テニス ダブルス

ボレー

テニスのダブルスの試合で必要な「ポーチでポイントに繋げる為に必要な意識」5つ

強いダブルスペアはポーチに積極的で、しっかりポイントに繋げていく。

ボレーとしての技術ももちろん必要ですが、それ以上に大切なのは大前提となる「ポイントに繋げる」という意識。

強豪ペアに色々聞いてみると、ある共通点が見えてきました。

 

テニスのダブルスの試合で必要な「ポーチでポイントに繋げる為に必要な意識」5つ

 


 

1.ポーチに出ても「自分達の態勢」は崩さない

「ポーチに出るぞ!」と決めて動いても、来るボールによってはこちらの態勢が崩れてしまうことも。

特に女子ダブルスでは相手も足元の処理に慣れてますから、カウンターをくらってしまうケースも多々あります。

相手の足元に打つときは、特に構え直しを意識して次の動作に備えましょう。

ポーチに出てもセンターラインを越えないような場所にいた場合は、ポジションを戻すことも大切です。

 

2.「センターライン」を通り過ぎたら、しっかりチェンジする

1.のケースよりも厳しいクロスへのリターンを処理した場合は、そのままチェンジして態勢を整えましょう。

この「どこまでいったらチェンジをするか」は、しっかり事前にペアと相談しておく必要があります。

ポーチを打った後は、そのまま駆け抜ける意識ではなく、こちらもしっかり次に備えて構え直しを早く行うようにしましょう。

 

3.たくさんの「リターンのパターン」を事前に想定しておく

1.は少しストレート気味のリターン、②はクロスへのしっかり角度の付いたリターンを想定しています。

ダブルスもレベルが上がってくると、リターンも色々多様な球種を混ぜるようになります。

さらにレベルが上がると前衛の動きを見たうえで、最後の最後で手首を返してコースを変えてくる選手もいます。

どんなリターンが来ても、動き出して自分が触れる範囲のボールには的確に手を出して処理をしないといけません。

「前衛は通り抜けて、ボレーするだけ・・・」という意識だと、対応できる幅が少なくなってしまいますので、意識を変えましょう。

 

4.「厳しいリターン」はポーチで決めようとしない、つないでイーブンを保つ

いざポーチに出たとしても、サーブが甘く入ってしまったりしてリターンが厳しいコースに来る、沈められるというケースもあります。

そういうときは、まずは苦しい状況な訳ですから相手にしっかり返球することが重要です。

沈められたときには、少し山なりのアングルボレーで逃げる技術も練習しておく必要があります。

叩いて決めるだけではなく、繋ぐ意識も大切です。

 

5.「強く叩くこと」がポーチでは無い、コースと詰めでポイントに繋げる

4.でも書かせて頂きましたが、ポーチは1発で決めるという意識は捨てましょう。

結果的に1発で決まれば良いのですが、返球される、相手に反撃される可能性もしっかり意識することが大切。

その為にはポーチに出た前衛は、打ったコースへ意識を向けて次に備えることが基本中の基本。

遅いボールでもコースをしっかり突くポーチボレーで、相手を追い込んでいくイメージを持ちましょう。

 

プロのダブルスの試合では力強いポーチを決めるシーンも多いので、つい力が入ってしまいがちですよね。。

一般の試合では、ポーチに出るのは得意な人も、返球されると途端に防戦一方になることもよく見受けられます。

結果的にポイントに繋げる為の前衛の動きは、ちょっとした意識を変えることで「強いダブルス」の動きになります。

ぜひ普段の練習から、意識をして練習してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーは両手で反応する、から安定感が増す

    ボレーの反応が遅い、という自覚のある人。ぜひ意識して欲しいのは…

  2. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう

    ダブルスの試合で、前衛のポジションにいるとき。私はなるべく、こ…

  3. ボレー

    試合では、ランニングボレーが基本なのに・・・

    ボレーを練習していても、試合で使えない人。もしくは、ミスしてし…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    片手バックハンドボレー、なのになぜか両手バックハンドボレー、になってませんか?

    片手バックハンドボレー、特に男性は使う方が多いですよね。でも、…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを…

    シングルスの試合で、ストロークの戦いだけになってしまうこと、多くないで…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミ…
  2. テニス メンタル

    戦術

    自分が作った言葉で、自分のテニス論理は整理できる
  3. テニス ダブルス

    その他

    「また次も試合がある」と考えるか、「目の前の試合は、二度と無い」と考えるかで成長…
  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです
  5. テニス メンタル

    テニス知識

    「今さら聞けない・・・」テニスの試合で必要な用語をまとめてみました
PAGE TOP