テニス メンタル

日々の雑記

オリンピックだけじゃない、週末のテニスコートにだって魔物は潜んでいる

小平選手、金メダルおめでとう御座います!

1発勝負、この30秒ちょっとの時間に、4年間の全てをぶつける・・・もう、考えられないです。

テニスの試合のように、試合を作るということが難しい、本当に精神力が問われる試合形式。

観ていて本当に、痺れました・・・。

 

「オリンピックには、魔物が潜んでいる」

TVでも何度も聞かれたこの言葉、気になって観ていた方も多いんじゃないでしょうか。

スピードスケートだけじゃなく、他競技でもその年、または前年に調子が良い人が勝てないというケースも多い。

逆に4年に1度のオリンピック、という場で無類の強さを発揮する選手もいる。

魔物を味方に付けるのか、敵に回すのか・・・。

この差は、あの緊張感高まる場で決定的な差になって、選手に順位という残酷な結果を突き付けていく。

これが勝負の世界、厳しい世界。

 

でも、テニスの試合に出ているみなさんは、「ちょっと、分かるかも・・・」という方も多いんじゃないでしょうか。

そう、きっとみなさんも強かれ弱かれ、絶対に「魔物」を目の当たりにしたことはあると思うんです。

大会規模や競技、緊張感は違えど、私たちだって「試合」に出ている、出続けている。

「週末のテニスコートにだって、魔物は確実にいる」と私は思います。

 

その魔物とは、勝利に飢えた欲深き自分の心、でしょう。

試合の中で「頼むからミスってくれ!」と相手に願う、どこか他力本願の考え方かもしれません。

魔物とはライバルでもなく、雰囲気を作り出している観客でもない。

シンプルに、自分自身なんです。

 

オリンピックの試合を観ながら、どこか自分のテニスの試合と重ねてみる。

「レベルが違うんだから、身の程知らずも良いとこ」と、思う方もいるでしょう。

でも、ここ一番での試合に勝ちたい、という想いは、一般のテニスプレイヤーの方だって同じだと思います。

当然、プレッシャーの差は比べようもないもの、があるでしょうが。

 

みなさんの前に、これからも魔物は現れ続けるでしょう。

倒しても逃げても、試合に出続けている限り、逃れられません。

逃げようと思わず、一緒に戦う仲間だと思って。

だって、その魔物とは、自分自身そのもの、ですから。

オリンピックを戦う日本チームに、勇気付けられた今週末。

また来週から、頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも

    もう15年くらい前、のことですが。テニススクールでアシスタント…

  2. テニス 雑誌

    日々の雑記

    少しでも、読みやすい文章に・・・

    いつも記事を読んで頂き、ありがとう御座います。最近、改めて自分…

  3. テニス 雨

    日々の雑記

    最近の雨って、10年20年前と全然違うんじゃないか説

    最近の雨って・・・なんだかすごいですよね。これから梅雨の時期。…

  4. テニス 感覚

    日々の雑記

    アナタのテニスを、誰かの「主観」という物差しで測ってはいけない

    皆さんは、「自分のテニス」をしっかり自分で決断出来てますか?も…

  5. テニス メモ

    日々の雑記

    テニスの成長は、点で考えずに線で考えよう

    いよいよ、本格的な夏、ですね。この時期は学生の皆さんはテスト期…

  6. テニス 打点

    日々の雑記

    自分の調子が良いときに、勝てないこともあるのがテニスでありスポーツです

    6月に入り、もう梅雨本番、ですね。ジメジメした時期になりました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス シングルス

    その他

    「T-PRESS」は、こんな環境で更新しています
  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイ…
  3. ストローク

    テニスの試合で使える、「騙しやすいドロップショットの打ち方」について
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、「ボールの上側を打つ」意識を持てばアウトが減るでしょう
  5. テニス 環境

    メンタル

    「試合に勝てる選手」になりたければ、テニスが上達すること、環境が変わっていくこと…
PAGE TOP