テニス 読書

練習メニュー

テニスノートは、とにかく鮮度が命

テニス選手として、しっかり意識したい部分。

「当たり前」だと思っていても、なかなか出来ないことの代表例、でしょう。

みなさん、きっとテニスノートは持ち歩いているはず。

でも、最近書けてますか?

そう、試合や練習の直後に、です。

 

テニスノートは、とにかく鮮度が命

 

1.「当たり前」なことを、出来る人は少ない

そう、これなんです。

テニスノートは、鮮度が命。

本当に命、なんです。

練習や試合、の直後にペンを走らせることが出来るかどうか。

疲れている中で、ノートを開くことが出来るかどうか。

当たり前、をしっかり実践出来る人は、これが出来る。

「何となく」でしか出来ない人は、やっぱり後回しなんです。

正直、私だってそうです。

本当に疲れた後、試合で負けた後は、文字を書こうという気持ちにはなれない。

でも、時間が空けば空くほど、実はテニスノートの鮮度って落ちていくんですよ。

 

2.時間が空けば、自分を美化してしまうのが人間

時間が空けば、人は何かを美化します。

その代表例が自分、です。

自分自身を美化する、そう、過去の試合や練習で悪かった部分を「まぁ、こんなものだったかな」と。

そう書き込んでしまうのが、人間なんです。

時間が空けば、何かを正当化してしまう。

テニスノートを、キレイに仕上げようとしてしまう。

そこに、生の声はありません。

それでは、テニス選手として強くなれないんです。

 

3.テニスノートは、もっともっと「生臭い」ものでありたい

ぜひ、アナタ自身、自分のテニスノートを読み返して欲しい。

読んでいて、キレイな印象、ありませんか?

そういう時は、きっと試合の結果も伴っていない、上手くいっていないときでしょう。

私の感覚では、強くなっていくときには、「生臭い」テニスノートが必要なんです。

テニスノート、はもっと生臭くて良い。

練習や試合の後、の生の声や感覚、想いが詰まったノートで良い。

私はそう思いますよ。

 

4.自分についている嘘は、最後にアナタを苦しめる

テニスノートを取り繕っても、試合の現場で嘘は付けない。

アナタ自身が、自分自身についている嘘は、最後にアナタを苦しめるんです。

「自分はこんなはずじゃない・・・」と、無理してしまう。

もっと、正直で良いじゃないですか。

テニス選手である前に、一人の人間なんですから。

この部分、弱い部分を全て、可視化してみる。

そうすると、スーッと胸が楽になっていく。

私はそう思いますよ。

 

自分のテニスノート、上手く書こうとしないこと。

どんどん自分の言葉、で汚して良い。

ただし、生の言葉で、です。

鮮度の良い想いこそ、テニスノートにふさわしい。

これだけは、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    「コードボールはアンラッキー?」テニスの上級者が準備している練習メニューとは?

    試合中に1度あるか無いかのコードボールのポイント。この準備こそ…

  2. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニス部新入生の指導法は、「教えないで見守る」ことが基本

    そろそろ、新入生も固まってきて、部活にも活気が出て来るころ。親…

  4. テニス 準備

    練習メニュー

    2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

    試合前のウォーミングアップ、みなさんどうでしょうか?ラケットを…

  5. 練習メニュー

    テニスに慣れてしまった時点で、成長は止まる

    知らないうちに、テニスに慣れてしまっている。これは、誰しもが感…

  6. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質

    「どんな練習をすれば良いのか、分からない」「ただ、何となく半画…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    デュースが3回以上続いたときは、「終わらせようと思った選手」がゲームを落とす
  2. テニス サーブ

    練習メニュー

    ウォーミングアップと練習開始の境目、明確になってる?
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチに出たけど、「リターンがスライスで遅い」は、試合でのあるある
  4. テニス 大学

    戦術

    結局「試合の大事なポイント」とは、どこなんだろうか?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのストロークで、「相手のスライスショットを踏み込んで、クローズドスタンスで…
PAGE TOP