テニス 練習

スマッシュ

打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。

何度も、「ロブは落とさない、任せないで自分で打つ」を推奨してきましたが、こういう深いロブにはどう対抗するのか。

そのアイデアは、たくさん持っておかないといけないですよね。

もう、スマッシュの発想を変えてしまうくらい、の気持ちで良いと思いますよ。

やっと届くようなスマッシュ、はどうしていくのが良いのか。

イメージしながら読んでみて下さい。

 

打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

 

1.思い切って上方向に打って逃げる

スマッシュは下に打つ、だけじゃありません。

本当に深くて厳しいロブなら、私は上方向、空に向かって大きく打って時間を稼ぐ。

インドアコートなら厳しいですが、アウトドアコートならこれが出来ます。

相手コートの深い位置、にバウンドするようなイメージで、ラケット動作はボレーのように打ったら止める。

とにかく、山なりで高い軌道で打つイメージ。

逃げると書きましたが、相手に優位性は渡さないような感じで打ちたいですね。

 

2.ドロップボレーに切り替える

これは、かなり思い切った策です。

1.で書いたような形で、今度はこれを浅く打つ。

当然、甘いドロップボレーで良いんです。

何せ、打点も後ろだし下がりながらスマッシュの打点、で打つ訳ですから。

でも、これって意外と効果ありますよ。

だって相手は、スマッシュを警戒して下がってくれてます。

甘いドロップボレーでも良い、と思ってラケット動作を止めて浅く落としてみる。

大胆な策ですが、女性にもお勧めのアイデアです。

 

3.手首のスナップだけで打つ

厳しいロブ、だったらこの技術も欠かせません

大事なのは、しっかり力の入る打点で打つことですね。

高過ぎてもダメだし、低すぎても難しい。

自分の頭上、より少し後ろでも、手首を折ってスマッシュ、打てるはずです。

コツとしては、ラケットの先に近い場所で当てること。

グリップに近い場所だと、手首に負担がかかるし、強いボールが打てない。

ラケットの先で当てる意識、でかなり楽に打てるはずです。

 

4.スライス回転をかけて打つ

どうしようもなく深い、ロブはスライスの方が打ちやすい。

右利きの方ならボールの右側、を捕らえてなんとか返球する。

回転をかけて打てば、相手もそう簡単に攻撃しては来れないですから。

回転をかけて打てば、結構入るものですよ、スマッシュも。

スライス回転でのスマッシュ、ぜひ練習してみて下さい。

 

厳しいロブでも、自分の中で返せる自信があるかどうか。

これって、結構大事ですよ。

コツをつかんでいる、何とかなるという自信があれば、自然と打ちにいくことが出来ますからね。

深いロブ、を打ってこそのスマッシュですから。

女性の方、シニアの方も、積極的にいきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    スピンサーブが打てる男性なら、スピンスマッシュを積極的に使っていこう!

    スマッシュが得意な人は、回転をかけるのが上手い。でも、サーブな…

  2. テニス スマッシュ
  3. テニス ポーチ
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない

    ダブルスの試合、前衛でまずいプレーの代表格。それは間違いなく、…

  5. テニス 準備

    スマッシュ

    テニスの試合で、「発想の転換でスマッシュ上手になれる」為に必要な意識とは?

    スマッシュは特に、パワフルなショット、というイメージが皆さんの中にはあ…

特集記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    自由度が高いシングルスの試合、実は出来ることってすごく少ないかも知れない
  2. テニス 序盤

    日々の雑記

    「何が足りないか?何が通用しないのか?」を、最近考えました?
  3. テニス ストローク

    戦術

    ボレーを振ってミス、はラケット面が変わるから起きるミスが8割以上
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「デュースサイドからセンターへのスライスサーブ」は試合で有効なボディサーブに!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨…
PAGE TOP