テニス リーダー

その他

「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?

インターハイの個人戦も、本日で閉幕。

そして暑い中夏の戦いは、そのまま大阪の靱・江坂テニスセンターと江坂へ。

そう、インターハイが終わるとすぐに始まる大会が、テニスの全日本ジュニア選手権大会。

個人戦のみ、という点でインターハイと異なりますが、実際はどういった違いがあるのでしょうか?

 

「インターハイの次は全日本ジュニア」この2つのテニスの大会の特徴と違いとは?

 


 

■インターハイは高校テニス、全日本ジュニアは各年齢カテゴリの戦い

全日本ジュニアの大会は、18歳以下、16歳以下、14歳以下、12歳以下、という形で年齢カテゴリによる区分分けで実施されます。

面白いのは、年齢が上のカテゴリにチャレンジするのが可能という点。

過去にプロ転向した多くの選手も、16歳以下の出場資格を持ちながら、18歳以下のカテゴリにチャレンジしていくことも。

年齢差のある選手同士の、プライドを懸けた戦いは必見です。

 

■学校単位ではなく、「所属クラブ」単位での参加が可能に

日本全国、学校の部活だけでなく名門と呼ばれるテニスクラブは多数あります。

志津テニスクラブ、吉田記念テニス研修センター(TTC)、荏原SSC、その他関東以外にもまだまだたくさん存在して、学校のクラブ活動とは違う育成方針で選手を育てています。

この学校対クラブの戦いも、見逃せません。

 

■世界を舞台に戦う日本人ジュニアも参戦し、真の年代別トップを争うのが全日本ジュニア

今回のエントリーを見ても、男女共にインターハイには出場しなかった選手が多くエントリー。

男子は山崎純平選手、高橋悠介選手といったグランドスラムジュニアを戦った選手にも注目です。

女子でも世界を舞台に戦う村松千裕選手など、多くの有望株が数少ない日本で機会にもなります。

 

■ジュニアの大会、一つの節目として全日本ジュニア後はそれぞれの道へ

インターハイ、全日本ジュニアの大会が終了すれば、選手はそれぞれ次のステージへ。

大学、プロ、実業団・・・様々な進路に、夏を大きな節目として進んでいきます。

だからこそ、そこに掛ける想いは皆人一倍。

絶対に負けたくないし、この結果によってテニスの進路を考えているというジュニアも多くいます。

そのプライドを懸けた戦いに、ぜひ注目して欲しいです。

 

インターハイで勝ち進んだ選手たちは、恐らく疲労がピークでしょう。

丸一日観戦しただけで、私も疲労困憊。

それを1日3~4試合、何日も続けてきた選手の皆さんには、本当に頭が下がります。

テニスでどんな結果が出ても、どうか胸を張ってホームコートに帰って欲しい。

テニス人生は、長く険しく続いていく。

そんな彼らの横顔を、出来る限り今後もレポートしていきたいと思います。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 感覚

    その他

    10年20年続けていても、テニスには「この感覚、つかんだ!」という瞬間があるから面白い

    T-PRESSの読者の皆さんの中には、テニスを始めて間もない方から、長…

  2. テニス ダブルス

    その他

    「たくさんのテニスを観て、触れること」が、アナタのテニス人生にとって大きな財産になっていく

    皆さんは、こんな経験無いですか?自分の親くらいの年齢の人とテニ…

  3. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です

    テニスを上達させたい、上手くなりたい。そう思っている人が、たく…

  4. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問われます

    トッププロの試合を観ていると、特に男子テニスなんかはサーブのスピードが…

  5. テニス ダブルス

    その他

    内容に満足出来ないけど勝ったという試合は、立派な試合

    皆さんも、経験ありませんか?やりたいテニスは出来なかったけど、…

  6. テニス 部活

    その他

    「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに便利な神グッズ5つ

    練習や大会で、どうしても雨でテニスができない・・・ということ、多々あり…

特集記事

  1. テニス ハードコート

    戦術

    テニスの試合では、「強い相手にこそ、先に仕掛ける」意識が絶対必要です
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?
  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でストロークミスが多い人は、そもそも打点が低過ぎる
  5. テニス チーム

    その他

    テニスを選手として強くしてくれるのは、練習よりも「悔しい試合」
PAGE TOP