テニス ボレー

戦術

守るのが好き、それで良いじゃない

私自身よく、言われたものです。

「守ってばかりで、つまらないテニスだね」と。

でも、結果的に私自身好きなんだと思います、ある種守りから入っていく試合が。

もちろん、攻撃も大好きですよ。

でも、テニスという競技は本当に攻守が表裏一体ですからね。

 

守るのが好き、それで良いじゃない

 

1.攻めながら守る、守りながら攻める

これがテニス、ですからね。

守っているだけの時間帯、攻めているだけの時間帯がある訳じゃない。

どちらかの選手が打っている、その次は相手が打つ。

打っている側が基本は攻撃、ですが、ポジションによってそれも違いますよね。

ベースラインのはるか後方で打っているなら、それは守っているということ。

テニスって、このあたりの攻守の考え方がすごく難しいと思います。

 

2.守りに自信が無いと、試合が作れない

これはすごく感じます。

相手から攻撃されると、すぐに攻撃し返してしまう、無理してしまう。

アマチュア選手にすごく多いミスのパターン、じゃないですか?

まずはしっかり、深くゆっくり返球すれば良いのに。

そこから、少しずつチャンスを待てば良いのに、それが出来ない。

なぜなら、守備に自信が無いからです。

時間を作ったり、スライスで少し遅れた打点でも返球出来る、ということを普段の練習からやっていれば、怖くない。

相手の攻撃を「受ける」ことって、大事ですよ。

これはテニス以外でも、鍛えることが出来ます。

 

3.普段から相手を「受ける」ことが出来ているか?

守備が苦手な人って、普段の会話や仕草からも分かります。

相手をまずは受け止める、という意識が希薄なんですよね。

会話していても、すぐに自分の話ばっかり。

興味が無いのか、相手の話を聞くという姿勢が無い。

テニスだって、そうじゃないですか。

試合が始まったら、まずは相手の話を聞いてあげるくらいのスタンスで挑まないと。

余裕を持って、守備から入るってそういうことです。

相手の話を聞いて、どんなテニスかを知って、そこから戦う方が絶対に勝てると思いますよ。

 

4.守備が好き、それで良いじゃない!

私は、何も恥じる必要は無いと思いますよ。

シコラーと呼ばれるのは、大歓迎。

きっとそう呼んでくるのは、アナタが倒した相手達でしょう。

他のスポーツでも、守備的なチームはともすれば批判の的になったりしますが、それもおかしな話。

しっかり勝っているからこそ、批判されるというものです。

守備が好き、ということは、相手のテニスを受け入れる度量があるということ。

私はそういう選手、応援していきたいと思います。

 

自分のプレーに自信が持てない方、どこかで守備が雑になっていませんか?

相手が怖い、と感じているときには、せっかちなミスが増えているはず。

守りから入ること、本当にお勧めします。

きっとテニスが、そして対戦相手のことが、もっと見えてくると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「今日の対戦相手は、自分より少し上」と考えて試合に入れば、良いメンタルで戦える

    テニスの試合、対戦相手とどう向き合うのか。これが上手い選手は、…

  2. テニス メンタル

    戦術

    試合巧者になりたいなら、自分が打った後0.2秒で相手を観察する癖を付けよう

    試合でしっかり、相手を観察すること。この重要性は、何度も書いて…

  3. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう

    試合に強い人、勝負強い人は、「一気に集中力を高める」のが出来る。…

  4. 戦術

    「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ

    テニスだけじゃない、スポーツにおいてこの言葉、よく聞きますよね。…

  5. 戦術

    テニスの大会で、「勝って当たり前と思われる試合」に勝ち切るために必要な要素4つ

    アナタ自身、成長してくれば当然、大会でもシードがつく。挑戦する…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    滞空時間の長いリターンロブは、試合の流れを変える

    試合で、相手のビッグサーブの攻略が難しい。男性のサービスゲーム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ダブルス

    相手が深いボールをストロークで凌ぐときには、「基本はクロス」と決めてポーチに出よ…
  2. リターン

    「浅いセカンドサーブは、思い切ってドロップショットでリターン」が実践出来ると試合…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「振り抜いた後に、最後は惰性」が切れ味鋭いストローク
  4. ストローク

    相手に大きく走らされたときのストロークは、「意図的に重心低く」打点に入れば大丈夫…
  5. テニス サーブ

    リターン

    左利きの鋭く曲がるサーブは、とにかく「前」で触ることに集中しよう
PAGE TOP