テニス 戦術

ダブルス

並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。

こういう方って、発想を変えましょう。

テニススクールで習うこと、はあくまで基本。

基本だけでは試合に勝てない、という事実に目を向けていくべきでしょう。

深いボレーはもちろん大事ですが、それだけで並行陣は勝てないのです。

 

並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

 

1.アナタにとっての基本は、相手にとっても基本

まぁ、そうですよね。

サーブ&ボレーで並行陣、深いファーストボレー。

教科書通りのショットですが、これって相手も慣れた形だと思いませんか?

スクールでもサークルでも、しっかり練習している形、だと思います。

一見深いボレーで並行陣が優位なようで、相手は全く動じていない。

むしろ、ボレーを打たせてそこからストロークやロブで攻撃、が得意な相手が非常に多い。

この現実に、そろそろ目を向けていかないとダメです。

 

2.並行陣、浅いボレーだって使える

私なんかは、どんどん浅いボレーを打ちます。

ドロップ、という感じでもないんですが、相手が深い位置にいるのに、ただ深く打つだけなんてもったいない。

だったら相手の後衛の前のスペースを突いたり、相手の前衛にボレーさせてどんどん展開を速くしていく。

深いボレー、ももちろん使いますよ。

でもそれは、浅いボレーを活かすため。

深く打っているだけ、ならこのストローク全盛期の時代、ボレー側がやられて当然。

上手くバリエーションを見せていかないと、並行陣は厳しいんです。

 

3.いつでも浅く打てる、心構えが大事

並行陣で頑張るみなさん、まずこのイメージを大事にしましょう。

いつでも、浅く打って相手を揺さぶれる。

厳しいコースじゃなくても、相手の前を狙うことが出来るのは、大きな武器になります。

深いボレー、だけに集中してしまうと、力んでアウトする可能性も高いですからね。

並行陣は粘りの陣形、ですが、その粘りもただ深いボレーだけ、だと心もとない。

そういう相手を、みなさんは倒していかないといけない訳ですからね。

 

4.基本でキレイな形、に固執しないこと

今回、私が言いたかったのはこれです。

並行陣、コーチがプレーするような感じ、だけでは試合に勝てない。

どこでポイントをフィニッシュさせるのか?と言えば、それはドロップ系のショットやスマッシュでしょう。

深いボレー、で相手のミスは誘えます。

でも、ミスが少ない相手ならどうですか?

粘られて、最後はこっちがボレーをアウトミス、がすごく多いのが現実の試合でしょう。

並行陣の考え方、もっと柔軟にしておくことをお勧めします。

 

実際に、試合で使える並行陣はこんな感じ。

相手の後衛の前、を使わないと辛いですよ。

深いボレー、ばかりじゃ勝てないし相手の前衛にもポーチされる。

アナタ自身必要なこと、を考えればプレーに幅が出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で「後衛がワイドに打ったら、前衛は・・・?」の問題について

    よく言われる、「ワイドに打ったら、ワイドをケア!」「ストレート…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンをストレートに展開する」メリット5つ

    かつてダブルスの名手として活躍した杉山愛選手。彼女がいつも口に…

  3. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

    Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  5. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「ポーチからのチェンジプレー」を取り入れるだけで、劇…
  2. テニス ポジショニング

    練習メニュー

    テニスの練習の質を上げたければ、個人テーマの準備は欠かせない
  3. テニス 戦術

    メンタル

    試合では、良いポイントを3つ続けるのが大変なんです
  4. その他

    テニス部の後輩には、「自分の武勇伝よりも失敗談」を話す方が、きっと良い信頼関係が…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    サーブのときのトスアップは、「自分の足元にターゲット」を作って練習しよう!
PAGE TOP