テニス メンタル

ボレー

苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

球際に強い選手が、ネットプレーもしぶとい。

飛びつくようなボレーでも何とか返球してきて、なかなか決めさせてくれないですよね。

こういうしぶとい1ポイント、が試合の結果を大きく左右するのがテニス。

ちょっとした意識で、アナタ自身のネットプレーにも粘りが加わるはずです。

 

苦しいネットプレーこそ、最後までボールを見よう

 


 

1.苦しいと、人は現実から目を背けたくなる

きっと、みなさんもそうだと思います。

相手から攻撃される、苦しい状態になるとつい私たちは目を背けたくなるんです。

こういう、攻撃されて苦しいような場面では、ボールを最後まで見れない人が多い。

どこか、雑になって来るんですよ。

何となく「えい!」と打って、あとは入るかどうか運任せ。

気付かないうちに、これがアナタ自身のテニスになっている可能性大、です。

 

2.最後に顔を残すから、ラケットの真ん中に当たる

相手が攻撃してくるなら、しっかりラケットの真ん中に当てないと。

厳しい攻撃、は当たり損ないでは返球出来ないでしょうから。

そう考えると、当たる瞬間にしっかり顔を残す、打点を見続ける。

この意識が、かなり大事になって来るんです。

顔を残してボールを見れば、きっと1球はしっかり返球出来るはず。

この1球の粘り、が相手にとっては脅威になる。

全てはアナタ次第、です。

 

3.触れるなら絶対に、テニスは返球出来る

ボレーでも、触れるならチャンスはある。

きっと、もっと守備力は上げていけるはずなんです。

触ったボールは返球出来る、だからこそテニスは守備力が高くなる。

でも、ほとんどの人は「今のは無理だったな・・・」と思って、諦める。

成長する人は、こういうボールでも返球出来たと思って悔しがる。

この差って、結構大きいですよ。

テニスの守備力、粘りって、最後までボールを見れるかどうか、ですからね。

 

4.丁寧さに勝る技術は無い

テニスでは、最後はこれ。

丁寧な選手、プレーが、絶対に強い。

特にネットプレーではそうですね。

気持ち良く、強いボールばっかり打っている人は、なかなか試合で粘りが生まれない。

自分で攻撃してエースを取ったポイントも、凌いで取ったポイントも、同じ1ポイント。

相手からミスをもらう、ような粘りって本当に試合で大事なんですよ。

現実から目を背けないで、最後まで諦めない、でボールを見る。

これだけで、かなり試合巧者になれると思いますよ。

 

ちょっとしことですが、テニスの粘りって作れるもの。

メンタルの強さでも反射神経、でもなく当たり前のことをやるということ。

粘り強いネットプレー、ボレーがあるだけで、相手はかなり嫌ですよ。

最後の最後まで、ボールを見る意識、ぜひ練習から持ってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる

    テニスの試合の中で、攻めているのに決まらない。毎回相手に返球さ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    「楽ちんボレーは、構えで決まる」プロテニス選手の肘の形を注意して見ると・・・?

    俺の中でボレーというのは特別である。テニスを始めた高校生の頃、…

  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す

    ボレーの反応が遅い、という自覚のある人。ぜひ意識して欲しいのは…

  4. ボレー

    ネットに詰めてアングルボレーは、ボールを横からビンタする感じ

    プロ選手のダブルスの試合、みなさんは動画で見る機会はありますか?…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「速いボールが怖い!」人は、辛いですがこういう練習が一番効果的です

    テニスのボールスピード、他の競技と比べてどうでしょうか。学生や…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

    ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。前衛のプレーって、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    その他

    出来るようになるを待つのではなく、出来ない技術こそ試合の表舞台に立たせてみること…
  2. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ
  3. その他

    「花粉症で喘息発作」で辛いときも効果的な呼吸法とは?
  4. ストローク

    「あなたは好きな打点を選べますか?」試合でとっさにコースを変えるテニスの技術、磨…
  5. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割
PAGE TOP