テニス 部活

その他

関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

テニスはシングルスもダブルスも、とにかく試合経験を積むことが上達への一番の近道。

そこで今回は、関東近辺にて通年でたくさん草トーナメントを開催している大会やテニスクラブにスポットを当ててご紹介。

初めて参加する方でも、運営がしっかりしているので安心です。

 

関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

 


 

1.テニスパーク湘南

神奈川県西部の相模川のほど近く、相模線倉見駅から徒歩10分のところにある「テニスパーク湘南」。

土日はもちろん、平日もたくさんのテニスの草トーナメント大会を実施しているところとして有名です。

レベルも様々ですが、全体的にアットホームで市民大会への準備やステップアップとして参加する方が多いです。

試合数もなるべく多くこなせるように工夫されていて、参加人数が少ない日もありますが、運営側でマッチアップを多く組んでもらえます。

最初は何人かの経験者の方と参加すると、気持ち的にも楽でしょう。

■テニスパーク湘南

 

2.南市川インドアテニス

千葉県の市川市にあるテニスクラブ。

レンタルコートとしても比較的確保しやすい為、色々なプレイヤーに利用されています。

週末を中心にトーナメントの大会も実施されていて、腕に覚えのあるテニスプレイヤーが集まります。

レベル分けもされてますが、全体的にはレベルは少し高め。

コーチ経験者や現役の学生選手も出場してくると思ったほうが良いでしょう。

西船橋駅からは歩けますが、重いラケットバッグがきついという方はシャトルバスも便利。

時間と場所を調べて利用しましょう。

■南市川インドアテニス

 

3.松原テニスクラブ 印西

千葉県の北部にある「松原テニスクラブ 印西」も、テニスの草トーナメントでは多くのプレイヤーが参加することで有名です。

設備もキレイでコート面数も多いのが特徴で、参加者のレベルは中級のクラブプレイヤーが中心。

比較的年齢層は高めかも知れません。

年末に近づくと団体戦も企画していて、みんなでワイワイ参加するにはもってこい。

北総線という私鉄を利用しても行けますが、ここへのアクセスは車があれば便利。

近くに大型のショッピングモール等も多いので、試合がてら寄ってみるのも面白いかも知れません。

■松原テニスクラブ 印西

 

4.プチシングルス大会(千葉・神奈川)

松戸や横浜を中心に開催されている「プチシングルス」大会。

今ではダブルスの大会も企画されているようです。

一般のコートを活用して、試合経験を積みたい一般プレイヤーを中心に集まって開催されるイベントで、トーナメントというよりはゲーム会といった雰囲気がマッチするかも知れません。

運営を任されている方も試合に参加されたり、とてもアットホームな雰囲気で、試合形式も時間制マッチで工夫するなど、なるべく試合経験を多く積めるように心配りがされています。

試合後の待ち時間では参加者同士でアドバイスし合うような雰囲気もありますので、テニスの活動の輪を拡げるには良いイベントだと思います。

■プチシングルス大会(千葉・神奈川)

 

※細かい詳細につきましては、都度みなさんでご確認下さい。

 

まだまだ調べればたくさん、参加できるテニスの大会・トーナメントはあります。

参加者のレベルは行ってみないと分からないし・・・という不安な気持ちにもなりますが、最初は出場経験のある方と同伴でも良いので、まずはエントリーしてみるところから始めましょう。

きっと普段の練習から、意識が変わってくるはずです。

最初から結果を出そうと気負いすぎず、まずは「試合に出るテニスプレイヤー」に、アナタ自身がなって頂きたいと思います。

そうすればこのサイトを見て感じることも、増えていくのでは・・・と。

秋は最高にテニスがしやすい時期になります。

まずはエントリー、そして日々の練習を頑張りましょう!

↓試合会場での怪我に備えて、持っておくと安心です

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. その他

    アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?

    偉そうに色々書いていますが、私自身、出来ていないことが多い。今回も…

  2. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

    私自身、中学と高校時代に、テニス部の主将を務めさせてもらいました。…

  3. テニス メンタル

    その他

    「考える」ことは誰でも出来るけど、「考え抜く」ことは一握りの人しか出来ない

    「テニスについて、自分でも考えるようになりました」というお声を…

  4. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?

    俺の今までのテニス人生は、色んな人からコーチしてもらって成り立っている…

  5. テニス 練習

    その他

    テニス部で頑張る皆さんは、「準備運動だけじゃなく、整理運動」も行って団結心を高めよう

    部活やサークルでテニスを頑張っている皆さん、このサイトをご覧になってい…

  6. テニス メンタル

    その他

    「社会人になって、プロを目指す訳では無いけど・・・」テニスを頑張る、その理由について

    「そんなにテニスを頑張って、これからプロでも目指すんですか?」…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス テニスノート

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  2. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと
  3. テニス ボレー

    ボレー

    相手の足下、の次はハイボレーをしっかり準備しておこう
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スピン回転のスマッシュ」を覚えておくと、厳しい態勢からでもラケッ…
  5. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で自分の甘いセカンドサーブの時、味方の前衛は下がるべきか?を考えて…
PAGE TOP