テニス ボール

戦術

試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと

みなさんの練習は、ある程度使い込んだ練習球。

でも試合では、ほとんどがニューボールですよね。

この違いって、実はすごく大きいと私は思います。

毎回練習でニューボールを用意するのは難しいですから、必要なのは試合の現場での対応力。

ニューボールの試合だからこそ、意識したいことをまとめてみます。

 

試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと

 

1.球足は速い

基本的に、ニューボールはバウンドからその先が速い。

球足が速いので、クレーコートでもハードコート並みのスピードが出ると思っていて良いくらい。

アナタ自身に必要なのは、速い準備で差し込まれないこと。

いつもの練習よりも、打点を前にする意識でちょうど良いくらいでしょう。

特にハードコートでのニューボールは、ほぼバウンドで失速しないくらいの考えていた方が良い。

それくらい、普段の練習球とは異なるはずです。

 

2.回転はかかり辛い

最初、特にまだフェルトが立っていない、毛羽立ちが少ないときは、こう感じると思います。

「あれ?ガットに引っ掛からないな・・・」と。

でもこれは、試合の後半になると変化してくるはず。

回転系のショットを打つ内に、いつも通りの回転がかかるようになるはずです。

試合の序盤は、ちょっと打感がフラット気味でも慌てないことですね。

 

3.2つのボールをよく選ぼう

自分がサーブを打つ時には、しっかりボールを選ぶ。

綺麗な方を優先するのも良いし、ある程度粘りたければ摩耗が激しいボールの方が良いでしょう。

ニューボールとはいえ、ボールの消耗度には必ず差が出て来ます。

プロ選手のように、しっかり自分でボールを選ぶこと。

サーブ前の基本的な作業、に加えていきましょう。

 

4.ネットプレーが有効!

先ほど書いたように、球足が速くなるニューボールこそ、私はネットプレーが有効になると考えています。

スライス回転がかかったボレーを、ストロークで返球するのはなかな難しい。

いつもの練習球なら、摩耗して毛羽立っている、更には少し空気も抜けているので、失速しやすいからストローク側が優位になる。

でも、試合では違うでしょう。

私がネットプレーを推奨しているのも、このあたりに理由があるんです。

 

5.とにかくニューボールでも、平常心で

つい、テンションが上がってしまう人もいます。

試合に出始めたばかりの人は、まずニューボールというだけで気分が高まり過ぎてしまうこともあるでしょう。

あくまで、普段の練習に近い精神状態で臨むこと。

やはり、たまには練習でもニューボールを使って慣れておくことが大事でしょうね。

 

ニューボールで試合をする、それがテニスです。

この現実をしっかり受け止めて、アナタ自身準備していきましょう。

きっと、小さいことですが、試合の現場では大きな要因になり得る。

練習球で出来ること、が試合で出来ないのにはこのあたりにも理由があるはず。

と、まずは自分を疑って入ってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス リターン

    戦術

    試合に勝ったときにこそ「考える」選手は、強くなる

    テニスの試合って、引き訳が無い。究極、勝ちか負け、しかありませ…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    強い相手は、試合の中で同じやられ方を繰り返さない

    強い相手は、試合の中でも修正が早い。「でもそれって、経験豊富で…

  3. テニス メンタル

    戦術

    試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない

    だからこそ、なんです。チャンスは実は、試合の終盤にある。…

  4. テニス 序盤

    戦術

    テニスの調子が良い、悪いの差が激しい人は、ココを変えていくしかない

    試合のときに、調子が良い悪いの差が激しい人。こういう人は、結果…

  5. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い

    試合に勝つために準備していざ試合!となっても、リードを奪ってからの試合…

  6. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 準備

    ストローク

    高く弾むチャンスのようなボール、はどの高さでストロークするのが良い?
  2. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落とし…
  3. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、競ったときに勝利を呼び寄せる20の言葉
  4. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように
  5. テニス メンタル

    戦術

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう
PAGE TOP