テニス ボレー

ボレー

ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。

ボールのどこを触るのか、をしっかり考えれば自然とコントロールも良くなるはず。

慌てないで、硬式テニスならではの感覚、でのボレーで良いと思います。

 

ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

 


 

1.ハイボレーが難しいのは、ラケットが内側になるから

実際、試合でよくハイボレーのミス、見かけますよね。

弾かれたり、ふかしたり・・・この要因って、実はシンプル。

ラケットが、しっかり自分の身体から離れてボールの外側、に入っているかどうかが大事。

外側、つまりは自分とラケットの間にボールがある状態、をしっかり作る。

ここまで出来れば、しっかりコントロール出来ますからね。

ラケットセットの位置、をしっかりハイボレーは確認しましょう。

後ろに引かない、だけどしっかり上にセットして顔から離す、のが大事なコツです。

 

2.ローボレーを、同じように打つと・・・

今度は、なかなか力が入らない。

低い位置、でボールを触るなら、身体と少し近めの距離が良いでしょう。

ローボレーを外から打とうとすると、難しいですよ。

ラケットセットも、身体に近めで良い。

本当に低いボールは、ラケットヘッドを下げてボールと自分の身体の間に入れる、くらいで良いでしょう。

打点が近め、の時にはラケットは動かし過ぎないで、ラケット面でボールを飛ばすことに集中する。

これで充分、良いボレーが打てるはずです。

 

3.遠いボールに腕だけ伸ばす、のは怪我の元

ハイボレーでもローボレーでも、基本は身体を寄せていくこと。

腕だけ伸ばす、のは本当に緊急時だけ。

こういうボレーが癖付いてしまうと、怪我が増えていくんですよね・・・相手の重いボール、で手首を痛めますから。

ラケットの使い方、はフットワークあってこそ。

しっかりボールに寄っていく、意識を大事にしましょう。

 

4.恐怖心がどこかにあると、ボレーは上達しない

実際に、上級クラスの方でもまだ恐怖心が強い人が多い。

女性の方、で特に多いですかね。

確かに、怖い気持ちは分かりますけど、試合に勝ちたいなら、その恐怖を乗り越えていかないと。

顔にさえ当たらなければ、大ケガにはなりませんから。

向かっていく、ボールを恐れない意識、がネットプレーの土台には必要。

それが身に付いて来ると、このラケットワークはより活きて来るはずです。

 

外側からか、内側からか。

ボレーの打ち方は、大きく分けるとこんな感じです。

あくまで私のコツですので、やってみて違うと感じたら戻せば良いだけの話。

ボレーって、ちょっとしたコツで開眼するから面白いですよ。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでは、「自分の肘を胸の前の位置に残す」意識で改革しよう

    どんなに意識しても、ボレーでラケットを振ってしまう人。具体的に…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    打点が遠いボレーほど、シンプルで良い

    ボレーで無理している人は、意外と試合で多いように思います。特に…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの連続性は、「バックボレーの後の構え直し」のスピードにかかってくる

    ネットプレーでのスピード感。何度も、打った後の「構え直し」が大…

  4. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに苦手意識がある人は、「無意識のうちに、身体が逃げていっている」ことに早く気付こう!

    テニスはメンタルや思考が、プレーに現れる。気付いていない人も多…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーで必要な、「スピン回転で沈んでくるボール」を、なぜスライスでボレーするのが難しいのか?

    スピンで足元に沈んでくるストロークを、ボレーで返球するのは難しい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ダブルス

    ダブルスの試合で「相手の繋ぎのボール」を潰せば、勝機は見えてきます!
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    成功体験が少ないテニス選手に、ミスを責めても何も発展しない
  3. メンタル

    テニス選手にとっての基本、「自分が打った全ボールを信じ切る」ことは意外と実践出来…
  4. テニス ストローク

    戦術

    「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる
  5. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある
PAGE TOP