リターン

ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

レベルが高い試合になってくると、試合を決めるのは1回ぶブレイク。

1セットマッチのような試合でも、これが勝敗の境目になることは多いですよね。

でも、私たち一般の試合なら、まだまだ1回のブレイク、くらいなら怖くない。

むしろ、反撃のチャンスくらいに考えておくこと、大事だと思いますよ。

乗っていけるような準備、アナタ自身の中で出来ているかどうか、が大事です。

 

ブレイクバック、から乗っていける選手になろう!

 


 

1.ブレイクされてから、がテニスは勝負!

実際の試合でも、こういう流れからの逆転、が多いでしょう。

ブレイクされるよりも、ブレイクバックされる方が精神的にキツイ。

せっかくのリードが無くなる、ときの絶望感こそ、付け入る隙があるのがテニスですから。

ブレイクされても、それはある意味チャンスだと。

ここを反撃していけば、そのままの流れで勝てる可能性だってある。

それくらい、乗っていけるチャンス、だと自覚すること。

思い込みでも良いので、この発想は大事だと思いますよ。

 

2.ブレイクされて落ち込んでる暇は無い

とにかく、テニスの試合は先手必勝。

試合時間も短い、落ち込んでいる時間なんて無い。

自分のサーブがブレイクされても、とにかくもうそれは事実ですから。

活かすしかない、と私は思いますよ。

ブレイクされたなら、それを活かして一気に差し切るようなテニスの試合をイメージしてみる。

「ブレイクバック、そこから乗っていくようなイメージ」を強く持って挑むこと、が大事なんです。

 

3.リードした相手は、ほとんどが一旦守りに入る

相手にブレイクされた、次の相手のサービスゲーム。

ここは、最初のポイント、その次のポイントが本当に大事。

相手は、リードを守りたいと思っているはずですから、そう突飛なことはしてこない。

普通の選手なら、無難な戦術で来るはずです。

そこで、アナタ自身が仕掛けていく。

リターンダッシュでも良いし、とにかく攻撃的にいく。

そうすることで、きっと相手は慌ててくれるでしょう。

そこでブレイク、出来ればもう流れはこちらのもの。

その攻撃的な姿勢を活かして、そのまま次の自分のサービスゲーム、に入っていける。

乗っていきたいのはこの場面、です。

 

4.追いついて安心する選手は、一生勝ち上がれない

ここで乗っていけるかどうか、が本当に大事。

勝ち抜いていける、結果を出し続ける選手は、追い付いた後に乗っていける勢い、があるんですよね。

追い付いた後、ブレイクバックで乗っていけるかどうか。

自分のサービスゲーム、でどういう工夫が出来るでしょうか?

もう、ここで相手の息の根を断つ、くらいの覚悟が大事ですから。

とにかく、自分の得意パターンを、しっかり確実に出し切ることですかね。

そうすれば、自然と試合もアナタのペースで収束、の方向で動いていくでしょう。

 

ノリが良いかどうか、ってテニス選手として大事です。

ましてやシングルスなら、自分で自分のノリもコントロールしていかないといけないですからね。

ブレイクバック、も全て想定内。

全部を準備して、自分の勝てる材料にしていくこと。

こういう視点、必要ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. リターン

    「レシーブ用ストローク」を自分なりにカスタマイズしてテニスの試合に挑もう!

    レシーブはストロークである。ストロークがちゃんと打てれば、レシ…

  2. テニス 戦術

    リターン

    ボディへの深いサーブは、「身体を逃がしながら顔を残す」だけで楽に返ります

    ボディへのサーブ、皆さんはしっかりリターン出来ていますか?テニ…

  3. テニス 客観視

    リターン

    「相手がクロスにしかリターン出来ない場面」を考えよう

    ダブルスの試合、いかに前衛が動くのか・・・は大事。何度も書いて…

  4. テニス 準備
  5. テニス リターン
  6. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に

    相手のサーブが強力で、なかなかリターンからの展開がイメージ出来ない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    格上相手に、なぜ序盤が大事なのか?
  2. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません
  3. テニス メンタル

    戦術

    今対戦している相手は、「また次に対戦するかもしれない」からこそ、完膚なきまで叩い…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを振り切れない人は、そもそも打点に入れていない
  5. テニス フットワーク

    フットワーク

    ラケットを先に出すと、人は走れない
PAGE TOP