テニス メンタル

日々の雑記

オリンピックだけじゃない、週末のテニスコートにだって魔物は潜んでいる

小平選手、金メダルおめでとう御座います!

1発勝負、この30秒ちょっとの時間に、4年間の全てをぶつける・・・もう、考えられないです。

テニスの試合のように、試合を作るということが難しい、本当に精神力が問われる試合形式。

観ていて本当に、痺れました・・・。

 

「オリンピックには、魔物が潜んでいる」

TVでも何度も聞かれたこの言葉、気になって観ていた方も多いんじゃないでしょうか。

スピードスケートだけじゃなく、他競技でもその年、または前年に調子が良い人が勝てないというケースも多い。

逆に4年に1度のオリンピック、という場で無類の強さを発揮する選手もいる。

魔物を味方に付けるのか、敵に回すのか・・・。

この差は、あの緊張感高まる場で決定的な差になって、選手に順位という残酷な結果を突き付けていく。

これが勝負の世界、厳しい世界。

 

でも、テニスの試合に出ているみなさんは、「ちょっと、分かるかも・・・」という方も多いんじゃないでしょうか。

そう、きっとみなさんも強かれ弱かれ、絶対に「魔物」を目の当たりにしたことはあると思うんです。

大会規模や競技、緊張感は違えど、私たちだって「試合」に出ている、出続けている。

「週末のテニスコートにだって、魔物は確実にいる」と私は思います。

 

その魔物とは、勝利に飢えた欲深き自分の心、でしょう。

試合の中で「頼むからミスってくれ!」と相手に願う、どこか他力本願の考え方かもしれません。

魔物とはライバルでもなく、雰囲気を作り出している観客でもない。

シンプルに、自分自身なんです。

 

オリンピックの試合を観ながら、どこか自分のテニスの試合と重ねてみる。

「レベルが違うんだから、身の程知らずも良いとこ」と、思う方もいるでしょう。

でも、ここ一番での試合に勝ちたい、という想いは、一般のテニスプレイヤーの方だって同じだと思います。

当然、プレッシャーの差は比べようもないもの、があるでしょうが。

 

みなさんの前に、これからも魔物は現れ続けるでしょう。

倒しても逃げても、試合に出続けている限り、逃れられません。

逃げようと思わず、一緒に戦う仲間だと思って。

だって、その魔物とは、自分自身そのもの、ですから。

オリンピックを戦う日本チームに、勇気付けられた今週末。

また来週から、頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス サーブ

    日々の雑記

    自分が嫌なテニスは、続かないですから

    最近、こんなご意見をよく頂きます。「T-PRESSさんのテニス…

  2. テニス メンタル

    日々の雑記

    話やLINEが長い人は、大抵テニスも何がしたいのかよく分からない

    「テニスが上手くなるのは、どんな人ですか?」と、たまに聞かれます。…

  3. 日々の雑記

    テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

    大学を卒業してから、約2年間くらい、テニスコーチをしていた時期がありま…

  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    一番テニスをやりたい時期に、出来ないという試練が人を強くする

    昨日のマスターズの決勝、TVでご覧になっていた方も多いと思います。…

  5. テニス テニスノート

    日々の雑記

    歳を取れば、テニスについて本気で叱ってくれる人はいなくなる

    最近、年月が経つのは早いなと。本当に、おじいさんのように感じて…

  6. テニス メンタル

    日々の雑記

    断言します、アナタは「人を感動させる」試合の主役になれる

    年末になると、スポーツの観戦機会が増えますよね。テレビでもサッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    戦術

    「テニスの試合における守備意識」で、大切なポイント6つ
  2. テニス フットワーク

    テニス知識

    テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. ストローク

    「高い打点・・・厄介だね」テニスの試合で力が入り辛いボールの処理方法とは?
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブが入らなくて、負けた」という言い訳、何回目?
  5. テニス フットワーク

    ストローク

    ロブを追いかけた後は、打点を落とした方が返球しやすい
PAGE TOP