テニス ボレー

ボレー

ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。

ボールのどこを触るのか、をしっかり考えれば自然とコントロールも良くなるはず。

慌てないで、硬式テニスならではの感覚、でのボレーで良いと思います。

 

ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

 

1.ハイボレーが難しいのは、ラケットが内側になるから

実際、試合でよくハイボレーのミス、見かけますよね。

弾かれたり、ふかしたり・・・この要因って、実はシンプル。

ラケットが、しっかり自分の身体から離れてボールの外側、に入っているかどうかが大事。

外側、つまりは自分とラケットの間にボールがある状態、をしっかり作る。

ここまで出来れば、しっかりコントロール出来ますからね。

ラケットセットの位置、をしっかりハイボレーは確認しましょう。

後ろに引かない、だけどしっかり上にセットして顔から離す、のが大事なコツです。

 

2.ローボレーを、同じように打つと・・・

今度は、なかなか力が入らない。

低い位置、でボールを触るなら、身体と少し近めの距離が良いでしょう。

ローボレーを外から打とうとすると、難しいですよ。

ラケットセットも、身体に近めで良い。

本当に低いボールは、ラケットヘッドを下げてボールと自分の身体の間に入れる、くらいで良いでしょう。

打点が近め、の時にはラケットは動かし過ぎないで、ラケット面でボールを飛ばすことに集中する。

これで充分、良いボレーが打てるはずです。

 

3.遠いボールに腕だけ伸ばす、のは怪我の元

ハイボレーでもローボレーでも、基本は身体を寄せていくこと。

腕だけ伸ばす、のは本当に緊急時だけ。

こういうボレーが癖付いてしまうと、怪我が増えていくんですよね・・・相手の重いボール、で手首を痛めますから。

ラケットの使い方、はフットワークあってこそ。

しっかりボールに寄っていく、意識を大事にしましょう。

 

4.恐怖心がどこかにあると、ボレーは上達しない

実際に、上級クラスの方でもまだ恐怖心が強い人が多い。

女性の方、で特に多いですかね。

確かに、怖い気持ちは分かりますけど、試合に勝ちたいなら、その恐怖を乗り越えていかないと。

顔にさえ当たらなければ、大ケガにはなりませんから。

向かっていく、ボールを恐れない意識、がネットプレーの土台には必要。

それが身に付いて来ると、このラケットワークはより活きて来るはずです。

 

外側からか、内側からか。

ボレーの打ち方は、大きく分けるとこんな感じです。

あくまで私のコツですので、やってみて違うと感じたら戻せば良いだけの話。

ボレーって、ちょっとしたコツで開眼するから面白いですよ。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?

    俺の中でボレーというのは特別である。テニスを始めた高校生の頃、…

  4. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

    ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。前衛のプレーって、…

  5. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシャーの第一歩!

    大阪にある府立北かわち皐ヶ丘高校で、2カ月に一回くらい授業をしている。…

  6. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち過ぎ

    これはダブルスに限った話では無いのですが・・・。ボレーを打つ、とい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「おうちで出来る練習」は工夫次第でテニスの上達の助けになります!
  3. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合で相手の嫌なことをやり続ける、勇気はあるか?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    アナタにとって、「バックハンドストロークの試合の中での位置づけ」は、ハッキリして…
  5. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法
PAGE TOP