テニス メンタル

ボレー

苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

球際に強い選手が、ネットプレーもしぶとい。

飛びつくようなボレーでも何とか返球してきて、なかなか決めさせてくれないですよね。

こういうしぶとい1ポイント、が試合の結果を大きく左右するのがテニス。

ちょっとした意識で、アナタ自身のネットプレーにも粘りが加わるはずです。

 

苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

 


 

1.苦しいと、人は現実から目を背けたくなる

きっと、みなさんもそうだと思います。

相手から攻撃される、苦しい状態になるとつい私たちは目を背けたくなるんです。

こういう、攻撃されて苦しいような場面では、ボールを最後まで見れない人が多い。

どこか、雑になって来るんですよ。

何となく「えい!」と打って、あとは入るかどうか運任せ。

気付かないうちに、これがアナタ自身のテニスになっている可能性大、です。

 

2.最後に顔を残すから、ラケットの真ん中に当たる

相手が攻撃してくるなら、しっかりラケットの真ん中に当てないと。

厳しい攻撃、は当たり損ないでは返球出来ないでしょうから。

そう考えると、当たる瞬間にしっかり顔を残す、打点を見続ける。

この意識が、かなり大事になって来るんです。

顔を残してボールを見れば、きっと1球はしっかり返球出来るはず。

この1球の粘り、が相手にとっては脅威になる。

全てはアナタ次第、です。

 

3.触れるなら絶対に、テニスは返球出来る

ボレーでも、触れるならチャンスはある。

きっと、もっと守備力は上げていけるはずなんです。

触ったボールは返球出来る、だからこそテニスは守備力が高くなる。

でも、ほとんどの人は「今のは無理だったな・・・」と思って、諦める。

成長する人は、こういうボールでも返球出来たと思って悔しがる。

この差って、結構大きいですよ。

テニスの守備力、粘りって、最後までボールを見れるかどうか、ですからね。

 

4.丁寧さに勝る技術は無い

テニスでは、最後はこれ。

丁寧な選手、プレーが、絶対に強い。

特にネットプレーではそうですね。

気持ち良く、強いボールばっかり打っている人は、なかなか試合で粘りが生まれない。

自分で攻撃してエースを取ったポイントも、凌いで取ったポイントも、同じ1ポイント。

相手からミスをもらう、ような粘りって本当に試合で大事なんですよ。

現実から目を背けないで、最後まで諦めない、でボールを見る。

これだけで、かなり試合巧者になれると思いますよ。

 

ちょっとしことですが、テニスの粘りって作れるもの。

メンタルの強さでも反射神経、でもなく当たり前のことをやるということ。

粘り強いネットプレー、ボレーがあるだけで、相手はかなり嫌ですよ。

最後の最後まで、ボールを見る意識、ぜひ練習から持ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?

    俺の中でボレーというのは特別である。テニスを始めた高校生の頃、…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント

    ボレーのパンチ力アップ、みなさんの課題の一つじゃないでしょうか。…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実

    先日、ある女子ダブルスの草トーナメントを見る機会がありました。…

  4. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処理が難しい

    低い位置でのボレー、出来ることなら打ちたくないショットですよね。…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?

    ハイボレー、カットボレーを使う機会、特にダブルスで多いですよね。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    コンパクトなボレーの打ち方は、「ラケットが収まる場所」を作ることで完成します

    ボレーの安定感は、シンプルさ。多少はラケットを動かしつつも、基…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「回り込みフォアハンドの逆クロスを、あえて少し浅目に打つ」ことで、相手を揺さぶる…
  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスで、前衛が「ポーチに動いたけど、触れなかった」ときに、後衛はまず時間を稼…
  3. 戦術

    試合で使える戦術は、「攻撃は守備的に、守備は攻撃的に」がキーワード
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「片手バックハンドボレーが安定しない・・・」人は、テニスの試合の中でスロートを持…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    あるレベルを超えると、「試合の流れを断ち切るサービスエース」が打てる選手が増える…
PAGE TOP