テニス ストローク

ボレー

ポーチに出ること、自体でまずは大成功

ダブルスの試合、どんどんこれ、やっていきましょう。

ポーチに出ること、にどうしても億劫になる人は、成功ポイントを下げること。

これで、だいぶ変わってくると思いますよ。

 

ポーチに出ること、自体でまずは大成功

 

1.失点、大歓迎!

本当に、これです。

アナタがもし前衛にいて、ポーチに出て・・・ガシャってミスしても良い。

相手からすると、出られたこと自体が大きなプレッシャーになっていくのは間違いない。

アナタが相手の立場だったら、どうですか?

失敗しても出てくるような前衛、やっぱり嫌じゃないですか。

それも、特に試合の序盤で・・・。

 

2.試合の序盤でネットで決められる、ことほど痛いポイントはない

私自身、これをやられると・・・「あ、これは厳しい戦いになるな」と覚悟を決めます。

試合の序盤、最初のゲームで相手にネットに出られる。

これほど嫌なことはありません。

ですので、私自身は動くようにしているし、その効果を知っているつもりです。

試合の流れを大きく左右しますし、1セットマッチのような短期決戦で絶大な効果を発揮する。

きっと、アナタ自身がやってみて、気付くはずです。

序盤に動くこと、プレッシャーをかけることは大事、なんです。

 

3.ポイントは、ネット近くで触ること!

ただ、何でも良いから出る、ではダメ。

本当に相手にプレッシャーをかけるなら、ネットに近づかないとダメ、です。

ネットから遠い位置で触られても、実際の試合ではさほど怖くない。

少しでも相手に近い、ネットに近い場所でポーチを触られると、迫力もあるしすごく嫌なんですよね。

これは、素早い動き出し、覚悟がないとなかなか出来ないこと、ですから。

ほとんどの前衛の方に足りないのは、この思い切り、です。

ストレートを捨てて、相手が触る前に動き出す。

これで良いんです、成功なんです。

 

4.ポーチに出るとは、相手が触る前に動くということ

これが、決定的なコツですね。

相手が打つ瞬間に、スプリットステップ・・・ではなくて、もう動き出して良い。

じゃないと、実際に前に詰めたりできないじゃないですか、前衛でも。

相手がボールを触る前に、しっかり動き出しておく。

理想は、ネットの中心、近くのセンターストラップが触れるくらいの場所、まで移動しておくこと。

そこからストレートに打たれたとしても、アナタの勝ちです。

 

試合は、トータルで考えること。

序盤には、捨てて良い、失点して良いポイントがあることを覚えておいてください。

試合の後半、になって動き出しても、遅いです。

試合の序盤、こそ宝の山ですから。

これに気づいた人から、ダブルスの前衛が楽しくてたまらなくなると思いますよ!

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?

    片手バックハンドボレー、特に男性は使う方が多いですよね。でも、…

  2. テニス 守備

    ボレー

    「クレーコートでのネットプレーのコツ」新時代のテニスに不可欠な戦術を身に付けよう

    一昔前まで、シングルスの試合のネットプレーと言えば画に描いたようなアプ…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの並行陣に必要な「ローボレーを安定して深く返球する」為のポイント5つ

    テニスのダブルスで2人がネットに出てプレーする、並行陣の陣形。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合で使える「バックボレーの抑え」を効かせる5つのコツ

    グッと抑えの効いたバックボレー、試合で打ちたいですよね。スライ…

  6. ボレー

    テニスにおける攻撃的なボレーは、全てを「2本で1セット」の考えで詰めていく意識が大事

    ネットプレーは攻撃的に!ですが、1本で決めようとするとミスも増…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「テニスの世界において、多数派で無いことは武器になる」アナタの個性を磨いていきま…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「知らないから不安になる、というのはテニスでも同じ」だからこそ、準備が必要な4つ…
  3. テニス リターン

    リターン

    ポイントを50-50でスタートする、ことをリターンの合格点に設定してみよう
  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ポーチのコースの打ち分けは、センターラインを超えるかどうかで決める
  5. テニス ラケット

    テニス知識

    これからテニスを始める人でも知っておきたい「ラケット選びの5つのポイント」
PAGE TOP