テニス ボレー

戦術

守るのが好き、それで良いじゃない

私自身よく、言われたものです。

「守ってばかりで、つまらないテニスだね」と。

でも、結果的に私自身好きなんだと思います、ある種守りから入っていく試合が。

もちろん、攻撃も大好きですよ。

でも、テニスという競技は本当に攻守が表裏一体ですからね。

 

守るのが好き、それで良いじゃない

 

1.攻めながら守る、守りながら攻める

これがテニス、ですからね。

守っているだけの時間帯、攻めているだけの時間帯がある訳じゃない。

どちらかの選手が打っている、その次は相手が打つ。

打っている側が基本は攻撃、ですが、ポジションによってそれも違いますよね。

ベースラインのはるか後方で打っているなら、それは守っているということ。

テニスって、このあたりの攻守の考え方がすごく難しいと思います。

 

2.守りに自信が無いと、試合が作れない

これはすごく感じます。

相手から攻撃されると、すぐに攻撃し返してしまう、無理してしまう。

アマチュア選手にすごく多いミスのパターン、じゃないですか?

まずはしっかり、深くゆっくり返球すれば良いのに。

そこから、少しずつチャンスを待てば良いのに、それが出来ない。

なぜなら、守備に自信が無いからです。

時間を作ったり、スライスで少し遅れた打点でも返球出来る、ということを普段の練習からやっていれば、怖くない。

相手の攻撃を「受ける」ことって、大事ですよ。

これはテニス以外でも、鍛えることが出来ます。

 

3.普段から相手を「受ける」ことが出来ているか?

守備が苦手な人って、普段の会話や仕草からも分かります。

相手をまずは受け止める、という意識が希薄なんですよね。

会話していても、すぐに自分の話ばっかり。

興味が無いのか、相手の話を聞くという姿勢が無い。

テニスだって、そうじゃないですか。

試合が始まったら、まずは相手の話を聞いてあげるくらいのスタンスで挑まないと。

余裕を持って、守備から入るってそういうことです。

相手の話を聞いて、どんなテニスかを知って、そこから戦う方が絶対に勝てると思いますよ。

 

4.守備が好き、それで良いじゃない!

私は、何も恥じる必要は無いと思いますよ。

シコラーと呼ばれるのは、大歓迎。

きっとそう呼んでくるのは、アナタが倒した相手達でしょう。

他のスポーツでも、守備的なチームはともすれば批判の的になったりしますが、それもおかしな話。

しっかり勝っているからこそ、批判されるというものです。

守備が好き、ということは、相手のテニスを受け入れる度量があるということ。

私はそういう選手、応援していきたいと思います。

 

自分のプレーに自信が持てない方、どこかで守備が雑になっていませんか?

相手が怖い、と感じているときには、せっかちなミスが増えているはず。

守りから入ること、本当にお勧めします。

きっとテニスが、そして対戦相手のことが、もっと見えてくると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合中に一番まずいのは、「思考停止」に陥ること

    テニスの試合の中で、考えながら進めていくこと。コートを離れてい…

  2. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ

    ラリーが続いて来ると、ポジションが動いていく。ダブルスなら、味…

  3. テニス メンタル

    戦術

    内角を攻めれない選手に、未来は無い

    今日は、久しぶりに野球観戦。オープン戦ですが、東京ドームに行っ…

  4. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合で、崩れた相手に確実に勝つ方法4つ

    テニスの試合、相手がどんどん崩れていく・・・ようなこと、ありますよね。…

  5. テニス ボレー

    戦術

    団体戦の悪い流れを止める!5つの定番プレー

    団体戦、でプレーされている方も、社会人から学生さんまで多いと思います。…

  6. テニス 打点

    戦術

    テニスの試合で自分の武器を使いたければ、「武器を使えるポジショニング」を意識していこう

    試合で強引な攻撃ばかりしている人は、大抵3回戦あたりで負けていく。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「セミショートクロス」を、試合で使っていこう
  2. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケット…
  3. テニス スライス

    戦術

    準備とは守りではなく、武装である
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ストレートケアしている前衛ほど、抜かれていく
  5. テニス ストローク

    メンタル

    テニスにおいて「戦略的なディフェンス」に調子の波は無い、だから粘り強い選手は負け…
PAGE TOP