テニス 読書

練習メニュー

テニスノートは、とにかく鮮度が命

テニス選手として、しっかり意識したい部分。

「当たり前」だと思っていても、なかなか出来ないことの代表例、でしょう。

みなさん、きっとテニスノートは持ち歩いているはず。

でも、最近書けてますか?

そう、試合や練習の直後に、です。

 

テニスノートは、とにかく鮮度が命

 

1.「当たり前」なことを、出来る人は少ない

そう、これなんです。

テニスノートは、鮮度が命。

本当に命、なんです。

練習や試合、の直後にペンを走らせることが出来るかどうか。

疲れている中で、ノートを開くことが出来るかどうか。

当たり前、をしっかり実践出来る人は、これが出来る。

「何となく」でしか出来ない人は、やっぱり後回しなんです。

正直、私だってそうです。

本当に疲れた後、試合で負けた後は、文字を書こうという気持ちにはなれない。

でも、時間が空けば空くほど、実はテニスノートの鮮度って落ちていくんですよ。

 

2.時間が空けば、自分を美化してしまうのが人間

時間が空けば、人は何かを美化します。

その代表例が自分、です。

自分自身を美化する、そう、過去の試合や練習で悪かった部分を「まぁ、こんなものだったかな」と。

そう書き込んでしまうのが、人間なんです。

時間が空けば、何かを正当化してしまう。

テニスノートを、キレイに仕上げようとしてしまう。

そこに、生の声はありません。

それでは、テニス選手として強くなれないんです。

 

3.テニスノートは、もっともっと「生臭い」ものでありたい

ぜひ、アナタ自身、自分のテニスノートを読み返して欲しい。

読んでいて、キレイな印象、ありませんか?

そういう時は、きっと試合の結果も伴っていない、上手くいっていないときでしょう。

私の感覚では、強くなっていくときには、「生臭い」テニスノートが必要なんです。

テニスノート、はもっと生臭くて良い。

練習や試合の後、の生の声や感覚、想いが詰まったノートで良い。

私はそう思いますよ。

 

4.自分についている嘘は、最後にアナタを苦しめる

テニスノートを取り繕っても、試合の現場で嘘は付けない。

アナタ自身が、自分自身についている嘘は、最後にアナタを苦しめるんです。

「自分はこんなはずじゃない・・・」と、無理してしまう。

もっと、正直で良いじゃないですか。

テニス選手である前に、一人の人間なんですから。

この部分、弱い部分を全て、可視化してみる。

そうすると、スーッと胸が楽になっていく。

私はそう思いますよ。

 

自分のテニスノート、上手く書こうとしないこと。

どんどん自分の言葉、で汚して良い。

ただし、生の言葉で、です。

鮮度の良い想いこそ、テニスノートにふさわしい。

これだけは、覚えておいて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ダブルス

    練習メニュー

    愚痴ばかり言ってくる部員がいるなら、一度対案を出させてみれば良い

    テニス部の練習、みんなやる気無いし愚痴ばっかり。そんな雰囲気に…

  2. テニス スマッシュ

    練習メニュー

    身近に上手い人がいるなら、テニスは教わるよりも感じれるようになろう

    テニスは教わるもの?もちろん、そうやって始めてみんな最初は上達…

  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスの練習、基本的な考え方は「試合よりも難しい環境」の中に身を置いて鍛えることです

    強いテニス選手、学校、チームの選手は、口を揃えてこう言います。…

  4. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと

    「基本って、何ですか?」と、たくさんの人に聞かれます。これは非…

  5. テニス 戦術

    練習メニュー

    「普通にクロスでストロークラリーを練習」していても、試合で勝てません。必要なのは・・・?

    部活や練習で、ストロークのクロスラリーの練習をする機会は多いと思います…

  6. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子ダブルスの並行陣、レベルアップに必要な練習5つ

    男子ダブルス、チームでレベルアップしていきたい方へ。バンバン打…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
  2. テニス センス

    メンタル

    テニスの試合で最初に得たマッチポイントは、「慎重かつ大胆に」攻撃していく意識で遂…
  3. 練習メニュー

    上達できるテニス選手は、「問題の本質を見極める力」があるから自立している
  4. テニス メンタル

    メンタル

    強敵への勝利は、薬にも毒にもなる
  5. テニス リターン

    リターン

    ビッグサーバーを崩すには、まず「ブレイクポイントを作る」ことから
PAGE TOP