テニス 部活

その他

関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

テニスはシングルスもダブルスも、とにかく試合経験を積むことが上達への一番の近道。

そこで今回は、関東近辺にて通年でたくさん草トーナメントを開催している大会やテニスクラブにスポットを当ててご紹介。

初めて参加する方でも、運営がしっかりしているので安心です。

 

関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

 

1.テニスパーク湘南

神奈川県西部の相模川のほど近く、相模線倉見駅から徒歩10分のところにある「テニスパーク湘南」。

土日はもちろん、平日もたくさんのテニスの草トーナメント大会を実施しているところとして有名です。

レベルも様々ですが、全体的にアットホームで市民大会への準備やステップアップとして参加する方が多いです。

試合数もなるべく多くこなせるように工夫されていて、参加人数が少ない日もありますが、運営側でマッチアップを多く組んでもらえます。

最初は何人かの経験者の方と参加すると、気持ち的にも楽でしょう。

■テニスパーク湘南

 

2.南市川インドアテニス

千葉県の市川市にあるテニスクラブ。

レンタルコートとしても比較的確保しやすい為、色々なプレイヤーに利用されています。

週末を中心にトーナメントの大会も実施されていて、腕に覚えのあるテニスプレイヤーが集まります。

レベル分けもされてますが、全体的にはレベルは少し高め。

コーチ経験者や現役の学生選手も出場してくると思ったほうが良いでしょう。

西船橋駅からは歩けますが、重いラケットバッグがきついという方はシャトルバスも便利。

時間と場所を調べて利用しましょう。

■南市川インドアテニス

 

3.松原テニスクラブ 印西

千葉県の北部にある「松原テニスクラブ 印西」も、テニスの草トーナメントでは多くのプレイヤーが参加することで有名です。

設備もキレイでコート面数も多いのが特徴で、参加者のレベルは中級のクラブプレイヤーが中心。

比較的年齢層は高めかも知れません。

年末に近づくと団体戦も企画していて、みんなでワイワイ参加するにはもってこい。

北総線という私鉄を利用しても行けますが、ここへのアクセスは車があれば便利。

近くに大型のショッピングモール等も多いので、試合がてら寄ってみるのも面白いかも知れません。

■松原テニスクラブ 印西

 

4.プチシングルス大会(千葉・神奈川)

松戸や横浜を中心に開催されている「プチシングルス」大会。

今ではダブルスの大会も企画されているようです。

一般のコートを活用して、試合経験を積みたい一般プレイヤーを中心に集まって開催されるイベントで、トーナメントというよりはゲーム会といった雰囲気がマッチするかも知れません。

運営を任されている方も試合に参加されたり、とてもアットホームな雰囲気で、試合形式も時間制マッチで工夫するなど、なるべく試合経験を多く積めるように心配りがされています。

試合後の待ち時間では参加者同士でアドバイスし合うような雰囲気もありますので、テニスの活動の輪を拡げるには良いイベントだと思います。

■プチシングルス大会(千葉・神奈川)

 

※細かい詳細につきましては、都度みなさんでご確認下さい。

 

まだまだ調べればたくさん、参加できるテニスの大会・トーナメントはあります。

参加者のレベルは行ってみないと分からないし・・・という不安な気持ちにもなりますが、最初は出場経験のある方と同伴でも良いので、まずはエントリーしてみるところから始めましょう。

きっと普段の練習から、意識が変わってくるはずです。

最初から結果を出そうと気負いすぎず、まずは「試合に出るテニスプレイヤー」に、アナタ自身がなって頂きたいと思います。

そうすればこのサイトを見て感じることも、増えていくのでは・・・と。

秋は最高にテニスがしやすい時期になります。

まずはエントリー、そして日々の練習を頑張りましょう!

↓試合会場での怪我に備えて、持っておくと安心です

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません

    皆さんの周りに、こんな人はいませんか?テニスついてやたらと詳しいよ…

  2. その他

    最近テニス部の練習で、「競争の度が行き過ぎて、部内の雰囲気が悪い‥ときの解決策とは?

    私自身、苦い経験があります。みんなが上手くなりたい、という想いが少…

  3. テニス スポーツ

    その他

    他のスポーツを経験してきた人が、テニスを始めるメリットについて考えてみる

    4月はスタートの季節。テニスを始められる方も多いと思いますが、…

  4. テニス 準備

    その他

    「一般のテニスの試合に出て恥をかかない」為に、学生の皆さんに身に付けておいて欲しいマナー5つ

    学生の皆さんは、公式の試合の回数は限られている。しかも出場人数…

  5. その他

    テニスの試合で相手の時間を奪う感覚は、「スプリットステップのタイミング」を見て判断しよう!

    テニスの基本は、しっかり「止まった状態」でボールを打つこと。その為…

  6. その他

    「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しない

    テニス雑誌、皆さんは本屋で購入したことはありますか?私は今、3…

特集記事

  1. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割
  2. テニス サーブ

    サーブ

    シングルスにおけるサーブの役割は、「相手から浅いボールを引き出す」ことを合格点に…
  3. テニス 打点

    ボレー

    テニスはいつも、「ラケット面真ん中に当たるのが一番」だと考えている人は、永遠に中…
  4. テニス ボレー

    メンタル

    みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない
  5. テニス ガスケ

    ストローク

    ガスケ選手、シモン選手が日本との「差」を見せ付けたのは、このショットでしょう
PAGE TOP