テニス ボール

戦術

試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと

みなさんの練習は、ある程度使い込んだ練習球。

でも試合では、ほとんどがニューボールですよね。

この違いって、実はすごく大きいと私は思います。

毎回練習でニューボールを用意するのは難しいですから、必要なのは試合の現場での対応力。

ニューボールの試合だからこそ、意識したいことをまとめてみます。

 

試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと

 

1.球足は速い

基本的に、ニューボールはバウンドからその先が速い。

球足が速いので、クレーコートでもハードコート並みのスピードが出ると思っていて良いくらい。

アナタ自身に必要なのは、速い準備で差し込まれないこと。

いつもの練習よりも、打点を前にする意識でちょうど良いくらいでしょう。

特にハードコートでのニューボールは、ほぼバウンドで失速しないくらいの考えていた方が良い。

それくらい、普段の練習球とは異なるはずです。

 

2.回転はかかり辛い

最初、特にまだフェルトが立っていない、毛羽立ちが少ないときは、こう感じると思います。

「あれ?ガットに引っ掛からないな・・・」と。

でもこれは、試合の後半になると変化してくるはず。

回転系のショットを打つ内に、いつも通りの回転がかかるようになるはずです。

試合の序盤は、ちょっと打感がフラット気味でも慌てないことですね。

 

3.2つのボールをよく選ぼう

自分がサーブを打つ時には、しっかりボールを選ぶ。

綺麗な方を優先するのも良いし、ある程度粘りたければ摩耗が激しいボールの方が良いでしょう。

ニューボールとはいえ、ボールの消耗度には必ず差が出て来ます。

プロ選手のように、しっかり自分でボールを選ぶこと。

サーブ前の基本的な作業、に加えていきましょう。

 

4.ネットプレーが有効!

先ほど書いたように、球足が速くなるニューボールこそ、私はネットプレーが有効になると考えています。

スライス回転がかかったボレーを、ストロークで返球するのはなかな難しい。

いつもの練習球なら、摩耗して毛羽立っている、更には少し空気も抜けているので、失速しやすいからストローク側が優位になる。

でも、試合では違うでしょう。

私がネットプレーを推奨しているのも、このあたりに理由があるんです。

 

5.とにかくニューボールでも、平常心で

つい、テンションが上がってしまう人もいます。

試合に出始めたばかりの人は、まずニューボールというだけで気分が高まり過ぎてしまうこともあるでしょう。

あくまで、普段の練習に近い精神状態で臨むこと。

やはり、たまには練習でもニューボールを使って慣れておくことが大事でしょうね。

 

ニューボールで試合をする、それがテニスです。

この現実をしっかり受け止めて、アナタ自身準備していきましょう。

きっと、小さいことですが、試合の現場では大きな要因になり得る。

練習球で出来ること、が試合で出来ないのにはこのあたりにも理由があるはず。

と、まずは自分を疑って入ってみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    短い学生テニスの期間に、自分は「何を軸に勝負していくのか?」を考えてみよう

    学生の皆さんはもうすぐ新学期。新しい環境でテニスを頑張る人、学…

  2. テニス ボレー

    戦術

    「何かをしないといけない」というプレッシャーを、相手に与え続けよう

    試合の中で、アナタ自身が苦しい時。追い詰められている時って、こ…

  3. テニス ストローク

    戦術

    ボールを諦めるのが早い選手は、相手を乗せやすい最高の鴨になる

    テニスの試合、諦めるのが早い選手っていますよね。遠くのボール、…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    緊張感の高まる場面では、ポイントは奪うのではなく「与えない」意識で

    試合も後半、終盤で緊張感が高まる場面。ここでどんなプレーが出来…

  5. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合では、スコアでリードしていれば試合時間は長く、負けていれば短く感じるもの

    「今の試合、長かった・・・」と感じること、ありますよね。また、…

  6. テニス 観察

    戦術

    スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける

    試合で「遅いボール」を混ぜること。勇気要りますよね・・・でも、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    その他

    アナタのテニスは、「たくさんの人に支えられている」ということだけは、覚えておいて…
  2. テニス チャンス

    メンタル

    マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い
  3. ストローク

    「振り抜け!片手バックハンド」テニスの試合で縮こまらない為に必要な意識とは?
  4. テニス 戦術

    メンタル

    「俺たちに、簡単に勝てると思うなよ」という気持ち、はすごく大事
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    話やLINEが長い人は、大抵テニスも何がしたいのかよく分からない
PAGE TOP