リターン

ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

レベルが高い試合になってくると、試合を決めるのは1回ぶブレイク。

1セットマッチのような試合でも、これが勝敗の境目になることは多いですよね。

でも、私たち一般の試合なら、まだまだ1回のブレイク、くらいなら怖くない。

むしろ、反撃のチャンスくらいに考えておくこと、大事だと思いますよ。

乗っていけるような準備、アナタ自身の中で出来ているかどうか、が大事です。

 

ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

 

1.ブレイクされてから、がテニスは勝負!

実際の試合でも、こういう流れからの逆転、が多いでしょう。

ブレイクされるよりも、ブレイクバックされる方が精神的にキツイ。

せっかくのリードが無くなる、ときの絶望感こそ、付け入る隙があるのがテニスですから。

ブレイクされても、それはある意味チャンスだと。

ここを反撃していけば、そのままの流れで勝てる可能性だってある。

それくらい、乗っていけるチャンス、だと自覚すること。

思い込みでも良いので、この発想は大事だと思いますよ。

 

2.ブレイクされて落ち込んでる暇は無い

とにかく、テニスの試合は先手必勝。

試合時間も短い、落ち込んでいる時間なんて無い。

自分のサーブがブレイクされても、とにかくもうそれは事実ですから。

活かすしかない、と私は思いますよ。

ブレイクされたなら、それを活かして一気に差し切るようなテニスの試合をイメージしてみる。

「ブレイクバック、そこから乗っていくようなイメージ」を強く持って挑むこと、が大事なんです。

 

3.リードした相手は、ほとんどが一旦守りに入る

相手にブレイクされた、次の相手のサービスゲーム。

ここは、最初のポイント、その次のポイントが本当に大事。

相手は、リードを守りたいと思っているはずですから、そう突飛なことはしてこない。

普通の選手なら、無難な戦術で来るはずです。

そこで、アナタ自身が仕掛けていく。

リターンダッシュでも良いし、とにかく攻撃的にいく。

そうすることで、きっと相手は慌ててくれるでしょう。

そこでブレイク、出来ればもう流れはこちらのもの。

その攻撃的な姿勢を活かして、そのまま次の自分のサービスゲーム、に入っていける。

乗っていきたいのはこの場面、です。

 

4.追いついて安心する選手は、一生勝ち上がれない

ここで乗っていけるかどうか、が本当に大事。

勝ち抜いていける、結果を出し続ける選手は、追い付いた後に乗っていける勢い、があるんですよね。

追い付いた後、ブレイクバックで乗っていけるかどうか。

自分のサービスゲーム、でどういう工夫が出来るでしょうか?

もう、ここで相手の息の根を断つ、くらいの覚悟が大事ですから。

とにかく、自分の得意パターンを、しっかり確実に出し切ることですかね。

そうすれば、自然と試合もアナタのペースで収束、の方向で動いていくでしょう。

 

ノリが良いかどうか、ってテニス選手として大事です。

ましてやシングルスなら、自分で自分のノリもコントロールしていかないといけないですからね。

ブレイクバック、も全て想定内。

全部を準備して、自分の勝てる材料にしていくこと。

こういう視点、必要ですよ。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを越えないので注意

    リターンからのドロップショット、とまでいかなくても浅めにリターン出来る…

  2. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  3. テニス メンタル

    リターン

    「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点

    テニスの試合で、ダブルス巧者はリターン巧者。相手のサーブをどう…

  4. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう

    スライスサーブに関しては、右利き相手でも同じですが・・・これが基本。…

  5. テニス クレーコート

    リターン

    なぜフェデラー選手のリターンが凄いのか、を分析してみると・・・?

    昨日のウィンブルドン決勝、ご覧になった方も多いと思います。フェ…

  6. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは身体がブレないこと

    相手サーブが良いとき、左右に振られる機会はありますよね。リター…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スライス

    練習メニュー

    「ドロップショットとアングルショット」を磨く、2対1のラリー練習メニュー
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「女性に強く打てない…」と感じている男性がいれば、それ…
  3. テニス リターン

    その他

    真剣にテニスに取り組んでいれば、「理由無く人から嫌われることだってある」ことを覚…
  4. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について
  5. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている
PAGE TOP