テニス 練習

スマッシュ

打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。

何度も、「ロブは落とさない、任せないで自分で打つ」を推奨してきましたが、こういう深いロブにはどう対抗するのか。

そのアイデアは、たくさん持っておかないといけないですよね。

もう、スマッシュの発想を変えてしまうくらい、の気持ちで良いと思いますよ。

やっと届くようなスマッシュ、はどうしていくのが良いのか。

イメージしながら読んでみて下さい。

 

打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

 


 

1.思い切って上方向に打って逃げる

スマッシュは下に打つ、だけじゃありません。

本当に深くて厳しいロブなら、私は上方向、空に向かって大きく打って時間を稼ぐ。

インドアコートなら厳しいですが、アウトドアコートならこれが出来ます。

相手コートの深い位置、にバウンドするようなイメージで、ラケット動作はボレーのように打ったら止める。

とにかく、山なりで高い軌道で打つイメージ。

逃げると書きましたが、相手に優位性は渡さないような感じで打ちたいですね。

 

2.ドロップボレーに切り替える

これは、かなり思い切った策です。

1.で書いたような形で、今度はこれを浅く打つ。

当然、甘いドロップボレーで良いんです。

何せ、打点も後ろだし下がりながらスマッシュの打点、で打つ訳ですから。

でも、これって意外と効果ありますよ。

だって相手は、スマッシュを警戒して下がってくれてます。

甘いドロップボレーでも良い、と思ってラケット動作を止めて浅く落としてみる。

大胆な策ですが、女性にもお勧めのアイデアです。

 

3.手首のスナップだけで打つ

厳しいロブ、だったらこの技術も欠かせません

大事なのは、しっかり力の入る打点で打つことですね。

高過ぎてもダメだし、低すぎても難しい。

自分の頭上、より少し後ろでも、手首を折ってスマッシュ、打てるはずです。

コツとしては、ラケットの先に近い場所で当てること。

グリップに近い場所だと、手首に負担がかかるし、強いボールが打てない。

ラケットの先で当てる意識、でかなり楽に打てるはずです。

 

4.スライス回転をかけて打つ

どうしようもなく深い、ロブはスライスの方が打ちやすい。

右利きの方ならボールの右側、を捕らえてなんとか返球する。

回転をかけて打てば、相手もそう簡単に攻撃しては来れないですから。

回転をかけて打てば、結構入るものですよ、スマッシュも。

スライス回転でのスマッシュ、ぜひ練習してみて下さい。

 

厳しいロブでも、自分の中で返せる自信があるかどうか。

これって、結構大事ですよ。

コツをつかんでいる、何とかなるという自信があれば、自然と打ちにいくことが出来ますからね。

深いロブ、を打ってこそのスマッシュですから。

女性の方、シニアの方も、積極的にいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュでパンチ力が欲しい人は、プロネーションを使って弾こう

    スマッシュが上手い人って、最後軽く手首だけで打っているように見えません…

  2. スマッシュ

    「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

    試合でよく見る、スマッシュミス。初中級者のほとんどは、その振り…

  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ・・・?

    スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。…

  4. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない

    「ロブが上がると、どうしても怖くてハイボレーでカットしてしまいます」…

  5. スマッシュ

    スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?

    試合でしっかり、スマッシュを決める。なんと、難しいことなんでし…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    ハイボレーでミスが続くときには、スマッシュに切り替えるのも作戦として有り

    ハイボレーって、チャンス?でしょうか。意外と、バックボレーなん…

特集記事

  1. フットワーク

    「どっちの足から決めるの?」が、ストロークの生命線
  2. テニス シングルス

    ダブルス

    ダブルスで味方ペアのミスに腹を立ててばかりの人は、「ミスについての考え方を変える…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    深いボールに振り遅れる人は、「ターンの速さ」の改善で強くなれる!
  4. テニス 知識

    テニス知識

    冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークのとき、「腕を止めてラケットが走る」を意識してみよう
PAGE TOP