テニス知識

「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

いつもT-PRESSを読んで頂き、ありがとう御座います。

最近、始めてみました図入りの解説・・・いかがでしょうか。

とにかく、まずはやってみよう!と思って始めてみたものの、やっぱりなかなか良い画が書けないですみません。

でも、この図入りの記事の更新を始めて、こんなご質問をお二方から頂きました。

 

「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

 


 

1.「ホワイトボードを使ってるんですか?」

と聞かれましたが、実は違います。

私が使っているのは、本当に小さいサイズのノート型のボード。

「nu board」と呼ばれるモノで、これがなかなか優れものです。

A4サイズでバッグにも入るし、部活やサークルで練習内容を書いておいておくのに最適ですね。

こんな感じで、用紙を挟んで上から書けますので、便利です。

出典:https://obun.jp

 

私はテニスコートの図、をプリントして、挟んで使っています。

価格も2,000円くらいで、繰り返し使ってもなかなかキレイなままです。

 

2.備品は百均グッズで十分

もう見てお分かりの通り、磁石や付箋は全部百円均一。

これで十分だと思います。

汚れたらすぐに替えが効きますし、最近は磁石も色々な色がありますからね。

もっと活用して、良い記事を書けるように頑張っていきたいと思います。

部活やサークルで練習を説明したり、整理したりするのにも良いと思いますよ。

全部で3,000円もかかりませんから、部費を出し合って購入してみると良いでしょう。

 

3.撮影は、上からスマフォで?

これもご質問頂きました。

私も最初は、このボードに書いて上から撮影しようと思ってたんですが・・・これが上手くいかないんです。

手の影が入ったり、どうしても良い明るさにならない。

画像データにするには、どうするか・・・と思って色々探していたら、こんなのを見つけました。

「SNAP LITE」

出典:http://snaplite.jp/

5,000円かかってしまいましたが、使ってみるとコレが凄い。

何せ、スマートフォンをセットして、アプリで撮影が出来るのですごく楽なんです。

アプリを起動させたスマートフォンを上にセットして、後は下にあるボタンを押すだけ。

これだけで、撮影は完了!なんですね。

出典:http://fashionpost.jp/

スキャナーとして使える機能もあるみたいですから、ドロー表を写真データで保存したり、テニスプレイヤーとしても色々使えそうです。

 

 

自分で色々考えたり、整理したりするのが好きな方には、これらのグッズお勧めです!

全部揃えると8,000円くらいかかりますが、それで良い記事を書ける、テニスの上達につながるなら安いモノ。

ということで、これからもちょっとずつ使いこなしていきたいと思います。

温かく見守って頂ければと・・・。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ

    スポーツに怪我は付き物。テニスも選手同士の接触こそありませんが…

  2. テニス ダブルス

    テニス知識

    「リラックスして正五角形」が、基本の構え

    基本となるテニスの構え、皆さんは意識出来てますか?ストロークの…

  3. テニス テニスボール

    テニス知識

    テニスでは、試合と練習で使う「テニスボールが全然違う」ことを、みんな忘れてはいないか?

    試合と練習の違い、一番大きい要因は何か。私は、使うボールが全然…

  4. テニス 多動力

    テニス知識

    多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

    私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。その頃の話題の中心、…

  5. テニス トレーニング

    テニス知識

    プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

    「プッシュアップバー」という器具について、聞いたことはありますか・・・…

  6. テニス 前衛

    テニス知識

    将来テニスの指導者になりたい人は、「言葉」にして発信していこう

    読者の皆さんの中にも、今は現役選手だけど将来は指導者になりたい、と思っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 部活

    その他

    「チームの和を乱す実力者」は、アナタのチームに必要だろうか?
  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    素振りの練習で上手くなる人は、「色々なシチュエーションを想定して」素振りがやって…
  3. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せる…
  5. テニス ボレー

    その他

    「テニスのタッチプレーは、10代のうちに磨かないと伸び辛い」だからこそ、学生の皆…
PAGE TOP