テニス リターン

ボレー

テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処理が難しい

低い位置でのボレー、出来ることなら打ちたくないショットですよね。

それでも並行陣の後衛や、サーブ&ボレー等ではこのプレーが出来ないと相手から沈められたら終わりになってしまいます。

ボレーの基本はラケットヘッドをしっかり立てて、態勢を低くして踏み込んでいく・・・ことですが、逆にラケットヘッドを落としたボレーではどんなプレーが出来るでしょうか?

きっとそこには、アナタのプレーの幅を広げるヒントがあるはずです。

 

テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処理が難しい

 

テニス ボレー

 

■沈められたら、思い切ってドロップボレーの選択も有り

ストロークを沈められたら、当然ネットより低い位置でのボレーが求められます。

深くボレーを返球するには、アウトが怖い。

であれば、少し山なりでもドロップボレーで「前に逃げる」という判断も有りだと思います。

そのときには、ラケットヘッドを落としてボールの横を優しく捉えるような、タッチプレーが出来ると便利。

ラケットヘッドを落とせば、飛ぶ角度も付けやすく、相手の取りにくい場所に打てるようになるはずです。

 

■見た目以上に、難しくないこのボレー

このボレーは、やったことが無い選手からすると「上手いなぁ・・・」と感じるようですが、実際はそうではありません。

簡単ではありませんが、足元に沈められたボールを深く返球するほうがよっぽど難しい。

大事なのは、しっかり横向きを作ってボールの横にラケットを入れてスライス回転をかけること。

フォアでもバックでも、この基本さえ身に付ければ見た目以上にシンプルで楽に打てるはずです。

 

■難しい・・・という人は、相手が打つ前に自分のプレーを決めてしまおう!

ボレーに苦手意識が強い人は、判断が遅い。

思い切って、「この場面では、沈められたらドロップボレー」という風に、最初から決めておくと良い

相手が打ってきてからでは、遅い。

最低限、フォアのハイボレー、ローボレー、そしてバック側の4パターンを準備しておけるようにしましょう

打った結果が甘くなっても、大丈夫。

自分で準備していたショットであれば、その後の反応も自然に良くなるはずです。

 

常識を疑ってみる、ということはテニスにおいても大事です。

人から教わることは大事ですが、それを自分の中で考え直して研究してみる。

当然自分の得意不得意、体格も違います。

ボレーの基本を少し崩せば、今まで難しかったショットが逆に打ちやすくなることだってあるのです。

試合で勝つ為に、細かい技術も研究していきましょう!

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで足元に強くなるには、「ハーフボレーでのボレーボレー」を練習に取り入れよう

    普段皆さんも実践しているであろう、ボレー同士のラリー、ボレーボレー。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    硬式テニスのボレーでは、打球が飛ぶ方向とフォロースルーの方向は、必ずしも一致しない

    ボレーのコントロール、皆さんはどんなポイントを意識していますか?…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロックボレー」を身に付けよ…

    ダブルスでストレートアタック、をされたときに、しっかり返球出来るかどう…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す

    身体に近いところの、ボレーは難しい。そう感じること、ありますよ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの高等技術「ハーフボレー」は、膝曲げ押し出し打点前、で誰でも身につきます

    テニスの試合の中で、サービスライン付近で打つ機会が多いハーフボレー。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽しくなる!

    テニスはレベルが上がれば上がるほど、「ボールの回転」でコースやスピード…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    高いロブをスマッシュで打つのに、必要なのは「速い振り出し」だった!
  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合で、体力の消耗を抑えることが出来る20の小技
  3. テニス 部活

    メンタル

    5分で覚える、大事な「テニスの試合前の過ごし方」について
  4. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的…
  5. 戦術

    試合で使える「チップ&チャージ」の基本5つ
PAGE TOP