでもサークルでも、しっかり練習している形、だと思います。

一見深いボレーで並行陣が優位なようで、相手は全く動じていない。

むしろ、ボレーを打たせてそこからストロークやロブで攻撃、が得意な相手が非常に多い。

この現実に、そろそろ目を向けていかないとダメです。

 

2.並行陣、浅いボレーだって使える

私なんかは、どんどん浅いボレーを打ちます。

ドロップ、という感じでもないんですが、相手が深い位置にいるのに、ただ深く打つだけなんてもったいない。

だったら相手の後衛の前のスペースを突いたり、相手の前衛にボレーさせてどんどん展開を速くしていく。

深いボレー、ももちろん使いますよ。

でもそれは、浅いボレーを活かすため。

深く打っているだけ、ならこのストローク全盛期の時代、ボレー側がやられて当然。

上手くバリエーションを見せていかないと、並行陣は厳しいんです。

 

3.いつでも浅く打てる、心構えが大事

並行陣で頑張るみなさん、まずこのイメージを大事にしましょう。

いつでも、浅く打って相手を揺さぶれる。

厳しいコースじゃなくても、相手の前を狙うことが出来るのは、大きな武器になります。

深いボレー、だけに集中してしまうと、力んでアウトする可能性も高いですからね。

並行陣は粘りの陣形、ですが、その粘りもただ深いボレーだけ、だと心もとない。

そういう相手を、みなさんは倒していかないといけない訳ですからね。

 

4.基本でキレイな形、に固執しないこと

今回、私が言いたかったのはこれです。

並行陣、コーチがプレーするような感じ、だけでは試合に勝てない。

どこでポイントをフィニッシュさせるのか?と言えば、それはドロップ系のショットやスマッシュでしょう。

深いボレー、で相手のミスは誘えます。

でも、ミスが少ない相手ならどうですか?

粘られて、最後はこっちがボレーをアウトミス、がすごく多いのが現実の試合でしょう。

並行陣の考え方、もっと柔軟にしておくことをお勧めします。

 

実際に、試合で使える並行陣はこんな感じ。

相手の後衛の前、を使わないと辛いですよ。

深いボレー、ばかりじゃ勝てないし相手の前衛にもポーチされる。

アナタ自身必要なこと、を考えればプレーに幅が出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでの守備はセンターセオリーを徹底すれば、同レベルの試合に勝てる

    ダブルスの並行陣、皆さんはセンターを守る意識、どの程度あるでしょうか?…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス 準備

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」ことが大事

    私自身、最近はミックスダブルスに出る機会が多く、色々と研究する毎日です…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛に捕まった後は、ほとんどの選手が後衛側に逃げていく

    ダブルスの試合、よくある光景。あるある、なことに気付くことが、…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    初めてペアを組んでの試合なら、この3つだけは確認しておこう

    初めて組む人と、試合に出る。なかなか難しいシチュエーションです…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。並行陣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 観察

    メンタル

    テニス部のキャプテンとして大事なたった一つのこと、「しっかりと仲間を観る」ことの…
  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークをダウンザラインへ打ち分ける、一瞬の間を自分で作ってみよう
  3. テニス メンタル

    その他

    テニスコート脇で「スウェットばかり履いている人」が、大事な試合で勝てないその理由…
  4. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    前衛は後衛を褒め、後衛は前衛を褒めるから強くなる
PAGE TOP